凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スキマスイッチ】TOUR '07「W-ARENA」さいたまスーパーアリーナ

追加でのファイナル公演でした。
って、ライブレポ「スキマ」のカテゴリを作ってもいいくらい何気に行ってますけども(笑)

今回はポルノが参加してるAct Against Aids(AAA)っていうイベントのチケットを先にとってて、スキマのファイナルが追加で発表になりがっつりカブって、スキマのほうを順番的に諦めてたのですが、音響的に代々木で見たライブに悔いが残り、どうしても他の会場で見たい…って気持ちが高まるも、もはや参加できるライブが埼玉ファイナルだけ;
ギリギリまで一人で迷ってたけど、ギリギリでAAA相方だったぐれさんにお伺いを立ててみたら、じゃあスキマいこうってことに。
そこから死ぬほどバタバタしましたが(笑)今日無事に参加できました!
もう、まったく悔いがない。
というかスキマ行かなかったら間違いなく悔いてた。
ぐれさん私の変な瞬発力につき合ってくれて(いつも。笑)ありがとうー;;

レポは折りたたむとして。
帰りは北与野に出てゴハン(ジョナたんでオムさま←30代の物言い)食べてたんだけど、開演が5時半の20分押しとまあ早めだったのに、気づけば22時半。
しゃべり過ぎた?;
終電何時だったんだろって調べたら22時35分でした。
終了。
ええええー!ってアセるも、あきらめの早すぎる私は1分後くらいにもうあきらめてた(笑)
とりあえず北与野駅に出たらぐれさんが「さいたま新都心からは帰れないかな」って調べてくれてさ。
そしたら間に合ったー(・∀・)!かみさま…!
北与野→さいたま新都心をマッハで歩き(走りたくない)5分くらいでついたんだろうか…
終電検索、気が利かないのだな。
駅のエスカレーター下ってるとき、不意にすごいオカしくなり爆笑してしまった、ふたりで(笑)
あんな往来であんなに笑ったの久しぶりだよー
あの一瞬のおかしさは言葉では言い得ないw

電車乗ってからもすごい笑いのハードル低くなっててずっとイヒャヒャ笑ってたのですが、最後の最後にまだ罠が。
乗換時間に余裕なかったのに、電車が遅れてて乗り換えられないのでは!?って状態に…エエエェ。
待ち合わせ時間6分→3分にー。
山手線が遅れたから東海道終電も合わせて遅らせますっていう仕方ない理由ですが、乗り換える私鉄は待ってくれるんだろうか!?とハラハラ。
とりあえず乗ったら、隣に座った女子が私とまったく同じコート!?
そんなことってあるんだー;;ブランドでもなんでもないのに。
しかも始発だったからまだ他の席空いてたのに、わざわざ横に(笑)
ミラクルです。悪いほうに(友達みたいで恥ずかしいw)
さらに途中でギュウつめになった車内、私と隣の彼女の間くらいに立ってるおっさんがすごい寝てて、時々膝がガクンって折れるんだけど、それがまんまと私の膝小僧にヒットして普通にすごく痛い。
何度かつま先をそっと蹴って起こしてたんだけど、最後の一発があまりに痛かったので、カチンときて足をなかば本気で蹴ってしまった(爆)
だ、だってさ…!
大丈夫、私スニーカーで相手革靴だったから;;
でもそれでもコクコクしてたけども。
ちなみに同じコートの彼女も一度膝入れられてて思いっきりカチンときた顔してた(そりゃそうだ)

結局乗換え間に合ったです、奇跡的に。3分で移動できるなんてすごい、私。でもそのかわり50メートル走くらいのダッシュでしたが;
これでも私リレーの選手だったんです。…小学生の時(笑)
いまやただのおばちゃん。電車乗ってからヘンタイに間違いないくらいの荒い息使いでしたよ。しかも終電だからアホ混みで、あきらかに視線を感じて恥ずかしかったです。終電じゃないなら確実に降りてた。
でも私の3分ダッシュも、結局私鉄も3分遅れてくれて(笑)無駄になりましたよ。早くゆってくれ、そんな良心的なこと。

しかもさらにオチがあり、実は今日この翌日ポルノ@仙台だったんだけど、高速バス乗るための往路の電車でものそいオナカ痛くなり、最終的には体調不良で不参加となってしまったのでした(涙)
こんなこと初めてー!
遠征ドタキャン(?)は初めて;;お泊りじゃなかったのだけが救いだけど、これまた相方ぐれさんにひとりで仙台まで行かせてしまうはめに。
も、すっごい自己嫌悪。
今半ば逃避行動的にこれを書いてるわけなのでした;
セトリはごま。ちゃんとこから貰ってきた(・∀・)★
あくまでファイナルのレポですが、11月に参加した代々木2デイズのことも触れてるかもです。

セットは、ステージ前方にスキマのふたり。後方がバンドメンバーなんだけど人多いっ
キーボード・ギター・ベース・ドラム・パーカッションのいつもの?メンバーに加え、今回のツアーはさらにサックスとかフルート吹いてたお兄さんも追加(追加て)
後方はちょっと台形にせり上がってて、みんなが見えるような配置になってました。
セットらしいセットは確かなかったと思う。
ステージ両端に短めの花道があって、花道先頭にキモチスイッチだかオロナミンCだか書いてあったような。

スクリーン端から端まである横長スクリーンでしたが、さいたまのスクリーンめっさキレイー!
代々木でもサイズは同じだったと思うけど、なぜかさいたまのきれいに見えた。代々木が地上波だったらさいたまはBS-HIくらい精彩(庶民的なたとえ)
でもあれって自前(?)なんだよね。同じスクリーンだったんじゃないのかな。気になるー。

気になることがもう1つあって、開演直後にスクリーンにちょっとしたストーリーが流れるんですよ。歌の途中と終演間際にもつながってるお話なんだけど、冒頭ではメインの女性が、代々木体育館のチケットを持って会場前にたたずんでるのです。
これって他の地方は他の会場の映像だったのかな?と思って。さいたまは追加だったからか代々木と同じ映像だったので判断できず;

ちなみにこのストーリーっていうのが「奏」のイントロにのって流れていて、セリフが一切なく、人の顔も鼻と口元しか映らないので、わりと自由に展開を予想できる構成でした。
3回見て思ったのですが、サーファーの彼氏が海で亡くなり、彼女は一緒に行くはずだったスキマスイッチのライブ会場前でカップルを見かけては過去の自分たちを思い出し、2枚のチケットを手に会場に入ったら、彼の幻が隣にいて手を握ってくれたけどやっぱり幻だった、みたいなストーリーではないかと。
でも最後はちゃんと笑えるようになってたよ、おねえさん。
…これ文字にするとすごいやすいですよね;;
でも違うんですよっ!映像が本当にきれいでよくできてて、曲にもすごく合ってて、私ファイナルは映像で泣けた(爆)

映像のあとスキマさんたちの登場ですが、ファイナルの大橋君は赤っぽいレザージャケットにシルバーめいたシャツだった。キラキラっつかギラギラしたやつ(笑)
代々木のときより毛量がすっきりしてたけど、顎髭は生えてた。
常田君は相変わらずごちゃごちゃした柄のシャツだったです。このファッションセンスのせいで異国情緒漂ういかがわしさ倍増(笑)

螺旋

初めて行ったライブではこの曲のオトナっぷりにい抜かれたのでした。今までこの曲調(ちょっとジャズっぽい演奏)にハマったことなかったから新鮮だった。
今回もすごいかっこよくて、しょっぱなからテンション上がる(・∀・)
イントロとアウトロがまたしぬほどかっこいいー。
大橋君も途中に短いフェイク入れてたり、テンポずらしたり、歌い回し変えてたり。
サックスも効果的でますますあだるちー。
「僕の螺旋を残せばよかったって」のところ、大橋君語尾をキレ気味に歌うのが面白かった。お顔もキレ気味で(笑)

view

これもイントロでフハー!ってなった。好きだー。さすがベストのツアー、セトリ豪華すぎる☆
大橋君の攻撃的なAメロと、常田君の鍵盤の叩き具合(まさに叩くって感じ)もたまりませぬ。
2番だかでAメロのメロディをあえて変えてて、低めの同じ音でずっと歌うみたいな、ちょっと前衛的な感じになってた。
このあたりはスクリーンの演出映像は使ってなかったと思う。
「暗闇ひとつ抜けて」のところの常田君の鍵盤がカッコイイです。なんていう技法か分かんないけど、あの指をさーっと滑らすやつ。こういう盛り上がりどころ寸前の音抜く感じとか、外さないなーと感心。

ガラナ

もうじゃかすか続きます。曲間が短いっ。
休む間もなく手拍子しまくりで、なぜだか手のひらが猛烈にカユくなった(笑)
この歌まえはそんなに好きじゃなかったけど、最近サビにいくところでものすごいテンションが上がります。
もうすっかり背中押される曲のひとつに☆
それにしてもライブだと、スキマの曲って大体サビで腕を高く上げてクラップって感じなので、アップテンポ続くと腕が上がらなくなる(笑)
まあそれもすごい楽しいのですがv

スフィアの羽根

ここで初めてスクリーンに演出のための映像が流れたと思います(違ったらゴメンなさいw)
スクリーン見てると空飛んであちこち旅してるような気になる映像でした。映像的には上方から地上を見下ろしたりっていう、まさにそういう視点の映像なのですが、不思議と、体感的なものというより、心が軽くなるようなものだった。
雲ができてくところだとか、稲妻の発生とか、面白い映像だった。
ってスクリーンのことしか書いてないけど、多分私この曲の歌詞ほとんど分かってないと思う(爆)
スキマ曲でたまにあるのです。歌詞重視で音楽聴いてる私が初めて、声とメロディの気持ちよさだけで聴けてるのがスキマだったりする。
すごい癒されるー。

飲みに来ないか

バンドメンバーとか大橋君がニコニコしてて(常田君はたぶん真顔。笑)一気にほんわかするです。あっでもスフィアも笑ってたかな。大橋君、代々木ではそんなに笑ってなかったけど、さいたまはすごいニコニコしてたよ。
あ、もしかしたらここで初めてハンドマイクになるのかも。それまでっギター弾いてたような。
歩いてる絵ヅラ思い出したから(笑)
「相性32% 結果でかなり落ちてる」のとことか、ホントに大橋君がっくりして情けない声で歌ってて可愛かったー。
なにげにこういうコネタ細かい(・∀・)
歌自体もすごい可愛いんだけど、こういう彼女優位な歌多いよね。
そんなとこもかわいいー。
このゾーンのどこかで大橋君が上着脱いじゃってて、そしてギンギンな感じになってた。

(MC)

大橋君が毎回「椅子があるので座ってもいいし、好きなように見て下さい」って言うんだけど、多分みんな大体アンコールからアンコールあと1曲目しか座ってなかった(笑)
多分座っていいのかどうか分かんないんだと思うよ。
でもライブは座って見たいっていう人も中にはいると思うので、この言葉があるのとないのとでは気持ち的に違うんだろうね。

あとさいアリでけーってお話も。お客さん入る前にリハやった時はまあ大きいは大きいけど…くらいの感じだったけど、お客さん入った状態で見たらやっぱりすごい!って。
「16000人もよく同じ場所に集まりましたね」って素で感嘆してて面白かった(笑)
会場がでかいからか映像化されるのか分かりませんが、カメラが19台だか入ってた模様です。スゴイ!
クレーンでつってるようなのもあったし、カメラワークもたくみでした。

さいアリはスタンド席が多くて天井付近までギッシリなんですが、上方が危なっかしかったみたいで、大橋君が「落ちないでくださいね」って声かけたら「落ちないよー!」ってお返事が(笑)
常「万が一落ちたら前の人が受け止めてあげて…」
大「そうですね!せっかくスキマスイッチのライブっていう同じ空間に来てもらってるんだから、助け合いで」
常田君、両腕を上げて上から落ちてきた人を支えるポーズを見せるんだけど、支えた後なぜか前方にポイッて。
投げちゃダメだろと思ったら、衝撃を逃がすってことらしいw
でも下の人もどんどん投げちゃうからどんどん下に落ちてく(笑)
スキマのわらいってシュール(・∀・)

んで本編でMCらしいMCはここしかないのですが、ここは珍しく常田君がメインでしゃべってた。
常田君は、前から恐ろしくて手が出せなかったけども、ついに昨日初体験しちゃったことがあるんだって。
それがネット対戦。ゲームかよ(笑)
新しく出たウイニングイレブンがネット対戦できるらしくて、昨日4人の猛者と対決して3勝1敗したってお話だったんだけど、マニアックw
常田君の口調も表情も飄々としたいつものままだったんだけど、本人いわくすごい興奮していっぱい喋っちゃったらしいww
確かにめっさ語ってた。
そういうのあんまり興味ないっぽく、ひたすら聴き手に回ってた大橋君を「今度(ネット対戦)やろうよ」って誘ってたけども、君らの場合実際会ってやったほうが早いのでは。
そして大橋君は「ネットっていまだに怖いんですよ。イメージ的には電線伝ってウチまで来られそうで」っておじいちゃんみたいなこと言ってた。私より年下なのに(笑)

アカツキの詩

これのスクリーン映像がほぼ、あのアニメーションのPVなんですけど、こういうのにめっぽう弱い私は今回泣いてしまった。
三回目にして敗北;;ヒキョウだ(´д`)
何度見てもあのPV泣けるー。なぜかロボットもの(?)にすごい弱いのだった。ミスチルのHOMEライブも哀しいロボットものだったから映像だけでシクシクしてたし。
だけど何でライブでPV使ったんだろって思ってたら、これ最後のオチ(?)が足されてるんですよ!
オトナになった赤い傘の少女と再会できて終わりっていうハッピーエンドになってるわけです。
もうこのカットのためにあえてPV使ったんだな!と思ったら尚更泣けてきた(笑)
そしてここでチョット泣いたせいで泣きのスイッチが入ってしまった。
だけど前後の人たちもシクシクしてたよ、このあたり。
良かった、私だけじゃない;

ボクノート

ここではまた映像がなくなってて、音に集中できたです(スクリーンワーク好きすぎw)
歌い出しの静謐ともいえる雰囲気が毎回たまらないです。
これ、ライブでは泣かなかったのにファイナルの帰り道で聴いてたら涙出そうになってアセったですinギュウ詰め東海道終電。
この歌はもうずっと先まで大橋君にとって特別な1曲であり続けるんだろうなー。
前にもレポで書いたけど、これの2番が毎回涙腺に訴えかけてきて困るです。「とりえもなにもない」って子供心にプチ途方に暮れてた大橋君が見えるようだ。歌うことで見つけた意義とか居場所がたまに不安定に感じるんだろうけど「ありのままの僕を」って思いに収束していくんだよね。

雨待ち風

おそらく私がスキマスイッチで一番最初に好きになった歌(笑)
何でこれだったんだろう。今でも大好きだけど;
とにかくライブで聴けるのが一番楽しみだったー。ナマで聴いたことなかったからさっ。
もう今更だけど大橋君の声、イイ(´∀`)
CDと違って1番の「色濃く」のテンポ(?)がちょっとずらされてるんだけど、溜息出そうだった。うっとりして(笑)
とはいえ曲調も歌詞も重い。こんな悔いるような別れをしたことがないので…って思ってたけど、恋愛じゃなくても私は今までいろいろな別れを経験してて、それこそどうしてあの時…みたいな後悔に今でもさいなまれるようなのが何気にあった。
って、ライブ中にふと思い出してまた泣きそうだった;
アウトロの、決別をしめすみたいな鍵盤の音には思わず息をのんでしまう。CDよりも重く聴こえた。



わりとかわいい曲調で、歌声もかわいいっぽいのに、これも歌詞ちゃんと聴くと相当切ないこと歌ってるのですが、最近地味に片思いしそうだった私はめちゃくちゃシンクロしてまた泣いてた(もうだめだー)
大橋君、分かるよ!って肩を抱きたかったw
とはいえ私はそこまで深入りしてなかったけども;未遂だから(笑)
「藍」だったか忘れちゃったけど、スクリーンワークが復活してて、それがまたすごくきれいな色合いだった。
なんとなく「雨待ち風」のPVを思い出した。

雨は止まない/さみしくとも明日を待つ/ズラチナルーカ

ここは3曲日替わりだった模様ですが、私3回行って全部聴けてた(ありがとう神様)

代々木初日が「さみしくとも明日を待つ」
私これもすごい好きなんだけど、さみしい曲ばっかり好きだな…と改めて思った;;スキマに限りかもしれないけども。
惰性の延長で歌うようなAメロから終盤にかけての抑圧されたものがあふれる対比みたいなのが好きなのです。
大橋君の歌声も終盤はほんと圧巻。

代々木二日目が「ズラチナルーカ」
このタイトルをソラで言えるようになった時、私もけっこうファンになってきたな、とヘンな実感をもった(笑)
やっぱりこれも好き。やっぱりさみしい歌ですな;
でも歌詞がどうこういう前に、ズラチナはこういう曲調が好きなのかもー。

さいアリが「雨は止まない」
何故か私これ聴いたことある気がしたんだけど、そんなはずないよね…??そもそも何に入ってるのかも知らないし(爆)
一回しか聴いてないのでほとんど覚えてないですが、やっぱり哀しい路線だったです。でもサビの印象しか残ってないや;

願い言

前のツアーではなぜかこれで泣けたりもしてたけど、今回は大丈夫でした。っていうかさいアリではこの前の曲と「願い言」で何か考え事をしちゃってて結構うわのそらだった(ああっ;)
そんなボケっとした私もまた一気に引き戻されることに。

奏(かなで)

間違いなくスキマとの初めての出会いの曲はこれだったんです。開演前にも会ってたKさん(イニシャルトークw)が当時この曲いいって書いてて、私も聴いてみたんだけどその時は特にハマらず;
実際つい最近まで普通に聴いてたんだけど、今回のツアーで一気に大好きになってしまいました。明らかに遅すぎ。
スクリーンには冒頭に出ていた女性のストーリーが。
もう、彼女が涙すれば私も半泣きですよ(爆)
歌にハマりすぎててヒドイの域;;
思い出して今また泣きそうになるほど。もうあれがPVでもいいよってくらい(元のも大好きですが)
「君がどこに行ったって僕の声で守るよ」のとこでMAX涙目。というかもうポロリといってました;
でも私ここ「どこに居たって」だと思ってた。「行ったって」だと思うと何やらさらに泣けるー。
帰り道、ぐれさんから聞いたのですが、この歌を結婚式で新婦の父親が歌ったりするんだって。お父さんから見た娘ともとれるのだねー。
そういうのもいいな。でも相当難しそう(笑)

冬の口笛

ここで大橋君がめっさ笑顔だったのが印象的でした。私どちらかといえばこの歌そんなに好きじゃないのです。嫌いじゃなくて普通って意味ですよ。
でもファイナルで歌ってるとこ見て好きになってきた。あまりにかわいかったから(・∀・)
でもこの曲で一番好きなのは実はアウトロだった。ライブでの終わり方が何やらかっこいいんですが、うまく表現できない。
ただ言えるのは歌の内容(ほんわかラブい)と関係なくカッコよく終わるということだけw
何であんなかっこいいシメなんだろう。間違ってルパン三世出てきそうだった(笑)
いや、基本CDと同じなんだけどね。CDだとフェードアウトだけど、ライブはビシッと終わってた。
あと大橋君がアウトロでブルースハープ吹いてた。そうそう、最初にサックス吹いてた人がこの曲ではフルートだった。

君の話

スクリーンには歌詞の文字が縦横無尽に出てくるんだけど、よく見たら一句ではなく、一文字ずつの書体が違う。細かいな!
演出もかっこいいけど、演奏もすごい。フルートの入り込み方もかっこいい。
だけど私、正直言うと以前はこの歌好きじゃなかった。しかも嫌い寄りだった(ひっそり)
彼女の悪口延々といってる男の歌って印象しかなかったから;女々しいな!と思って(・∀・;)
実際そういう女の人もよくいるけども(笑)そんなん歌にせず彼女にじかにゆって別れたらいいじゃんってw
だけどライブで聴いたらもうかっこよくてさー。愚痴ってるのにカッコイイなんて(笑)
しかもこれのアウトロがうまいこと次の曲と繋がってて尚更かっこいい。もう私、何度かっこいいって言ってんだろう;;これにかわる言葉が思いつかない。
なんだろう?シビれる?(昭和生まれ)

キレイだ

ギャー!!…ごめんなさい好きすぎる(笑)
しかも代々木二日目は花道先端に近いスタンドだったんだけど、大橋君が目の前でこれ歌い出して魂抜けそうになった。
あんまり大橋君のことかっこいいって思ったことなかったけど(かわいいから)このときばかりはカッコイイィイって思ったー。
おそらく「雨待ち風」の次くらいに好きになった曲なんだけど、当時タイトル思い出せなくてぐれさんに「ララライいうやつ」って説明してた。サビでタイトル出てきてるのに、おかしい。
「カンフー映画で」のところで、向かい側花道でキックしてる背中が見えたよ。かわいい。そういやジャッキー・チェン好きなんだよなあとか思いだしながら見てた(笑)
他の曲もそうだけど、大橋君独特のフェイクがホント好き。フェイクってウォウウォウばかりじゃないのか。アとかウとかオとか(笑)ナ行とか入ってるのは分かるけど、大橋君のフェイクはよくサ行が入ってくる。
新しい(私の中では)

アーセンの憂鬱

この曲もシビれます(使うのかw)
相変わらず歌詞全然聴き取れないけどテンションむやみに上がる。ライブでは「は~イヤイヤ」のとこ歌わせてくれるのですが、私ライブ中はなんて歌ってるのか分かってなかった(笑)
代々木あとにカラオケ行って入れてみて気付いたよ。あっにほんごって。ていうかスキマの曲、日本語になりつつある英語(アイデアとか)固有名詞みたいなの以外は完全に日本語なんだよね。
ぼんやり聴いてるとこれとか英語いっぱい出てきてる気がするスキママジック。

書き忘れるとこだったけど、大橋君アリーナクラスでお客さんをあおるのが不慣れみたいだった。
イエー!!とかゆってみるんだけど微妙に中途半端(失礼か。笑)
あと花道に出てきてあおってくるんだけど、もうジェスチャーでしかそうと読み取れない。だって声出してるっぽいのに、ハンドマイクも持ってきてるのに、両手上に上げてるんだもんな。
マイク使っていいんだよ!って毎回思ってたw
はじめてのアリーナツアーならでは☆

ふれて未来を

腕を上げて細かく手拍子ですよ(・∀・)出たー。
ホールの時は練習時間長すぎて本編では腕死んでたけど、今回は練習短め。
あと「ふれて未来を♪」のメロディのところをお客さんにゆだねてくれるのですが「ふたりに未来を」だったり、歌詞が微妙に違うんだよね。
そこわかんなかったら全部ふれて未来をって歌ってくれたら大体そんな感じに聞こえますから!って言ったあと、大橋君おっさった。
歌詞なんか間違ったっていいんだ!
説得力がありすぎる。
某オカノさんにも聴かせてあげたかった。
それにしてもあの「ふれて未来を」のキーが高すぎてホントはメンズのキーで歌いたかったです。そっちの方が楽だった。

全力少年

このイントロ前に大橋君が声出して、それをお客さんにもマネさせるコーナーがあるんだけど、難易度がどんどん上がるので覚えられない。最後の一回はいまだに分からないんですけども。

大「今途中であきらめただろ!」(笑顔)

こういうときの彼はめっさ生き生きしてる(笑)
もちろん曲の最中もすごい楽しかった。歌詞を歌わせてくれるのもテンション上がるー。でもいつも2番わかんなくなるよ。

(アンコール)

小さな手/猫になれ

暗転中にステージに古めかしい椅子が1つ置かれて、上に本がのってたのかな。本は大橋君が持ってきたんだっけ。
ふたりは声もなく入ってきて、そっとスタンバイ。
しおりが挟まってて、大橋君はそこを開いて、本を片手に、もう一方にはハンドマイクを持って、照明の絞られたステージでスキマふたりだけの演奏です。
スクリーンもセピア色。
代々木初日は「手」二日目「猫」で、私初日の方が好きだったんだけど、ファイナルは「猫になれ」だった。
ちなみにどちらも初聴きで未だにライブでしか聴いたことないのですが;
ファイナルで「猫になれ」聴いて、なんかうるうるしてしまった;何でだろ、痴話喧嘩みたいなストーリーなのに(笑)
大橋君の声がきれいだった。私たぶんほんとはすごい高音ってあんま好きじゃないっぽいのです。男女どちらの声でも。鼓膜がヨワイのか、キーンとした声だとピリピリしてイヤなのです;
でも大橋君の声ってすごい高いところはファルセットになるし、それがまたすごい危なげなくてきれいに出てて、この歌はほんとそれが活かされてた。すごいーって、声に感動してた。
しかも大橋君、今思うと演技だったのだろうが泣きそうな顔で歌ってる部分があってさー!
もうホント、やられた(笑)

この後バンドメンバーが続々出てきて、みんな手持ちの楽器たずさえてステージ前方(スキマと同じ高さ)へ。
メンバー紹介もここだった。

ここのところで毎回、スポンサーの話が出て、オロナミンCを一気飲みする常田君。しかも今回は2本も!
添え書きみたいなので「両方中身は本物です」って書いてある。

常「2本飲めってことでしょ?飲みますよ」
って、2本一気(゚∀゚)
そしてむせまくる(そりゃそうだ。笑)

大橋君はニコニコとフタを開けてあげてたけど、なぜか彼も飲むはめに。大丈夫か、ボーカリストがライブ中に炭酸…って思ったけど、お客さんが煽るからやっぱり飲む羽目。
ほどなくしてきれいに吹き出す(笑)
カメラがちゃんと捉えてたのでヒイヒイなるほど笑ったw
もう、さいアリでオロナミンCの炭酸に負けて吹き出して、相方に床拭いてもらったのは大橋君が最初で最後だよww
しかも吹いた顔がまたすごいフツウでおかしかった(じゃっかん怒りめ)
歌った後のノドはイメージ的にヒダがいっぱいできてて、なんもかんも染みる!みたいなこと言ってたけど、そのイメージすごい分かる。
わたしもハサいでシダった後は喉の粘膜めくれてる気がしてた(一緒にするな)

回想目盛

歌い出してまもなく、やっぱりンゴホッってむせちゃって演奏やり直しに(笑)

客「大丈夫ー?」
大「だ、大丈夫って。飲めって言ったのみんなじゃないか!」(笑)

そして何故かお口直しなのか、残ってたオロナミンC飲む大橋君。
そしてそのせいかやりなおしたサビのあたりでコホッってなっちゃってニヤニヤしながらも歌い続けてたよ。
はわーかわゆかったー。
ぐれさんとも話してたけど、大橋君の笑顔って小さい子笑ったときみたいな、見てるほうがホンワカするよね。
見てるほうも笑顔になるようなの。
でもシャツはギンギラ(まさにギラギラした銀)

この後はバンドメンバーが後ろに下がり、大橋君のマジメなMCなのですが、途中で一回やっぱりムセてて微妙に笑いそうだった、私(セーフ)

最初にライブをやったのはカウントダウンライブみたいなやつで、5組くらいの対バンだったけど、観客0人だったんだって。
見ててくれたのは参加者だけ。
そういうライブから始まって、ライブハウス、ホール、アリーナとやってきて、ファイナルは16000人もの人の前でやれてることへの感謝を毎回言ってたんだけど、ファイナルでは「これがずっと続くのかなって思って、それで不安になったりもした」とも話してたよ。
そんな生々しいこと言うと思わなかったからドキっとしてしまった。
レミオ藤巻君といい、最近ぽろっとすごいことを言うな(・∀・)
だけどそういう心の声的なものを吐露してくれるのって嬉しいよね。
ファンを信じてくれてるのかなと思うよ。
私がいうのもアレですけども(笑)
ふたりで「あったらいいな」と思う音楽を続けていくのでスキマスイッチを応援してください、みたいなこと言ってて、ほんとこういうの聴くと応援してあげたいと思うー
っつか、私はいつも応援されてる気分です。
大橋君は「みんなの人生…といったら大袈裟ですけど、僕らのうたが何かの役に立てばいいなと思います」みたいなことを言ってて、これって前コブクロも言ってたなぁと思って、ほっこりした。
そんな気持ちで歌っててくれる人だから私もハマっていくんだろうか;
そして感謝の気持ちを「ありがとう」っていう短い言葉だけではあらわせないってもどかしげな大橋君でしたが、きっとお客さんも手拍子とか拍手とか声援とか、いっぱい送りながら、ありがとうを伝えるためにもっと何かないのかなってきっと思ってる。
みたいなことを考えてしまうような幸せな空間でした。

こんなMCの後だったから、最後の曲がやたら泣けた;

マリンスノウ

ぐれさんにも言ったけど、レミオロメンの「アイランド」聴いてるような気分になってしまった;;
(わかる人だけわかってー)
最後の最後にまた全部もっていかれた感じ。
とはいえ、この曲で終わりっていうのがやっぱり不思議だよね。
「ふれて未来を」みたいなホンワカしたやつか「全力少年」みたいな走り切りの歌か、どっちかってイメージだったから。
でもきっと意味があるんだろうな。そう考えたらなんだかドキドキするけども(笑)きっと二人は大丈夫とも思えるライブだったです。

花道両端まで二人一緒に来てくれて、最後は生声での「ありがとう!」
常田君のクシも健在(・∀・)
ほんと楽しかった。満たされた。
久しぶりに歌で泣いたです。心の浄化(笑)
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1618-cbc1eeb8
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。