FC2ブログ
 
凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤貧旅行でも心は豊か。

さて!今年初の遠征はコブクロの倉敷ライブでした。
早速やっちゃったですよ。
でもねー倉敷だから遠征したんです。
別に美観地区みたかったからじゃないよw
話せば長くなるかもしれぬのでザックリ読み飛ばして(笑)

父方の田舎が岡山で、祖父母が住んでいた築100年くらいのでかい家があって、でも祖父母もここ数年の間に亡くなって、4年くらい前から空家になってたんです。
端っことはいえ神奈川ッコの私は、小学校のとき5年までは毎年夏休みは丸ごと岡山に遊びに行ってて、祖父母と生活していました。
子供の頃は家庭環境がちょっと悪かったので、岡山にいる時は自分が普通の家の子みたいで嬉しかった。
おばあちゃんの子供にしてもらえまいかと真剣に考えてたけど、当時いなかった父親ならまだしも、自分にはお母さんが一応いるから(一応って)悪いかなぁと子供ながらに思って、さすがに口に出したことは無かった、はず;
そのくらい好きだったのに、小学校6年からは地元の友達と遊びたかったりして全然行かなくなっちゃって、中3のとき冬休みにちらっと一人で行ったけど一人旅でネツが出て(気持ちが負け)結局祖父母にすごい心配をかけて、家から殆ど出れないまま治った頃には休みも終盤ってことで帰宅。何しに行ったんだ;
その後は20才の時、叔母と従兄弟と3人で、夏休みを使って車で岡山まで行きましたが、その時はパワフルすぎる叔母にあちこち連れまわされ(四国とか倉敷とか)あの家での思い出といえば、おばあちゃんがお弁当作ってくれたことくらいしか記憶にない;;
何しに帰ったんだよ、叔母さん。笑
その後祖父が亡くなり、一人になってしまった祖母はものすごい気丈な人だったのにどんどん気弱になり、挙句に痴呆が始まっちゃって、近所に妹夫婦が住んでたから(徒歩2分くらい)そんなに心配してなかったんだけど、ソコの家が結構意地悪で、実の母なのにすごい冷たかったらしく、痴呆は進む一方で、結局祖母は長男の家である私の実家に引き取られてきたわけですよ。ていうか迎えに行ったらしいんだけど。
でもうちは私も仕事で帰りが遅くて、商売柄夜は家に人がいなくて、たまに私が早く帰るとおばあちゃんにつかまって、結婚しろとかうるさく言われてさー;;
孫が見たいとか言われて、いや孫は目の前ですよ!みたいな。
でも妙にそういう時はハキハキしてて(笑)ほんとに痴呆なのかなとか疑ったりもした。
すごい好きだったおばあちゃんなのに、痴呆になったら本当に別の人みたいで、子供みたいだった。それも超意固地の。
時々「岡山に帰りたい」って泣いてたのも知ってたのに「でも家帰ったって一人じゃもう暮らせないでしょ」って、なんか私がお母さんみたいになってた。意地悪だったかもしれない。多分そうだった。疲れてるからってちゃんと相手してあげなかった。
だけど、何であの時一緒に帰ってあげなかったんだろうってあとからすっごい後悔しました。
どこも悪くなかったのに、ちょっと体調崩しただけですぐ死んじゃうなんて思わなかった。
祖母が亡くなった後岡山に行きたくなったけど、結局日々の生活とライブ三昧で行けなくて(だめじゃん、もう!)今回倉敷のライブを譲っていただけることになって、今行くしかないって思ったわけです。
まあチョットモメたけどね~;;
妹夫婦と父が仲悪すぎて(遺産とかでもモメてるらしい…)

そんな長い前置きを経まして(笑)
金曜の夜行バスで横浜から岡山まで移動しました。
今回のライブの相方さっちぃさんは関西から岡山へ向かうので、またしても1人夜行バスです。妙齢の婦女子で、一人で夜行バス乗ってるのなんて私くらいでしたよ、ええ;
でも二回目だし、なれた★
ついでに言うと横浜のこじゃれた地下街をアホみたいな厚着+ドすっぴんで歩いてた婦女子も私くらいだったよ。いっそ誇らしいほどだ…。

今回のバスは両側が男子、前もナナメ前も男子で、これがオセロならば私もオトコ扱いになるところでした。セーフ。
2階建てバスの2階で、さらに一番後ろで、3列の真ん中だったんですが、左側の席との通路が非常に狭くて通れない模様。
そんな訳で左側のおっさんトイレ行くたび私をまたぐ(しかもアイコンタクトのみで。なんか言ってよー;;)
そして低い天井でマンガの人みたく頭を打つ。余談ですがそういうイタイ場面で「チッ!いてぇな」とかいう人より、そのおっさんのようにテレ笑いを浮かべて頭をさするタイプの方が断然好きです、人として。

余談はさておき、とりあえずまあ寝れて、22時半に出てから朝7時には岡山駅に到着。
最後に岡山駅を見たのは中学生の頃だったので、駅が結構変わっていたのか、降り立っても感慨あんましない。むしろ極寒のあまり歯がカチカチいった;;
とりあえずは地下に避難。
トイレがすっごいキレイだったので、あったかい便座に腰掛けてとりあえず洗顔シートで顔を吹き、そこで軽くメイク(寒かったんだよ本当に…)
その後はスタバとか色々ある中、お米が食べたくなり徘徊。でも朝7時過ぎじゃ開いてないかなーと思ったら、発見。
あさげ(定食) 500円!安いし、焼き魚とか美味しかったです。
写真撮りたかったけど携帯しか持ってなくて、さすがに一人で写真撮るの恥ずかしくて出来なかった;駅前の桃太郎とかもこのアオい羞恥心に負けて撮れず。

その後ホテルに荷物を預けに行って、9時前には祖父母の家へ行けるバスに乗車。いきなり横にめさギャルい人が座り、またもや岡山への感慨浅くなる(笑)
わっ私が焦がれたのはココなのか…?みたいな。
でもバスが10分も走った頃、なにやら見慣れた景色になってきた。
建物が減り、なにやら川や山や田んぼがっ。
15年も前に見たバスからの景色がまんまと再現されてたよ。
すごい、かわらないのがすごいー
俄然ウキウキしてきた私。
「岩田」のバス停で下車してチョット歩くと、墓地発見。
子供の頃つれられていったトコだ!と思い出し、祖父のお墓は多分ここだと思ってくまなく探すも、目当てのお墓(?)見つからず;
祖父が亡くなってから来るのは初めてだったので、場所がわかんないのです。自分の名字では見つからなかったんですけど、祖父の旧姓(養子だから)のお墓発見。そういえば子供の頃「なんで○○って名字のお墓におまいりするんだろう」って思ってたことも思い出し、祖父の兄らしき人の名前を見つけて、その横に「先祖代々の墓」っていうのもあったから、これで大丈夫だろうと決め付けお参り。
手を合わせたら、寡黙だった祖父が亡くなる間際「チドリに留学とかさせてやったらどうだ」って父親に言ってた、という話を聞いたこととか思い出して、何でずっと来なかったんだろうって自分にムカついて、もうそこからずっと泣いてたんですけども、後から父に聞いたら「バカお前そこじゃない」って今日言われたよ。
墓石間違えてた。
ちゃんと私たちと同じ名字のお墓あったんだって。あっ、あれ…;;ちゃんと探したつもりだったのに~;;教えてよ、おじいちゃんっ。笑
もういっぺん折を見て会いにいきますよ。
ちなみに祖母は色々あって、お骨はまだ実家にあるのだった;
それもどうなの、本当に。

その後懐かしい道をあちこち探索して、勿論祖父母の家も、外からだけど見た。家の中にまでは入れなかったよー。カギかかってるだろうし、かといって意地悪な叔母のうちには行くなって言われてたし、実際行っても「あのうちに金目のものはないぞ」とか言われそうで怖いし…。いや、私にはさすがに言わないかな;
でも祖父母が住んでた頃は古いなりにも手入れが行き届いていたのに、だんだん廃屋に近くなってきてて、子供の頃野菜洗った水道に枯葉が腐ったやつとかくっついてて、また悲しくなってきたー。
小エビがいた浄化槽もヘドロ状態になってたし、ウラの湖にはゴミがいっぱい浮いてた。
隣の家は豪華になってたし、変わらないようで変わったなあ…って感じ。
その後も祖父母がゲートボールしてたところでちょうどやってて、岡山弁のおじいちゃん、おばあちゃんが「2番狙ったんじゃけど」「狙いすぎじゃがー」とかにこやかに喋ってるのを見てまた泣ける←すごい不審
田舎の道なので人通り殆どないのでよかったですが;;はずかしい。

その後は湖を一周して、なんか妙なおうちやら、ほんのり咲いてる桜やらを激写。もう携帯の音を気にすることなくとりまくれる~★
つか、桜を逆光じゃない方から撮ろうとしてちょっとした岩場にヨジのぼる婦女子(なにしてるのー;;)
そしてその時携帯をゴリっとヤってしまったです。ああ、まだ新しかったのにー!;
でも傷を見るたび思い出すだろうな、珍道中。笑

その徘徊中にやり取りしてたんですけども、11時には岩田を後にして駅に戻り、今度は倉敷に移動。
んで、岡山に住んでるゆずっこKさん(伏せてみても分かる人ばかりだろう…笑)と密会。超久々!と思ったけど今年1月の埼玉で会ってたんだった。
でも2人で喋るの久しぶりすぎだし、内心ちょっと緊張…してたけど、あまりの変わらなさに(でも痩せてた)超ナゴむ。
普通にいっぱい喋った。笑った。
おうちのお風呂にテレビついてるって話はほんと面白かった(笑)い、行きてぇ~!w
その後さっちぃさんと合流、さらに今ちゃんとも合流。
私以外の3人は初対面だし、私と今ちゃんも初対面なのに、会って数分で普通に盛り上がってるみんな。すごい適応力だ…。笑
ちなみに、

岡山人・Kさん=ゆずっこ
滋賀人?さっちぃさん=ラバッパー
広島人・今ちゃん=ラバッパーでコブファミ
だったけど、多分遠征組っていう共通点があったからだろうね。あと全員チームアダルトっていう(笑)
そういえば私が最年少だったんだね。今となってはそんな境遇レアすぎるぜ…!
私だけ標準語なのはわりとよくあるシチュエーション(爆)

珈琲館に2度行ったり(私ところりんが…あ。伏せ忘れた←放置か)Kさんにつれていかれたミスドがカレー屋になってたり、そのカレー屋のおしぼりが面白かったり(動画で見せたかった!)相変わらずKさんが汗でキラキラしていらさったりそれが嬉しかったり(笑)今ちゃんとKさんがジャニ話で盛り上がってたり、さっちぃさんとKさんは岡山ローカル話に花を咲かせていたり、ほんとみんな昔からの友達のようだったよ。どうしよ、このままでは見ず知らずの人たちがいっぺんに集合してしまう!とドキドキしてたけど、ぜんぜん面白かったw
そして本人いないのに、Kさんと私がさっちぃさんに「○こたん(ゆずっこさん)っていうすごい達人がいてね~」って、18きっぷトーク。
「すごいんだよ、小さいのに」「ほんとパワフルだよね、小さいのに」って、ライブ中の小渕君みたいな言われようだったです。伝説の女みたくなってた(笑)
福島から高知まで18きっぷはすごいよー
私、岡山までが限界かもしれぬ…

Kさんが会場まで送ってくれて、その後はコブクロさんのライブっ。
まあこれは後日レポるから割愛で。

今ちゃんとは席が1階・2階で違ったので、会場入る前にお別れ。
また今年何度も会える気がして(笑)普通に「じゃあまたねっ」みたいな。ちなみに今ちゃんとさっちぃさんも、Kさんとは同じノリでバイバイしていらさったよ(どっかで会いそう、とかいってた。確かに…笑)

会場出たら雨降ってて、さっちぃさんと相合傘v
つか私、あんだけ天気にビビって彼女に傘いるよー!って言って、自分でも持ってたのにうっかりホテルに預けてたです。結局今日も帰ったら雨やんでて、一度も開かぬままだった。
この夜は色々考えた挙句「コンビニ弁当でいっか」ってことになり(ベッドでダラダラしたかったようだ。笑)ローソンでお買い物。
ホテルはひとり4000円って安さで部屋も狭かったけど、まあキレイ。いいじゃーん★って思ってたらシャワーの様子がおかしい
いや、普通に出てるんだけど、普通じゃないとこからもビャーって出ててね…うん。まあでも使えたんでヨシです(笑)
あっ。今年ゆず友から貰った遠征グッズ、早速役に立ったよーありがとうゆずなんw

朝もサクっと起きてチェックアウトの前にホテルを出て、長い長い電車の旅へ~;;
でも岡山―米原は、さっちぃさんと2人だったからあっという間だったよ。ていうか絶対寝ると思ってたのに超喋ってたよね、今思うと(笑)
気付いたらもう大阪とかで、あれっ神戸は?!ってビックリした;;
んで18きっぷは1枚なので(説明するのがめんどくさいので察してください←どうやって)米原で一度、二人そろって改札出て、そのあとさっちぃさんが、私が乗り換えで1時間近く待つので付き合ってくれるために、入場券で入りなおしてくれました。ありがたやー;;
そこでもまたいっぱい喋り(笑)またあっという間に電車の時間。
なんか彼女のオカゲでとても楽な、ムリのない旅ができたと思うー。なんか分からぬけど一緒にいてラクというか、楽しいけど疲れないというか。ナニかがすごい近い気がする。言葉には表しがたいけど;もうフィーリングとしかいえない域。

一人になってからはまたこれが長い長い長い…長かったー。
寝ちゃえば早かったんだろうけど、なんか眠れず;;殆ど座れてたんだけどね。最後の最後はいよいよ電車に酔ってきて(オナカすいてたのにお菓子しか持ってなかったのだ)あーきもちわるいかもーってなったころようやく地元駅に到着です。
旅の終わった寂しさ以上にホっとしたよ。そしてジワジワとわく達成感。
2300円で岡山から帰ってやったっていうね。←そこかよ
でも18きっぷ見せようと改札んとこ入ったら駅員さん居なかった。
岡山のはんこ見せたかったのにー。
気持ち悪くなったけども、ちょっとハマりそうです18きっぷ。まずは時刻表読めるようになろう。
そして遠征タマシイにもまたむやみに火がついてしまった気がするです。まずは転職だろうか。ねえ。先立つものがないとね。

でも岡山は夏の記憶が大半で、春行ったのは初めてだった。
咲きかけの桜もよかったけどやっぱり夏がいいな。むわっとしたあのにおいとかもいいし、青々した田んぼとかアマガエルが見たい(笑)
来年の夏にでもまた行こうかな。
正直なところここ1ヶ月くらいはものすごい行き詰った気分だった;
実家でも色々あってそれで私もお金なくて、残業多いのにお金ないなんてどうしたらいいんだろうこれーってストレスばっかりたまってカゼひいたら治らなくて、もう堂々巡りだった。
何一つ解決してないけど、気持ちだけはものすっごい晴れた。

ここから下はミクシィ日記で先に書いちゃったんだけど、コブクロさんのライブで「ここにしか咲かない花」を聴いたら急に、

「あの優しかった場所は今でも 変わらずに 僕を待ってくれていますか」

…んとこで、ものすっごい泣けてきたです。
泣き過ぎて「会場の外に出たいくらい恥ずかしい」って初めて思ったよ、ライブ中に;やばい、なんかウワーン!って声出そう、って(ウワーンはないな。笑)
この歌で何度も泣いてたけど、でも自分と重ね合わせて考えたことってなかった。
自分にそういう場所があったってことも忘れてて、だから10年以上も行かなかったんだろう。
後悔する時はいつも手遅れって改めて実感したです。
そんな訳でちょっとした自分探しみたいな旅でもありました。
もう遅いかもとか迷わず、今できることをやってしまおうと思った。明日にはもうこんな気持ちが死んじゃってても(はやいな!)そう思ったことは忘れまいー。

チケット譲ってくださった方と、
爆発的な涙と笑いをいっぺんにくれた小渕君と黒田君と、
もう会えないかもって思ってた友達と、
新しく友達になれた友達と(ややこしいw)
虚弱な私と旅してくれた友達と、
10年も20年も経っても徒歩圏内にコンビニのできない(笑)あの優しい場所に本当に感謝しながら、私は今日も明日もその先も、昨日みたいな気持ちで生きられたらいいな。

そしていつかは私も、おばあちゃんみたいなおばあちゃんになりたい。
まずはおじいちゃんみたいなイケメンを探すところからね!




今Kさんのミク日記見て思い出したんだけど(コメントしてみようかと思ったけどはにかんでやめた←きもい)最高に面白かったのはさっちぃさんの私設ファンクラブ発言だった(笑)
思い出してもウケる…w
スポンサーサイト
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。