凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キサラギ」

カテゴリ「映画」っていうのを作ろうかと思うほど最近映画にはまってますw
※この後結局映画ブログ作っちゃったわけですが(´∀`)

今回の「キサラギ」はお友達のRちゃんがめっさ絶賛していてとっても気になってたのですが、今日思い切って借りちゃいました。
なんで思い切って、なのかというと、まだ新作?扱いなので一泊二日レンタルしかできなかったから;;
今日は歯科通院だったのですが、明日も通院なので帰り道返却できるな…ってことで、借りて帰って早速再生。
以下ネタバレかもしれないのでおりたたみます。
Rちゃんの評価通り、めちゃくちゃ面白かった!!
1年前に自殺した「如月ミキ」というアイドルのファンたちが、ネットを介して繋がり、一周忌で初めてオフ会をするっていう内容なのですが、場面転換がなく、基本的に主演の5人が1室に集い、回想シーンと会話だけでほぼ話が進むのです。ちょっと舞台みたいなかんじ。
そんな小スケール(笑)のお話なのに、そうは感じさせない演出とストーリー展開でした。
最初の方は、いい意味でユルい笑いが細かく散りばめられてて、爆笑というよりはニヤっとするくらい。爆笑するところは最後まで1つもなかったけど、そのクスっと笑えるサジ加減が絶妙でした。
展開的にまさかのシリアスシーンに突入しても、その中ですら地味に面白いことが混じってたり(笑)
私的には小出恵介のセリフがいちいちツボにハマリました。「毎日香」とかww
っていうかユースケ・サンタマリアのハンドルネームが「オダ・ユージ」ってだけで笑えたです。
しかも思いのほか賢げキャラで、「踊る大捜査線」のスピンオフで主演はった時みたいな演技で、何気にハマってた。基本的にダメキャラのイメージしかなかったけど、最近新たな一面(つっても演技だけどw)が垣間見えて、けっこう好きな「俳優さん」になりつつありますv
あと小栗旬全然興味なかったけどこの映画でちょっと好きになりました。普段彼の出てるドラマあんまり見てないから相当前の記憶と比較することになっちゃうけど、演技うまくなった気がするー。
香川さんは相変わらずの存在感。この俳優さんも好きだ。
ドラドラの塚地は「間宮兄弟」とか観て演技上手なの知ってたけど、ホントに上手だった。そして前半ほとんど話と関係ない&部屋にいないのに、何気に思いがけぬ重要な役割でびっくり。
っていうか誰も彼もが「エエッ!?」っていう正体を明かしてゆき、中盤から後半の怒涛の展開は想像だにしえない意外性に満ちたモノでした。
まさかこの人が…!みたいな。
でも途中でなんとなく香川さんは如月ミキのお父さんなのかなって気はしてた。
結局最後まで自殺か事故か他殺か分かんなかった…んだと思うんだけど(EDロールでトイレ行ってて観なかったけどそうなんだよね?;)一転二転三転する結論に毎回振り回されてた(笑)
とにかく意外!!って何度思わされたことか。
そして小栗旬(ハンドル・家元w)と如月ミキの、実際には会ってないけど心がちゃんと触れ合ってたっていう事実が分かったあたりでちょっとウルっときたー
まさに笑いあり涙あり、そして意外性ありまくりのめちゃくちゃ面白い映画でした。
こないだの「サトラレ」とは違う方向だけど、相当な惹きつけられ方でしたが、こちらも断然オススメです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1625-5d654b66
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。