凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サトラレ」

昔の映画だけど、まだご覧になってないかたのネタバレになるといけないので一応折りたたみ記事にいたしまする。
ネタバレっつか、映画観てないと意味わかんないと思うけども(いつものこと。笑)
この映画は公開当時からすごく気になってたのです。というのも、血も涙もないと思ってた1つしたの弟が(※今はオトナになりましたww)これ映画館に観にいって「マジでやべえ。泣いた」と言ってたのですよ。
あやつが感動して泣いてるところなんて見たことなかったのでこりゃ相当やべえな!と思って恐ろしくて見れなかったのです;;
何しろ本広監督作品といったら「スペーストラベラーズ」を気軽に観に行って、8割はウハウハ笑ってたハズなのに、残り2割が予想外に強烈にキて、エンドロール終わってからも爆泣きで、映画館からなかなか出られなかったほどだったのです。
油断ならねええー。
と思ってガッツリ構えて観たせいか、思ったよりは泣かなかった。
つっても、今安定剤を飲んでて涙腺が強くなってるので(当社比)薬を飲み始めてから感動してこんなに泣いたのは初めて…ってくらいには余裕で泣けました;;
もうねーおばあちゃん役が八千草薫ってだけで泣きそうになった(爆)
うちの弟も私もおばあちゃんっこだったので、おばあちゃんがどうこうっていう話には特に弱いのかもしれません。
他のキャストも、主演の安藤君、鈴木京香さんもかなり好きだし、それに「踊る大捜査線」つながりの俳優さんたちもお気に入りなので嬉しかった。
特に小木さんが地味に好きなので良い役回りでよかったー。
この人の演技すごく好き。まず声が好きだからっていうのもある。演技力+声が好きっていう部類では寺尾聡さんも適役でした。
「ん?」っていう配役がなくて、さらに「サトラレ」っていう特殊な人種が本当にいそうで、やっぱりないよな…でも、もしかしたら?っていうギリギリなリアリティが面白かった。
メイキングとか未収録シーンとかまで観てしまうほど(たいてい観ない)ハマりました。ハマったっていう表現もヘンだけど、エンドロールを最後までじっくり観てしまうほどのめり込んで観れました。

ちなみに私は、自分がサトラレだと知ってしまった無人島の彼のシーンでまず涙(早っ)
そのあと安藤君が京香さんをお迎えに来たシーンでもうるうる。
余談ですが年上女性・年下男子っていう組み合わせがどうも私好きみたい。年上女性の母性と男子の子供っぽさにキュンとクるです。でも付き合うなら年上がいい(ほんと余談)
そしてそして、おばあちゃんの手術前後のシーンではいよいよ爆泣き。
なにしろ、安藤君の心の声の演技がめっさうまくてヤラれたー!
でもメイキング観たら彼はけっこう横柄な俳優さんっぽいカンジがして意外だった(そしてグンと上がった好感度ちょっと下がる。笑)

そうだ。私、弟から若干ネタバレされてたので、中途半端に聞いてたせいか、安藤君が手術しくじっておばあちゃん死んじゃうのかとカンチガイしてたのです。あんにゃろー!(笑)
でも勘違いのおかげで純粋に一喜一憂できたので良かったのかも。
しかしあのラストシーンよかったなぁ…って心底思い返してしまう。映像的にもキレイだったし、スペトラほどヒドくなく(でももう一度観たくなった、これw)かと言ってご都合主義的におばあちゃん奇跡の全快☆ってのもなんだかなーってカンジじゃないですか。
生きてるに越したことはないんだろうけれど、人にはやっぱり寿命があるし、どのくらいの長さ生きたかより、どういうふうに生き、どういうふうに人生を全うしたかっていうことが大事なんだとおもう。
死にかけたことすらない私が言うのもおこがましいですが;
ちなみに今はやりのケイタイ小説でよくあるような死んじゃえば悲しい=感動=イイ、みたいなのが一番嫌いだ(・∀・)
って軽く毒吐いてみる…

欲を言えばエンドロールの歌は要らなかったな…と(笑)。音楽だけでよかったー。
歌を入れるなら日本語じゃない方がよかった。歌詞の意味を追ってしまって、映画の余韻が微妙に薄れたので;;
歌自体は好きっぽかったです、うん。


そんなわけで映画観てないけどうっかりここ読んじゃったお方、ぜひともレンタルしてきてくださいまし。今なら7泊で借りられるし、これは観てソンしません…っていうかソンしたー!と思うようなのだったらわざわざ感想書かないw
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1624-84d8e85f
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。