凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スキマスイッチ】「夕風トラベル」NHKホール

20070304110024


そんな訳で今年初ライブ(ライブ初め?)だし、スキマも初だし、NHKホールも初めて。
この日の日記はコチラを見ていただくとして。
今回のチケットは、コブクロ友達のごま。ちゃんがFC先行で取ってくれました★
私ポルノのときも、ゆず友からFCチケット譲ってもらって初参加→どっぷりだったんだよな…今回もまたヤバそうな予感。

そういえばここで紅白やってるんだねー!大橋君がMCで「この場所はやばい」的なことを何度も行ってたんだけど、やっぱり、妙に緊張するらしかった。あとポップジャムの新人発掘みたいなコーナーでさらし者にされたときの話題もチラリと(笑)

常「まあ、今日は大晦日ですけども」
大「あーホントに緊張するからやめて!」

そうとう緊張してるみたいで、ずっと手をコネコネしたり襟触ったり、落ち着きの無い大橋君かわいかったー。
最後のほうはワケわかんなくなって「どうしたんだ、オレ!っていうかオレは一体誰なんだ?
大橋君完全に迷子(笑)
そんなMCもちょっと書き起こせる、かな;
でもいかんせん初ライブだったのでレポという名の感想文で終わりそうだ。

それにしても紅白の会場ってもっとでかいイメージだった。とはいっても観客動員数3700人ってことで、ホールにしてはやはりでかいよね。
席も3階まであって、客席の配置?が何だか独特でした。
1階センターの一番前、普段オーケストラピットになってるところが「P」で、それが5列くらいかな?最前列はほんと、ステージギリギリってくらいに近い☆音もイイしね~。
私たちの席はその後ろの「C」でした。ど真ん中よりやや常田君側かな。
でもほとんど正面で、肉眼で目鼻が見える距離です。
ポルノもコブクロもそうだったけど、初めてのワンマンは何気によい席で見れてるあたり、他力本願コミのビギナーズラックなのか。
ほんと、縦にも横にも会場の真ん中あたりで、すごい良い眺め(笑)でした。何しろホールは階段状になってるおかげで、シークレットシューズに頼らずともスッキリ見えるのがいい。
ただね、1つだけ言わせてもらうなら、私の目の前にいた女の人のシャツの、バックプリント超気になった。
鯛の絵?に、強 引の2文字。
しかもそれが見えたタイミングが、まさに「この人強引だな」って思えるような瞬間だったからすごい吹きそうになった(笑)
でも別にその瞬間以外は何もなかったのでココロ穏やかに見れましたよ。
小枝さんの近くには小さい子を連れたお母さんがいたみたいで、時々奇声(笑)が聞こえてたんですけど、聞こえる以上にスゴかったそうです;
普通だったらいったん子供つれて出るだろう、って時でも、むしろ子供放置でライブに夢中だったんだって。
そ、そりゃ普段子育て頑張ってて、神様がくれたご褒美!みたいな席だったかもしれないけど、周りの人の幸福をジャマしていい訳じゃないからさー;
正直、私ですら「どこかにいる子供(あかちゃんかと思ってた)しずかな歌の最中は大丈夫だろうか」とハラハラしたよ。
ソデからゾロゾロとサポートさん&スキマのふたりが出てくるんだけど、暗くて誰がなんだかよく分からず。とりあえず「人数多!」ってかんじでした(笑)
ギターとベース、ドラム、パーカッションに加えて、常田君以外にもキーボードが。総勢7人がステージの上に。
しかもステージの照明がつくなり、後ろの方で「デカッ」の呟きが。えっそれってアフロの大きさだよね?
私も思ったよりでかいと思ってたんだ(笑)

大橋君は白いシャツをはおってて、インナーのシャツの色は忘れてしまった…赤っぽかったんだっけ。常田君にいたっては服を着ていたかどうかすら←着てました。
常田君は大橋君のこと「ホワイトスター」って呼んでた。
そしてイヤそうな大橋君。シャツの色だけじゃん!って(笑)
ベースが、ゆずのサポートでもおなじみの沖山さんで、最初は私全然気づいてなくて、何かの曲でベースの音がやけに聴こえて「ん~好きv」って思ったんですけど、沖山さんと分かってからはもうベース音ばかり追ってしまいました(笑)
でも私コブクロのときだと山田マンの音全然聴こえないんだよね~;
なんでだろう、基本ベース弾き好きのはずなのに。
そして鍵盤の人もすっごい見たことある。ちょーニコニコして弾いてて、めっさ気になる。ぐれさんも「見たことある!」って。
あっミスチル絡みで見た人(浦さん)だ!一気にスッキリです。
この方鍵盤だけじゃなくてアコーディオンとかサックスも吹いてたよ。なんともまあ多彩な。

セットは、柱形の街灯(笑)みたいなのが2本ずつ左右にあって、後ろはスクリーン。スクリーンワークがテクニカルなのか、それともそういうものだったのか、何やら思いのほか奥行きがあったような。
照明もすごいキレイだったです。
派手すぎず、ささやかすぎず。
ホールにしたらちょっと豪華、くらいの感じかな。

今回は小枝さんからセトリもらったので、順番とか合ってると思う☆

■1+1
ピアノの音で始まって、まず思ったのが「予習の甲斐あり」でした(笑)。タイトルすぐ分かる喜び。
歌いだす前のブレスにちょっとドキっとしたよ。音がいいから、いい意味で生々しい。
ていうか、もうもう、スゴイの!(笑)
CDかテレビか、野外でしかナマ声聴いたことなかったんだけど、思ってたよりも全然うまい!ってビックリ。
技巧的なこともそうだけど、何より声、めちゃくちゃきもちいい。帰りにCDで確認したけど、やっぱりライブのほうが全然いい。
フシギだ;録音したら損なわれる何かがあるんだろうか。

■スフィアの羽根
なんでか知らないけど、この曲のサビでテンションがいきなり上がり…
っていうか今年初ライブだったせいか元々私にしてはテンション高めだったんですけども(表には出にくいけど。笑)
とにかくぐわーって一気にテンションが上がって、うっかり泣きそうになった(爆)
別にとくに好きとかでもなかったのに、ビックリした~;
そしてこの曲で「大橋君って思ったより動くんだな」(笑)
この曲だけじゃなくて、歌詞を手で表すような動きが結構あったような。

■飲みにこないか
イントロ聴いて、すごい知ってるのにずっとタイトルが分からない;
スキマさんはどういうキッカケか忘れたけど、結構前からボンヤリ聴いてた時期が長かったので、曲だけはアタマにしっかり入ってるんだけど、タイトルと全然一致してない;
ああーなんだっけ!君の思い通りになっちゃう歌なのにーってグルグルしてたら、曲中でタイトルが出てきてやっとスッキリ(笑)
この時の浦さんがまたものすごい楽しそうで癒されたw

■糸ノ意図
これもまた最後のほうまで毎回タイトルが思い出せない曲で、毎回最後で「あーこれか」って気づくんだけど、全然学習してない;
初めて聴いた時「声で殴った」って歌詞がものすごい印象的だった。そこばっかり覚えてしまって逆にタイトル出なくなるんだけど…

■フィクション
これのアレンジがすごいカッコよかった!
私の記憶が正しければ(疑ってかかるべきところ)
途中までテンポがすごいユックリになってて、ちょっと気だるげ。なんていうか、オトナの雰囲気ー。
手拍子がちょっと変則的で楽しい(CD音源にクラップ入ってた)
そう、楽しかったのに、これの歌詞が急にググっと刺さってしまい、今まで楽しく聴き流してたのに(笑)ものすごい泣きそうになってアセったー;だってやだよ、ここで泣くのヘンじゃんね~;
「ああ僕にもう少し勇気があったらな。辛くとも充実した日々を選べるほど勇気があったらな」ってとこでまずガツンと来て、サビはもう全然だめ。私的には「全力少年」よりこっちのほうが背中押されるー。
今までずいぶん聴いてたはずなのに、一気にダイスキな歌になってしまった…まさにダークホース(笑)
ベースから始まったのってこれだっけ。
なんか、ゆずのライブでも沖山さん始まりの曲があったような。そしてそれがものすごいツボだったような。
沖山さんのベースライン、ツボすぎるv

■メロドラマ
ここらへんか忘れちゃったけど(てへ)イスを持ち出して、穏やかなゾーンに。僕らも座るので座りたい人はどうぞ、みたいな感じだったんだけど、この「座っても座らなくても」っていう自由な感じが始終で、時々困った;
だって、座って聴きたくても前の人が立ってたら見えないし、私の後ろの人だってそういうのあるだろうし。実際ほんとに立ったり座ったりがマチマチだった(笑)
みんなも迷ってたんだと思うよー。

んで、この曲全然知らなかった。なんだろ?何かのカップリング?
かわいい曲としか認識しきれず;気になる。

ちなみに座りになってからのMCで、大橋君が通販にハマってて、今ロデオボーイ2待ちって話をゆるやかにしてた(笑)
大橋君曰く「1より2のほうが臨場感がある」んだそうでw
お届けが遅くてクレームの電話入れたら、不在票が入ってたんだけど、今日ライブだから受け取れないって。

常「ここに届けてもらえばよかったのに」
大「あっそうか」
常「って流れで、実はあちらに用意してあります!」←ニヤニヤ
大「えーっ!?」←ニヤニヤ
常「佐川急便のかたが…」
大「いや、それはないな、さすがに」

大橋君、あっさりしたノリツッコミw
他でも常田君が「その椅子、ロデオボーイ?」とか地味にボケを出してておもしろかった。
なんか淡々としてるんだけど的確なんだよね、言うことが(笑)

■月見ヶ丘
これもタイトルと一致してなくて、もはや消去法で「たぶん月見ヶ丘」みたいな。最後のほうに月って歌詞が出てきて「ほらね」って。
この「タイトルなんだっけ」っていう葛藤がわりかし常にあった;
でもイントロがすごい印象的で「ああっ知ってるー!」の感覚はものすごい早い(笑)
んーでも私にはちょっとかわいすぎる歌、かな。スキマさんのこの系統には心動かされないらしい。なんて言っててもいつどう化けることやらー。

■アカツキの詩
もうもう、これはあのPV思い出してダメだー;泣きそう…なんつってそのわりにサビにいくまで「なんだっけ」って思ってたけど(爆)
シングルのほうが案外わかんなかったりする。知ってるから大丈夫!って予習を怠ってた;
この歌以外もなんだけど、コーラスを色々な人が入れてるっぽくて、何やら音がたくさん、っていうイメージだった。全体的に。
楽器の音も色々だしね。
常田君のコーラスもきれいだったけど、パーカッションの女性が入れてるっぽい音もよかった。

■惑星タイマー
回数だけなら福耳合わせて結構聴いてるのに、これもまたタイトルが思い出せず、帰り道にこの曲の話題になった時、やっぱりサビが思い出せず;;あらー??結構好きって思ってた気がするんだけど…。
この時スクリーンに満天の星空が再現されてて、すごいきれいだった。ホールでもこんなのできるんだねぇって思ってたら、歌終わった時、大橋君の「星がきれいでしたね」を受けて、常田君が「出るもんだなあ」(笑)

■藍
「次はゆっくりした曲を」みたいな曲フリがあったんだけど、ゆっくりって。間違ってないけど(笑)
CDの時点で、私が一番泣きそうになるこの歌;
そしてものすごいミスチルさんっぽいと思ったのもこれ(笑)。桜井さんが歌っても違和感がなさそうっていう意味で。どのみち好きな系統なのだなー。
私にも数こそ少ないけど、やっぱりこういうこと思った日々があるわけですよ。もう、何年も前だけど。最近気持ちが枯れてるから(笑)
こういう曲聴くとなんだか潤うよ。成就しない歌なんだけど;
サビの繰り返しは、メロディにまず弱いのでホント泣きそうだった。
大橋君の声はずっと安定してて、何聴いてもCDよりスゴい。

■願い事
「あーロールスロイスのやつね」って、やっぱりタイトル分かってなかったし、CDではほんと、ちゃんと聴いてなかった。
でも、実はこの曲が最大に泣きそうだった(爆)
↑でガマンしてた分もあるんだろうけど、すごい、不意打ち…っていうかもう闇討ちくらいビックリした。
声の迫力というか、切迫感が痛烈;なにゆえにこれ。
帰りにCD音源を聴き直してみたけど、やっぱり「???」なんだよね。ライブであんなに化けるような曲調じゃないと思うんだけど、大橋ボイスマジック;
サビとは違うメロディ(君しかいないんだ、のとこ)は本当にすごかった。そこで一気に涙腺がっ。
赤ちゃんが手をいっぱいに伸ばしてなんか掴もうとしてるような、あのなんとも言えない切なくなる感じに弱い。

■ズラチナルーカ
これも印象的だったんだけど、唯一タイトルが全く思い出せなかった。というかもう覚えることを放棄してたっぽい(爆)
帰りにぐれさんと「あれよかったよね!なんだっけ」って話になり、タイトル出ないから「見ないで見ないでって言うやつ」「わかる!見ないでしないで泣かないで、だよね?」ってモヤモヤ;
この歌もたぶん私すごい好きっぽい。これからもっとハマる予感がするのですが、ライブのときは「願い言ショック」がでかくてあんまり入り込めなかった…うう、好きなのに!

■アーセンの憂鬱
このへんから方向転換で、テンション上げてくゾーンなのかな?
って、なまじライブ何度も行ってるとそういう流れも見えてくるよね(笑)
でもスキマライブですごいのは、すごいヘンなMCしたあと、何の軌道修正もしないままバラードに入ったりするところ(笑)
大橋君すごい切り替えの速さ。
そしてこの歌、すごい勢いがあるのに、ファルセット全部きれいに出てたっ!カッコイイー。
歌い終わったあと、大橋君いきなり叫ぶ。

キレイだー!!

■キレイだ
ええええ~っ!?
私、たぶん「雨待ち風」(唯一好きだったスキマ曲。笑)の次に好きになったのって「全力少年」でも「奏」でもなくコレだったんだよ。
アルバム聴いた当時、ぐれさんに「私ララライいうやつ好き」って言った覚えがある←そのあとキレイだ♪って歌ってるのにタイトルとして認識できてない罠
しかも会場入る前「夕風~」以外の曲で何聴きたいかなって話してたとき「私さームリだろうけど『キレイだ』が聴きたいんだよね」なんてポロっと言ってたから、ぐれさんとふたりで「えぇ~っ!?」
飛び上がるほど嬉しかった(笑)
…テンションだけやたら上がってよく覚えてない。

■螺旋
鍵盤の音がめちゃくちゃカッコイイ!テンションはずっと上がったままで、これもCDで聴いた時より断然好きになりました。
ファルセットが相変わらずキレイに出てて、しかも声量が落ちない。
あとフェイクもかっこいいー。
大橋君のフェイクってなんか独特だよね。オとかは分かるけど、サが入ってるのがすごい。でも耳に違和感まったくないのだった。

■ガラナ
これのおじいちゃんみたいな言い回しなんだかツボ(笑)
これ以外にも結構あるよね。
そういえば紅白のとき、これいっぱい歌ってる時期だったから、これなら大丈夫って思ってたのに、局側から「ボクノートで」って言われちゃったって。その時だかこのライブの日だか忘れちゃったけど、子猫のようにビクビクしてたらしい(常田君談)

■全力少年
私不思議とこの歌があんまり好きじゃない(爆)
好きじゃないというか、スキでおかしくないはず!のわりには好きになってない、みたいなレベル。ガラナくらいにはスキですよ。
ただうたってるときの大橋君がホントに勝気でわんぱくな子供の顔をしてて(笑)かわいかった。
忘れちゃったけど、大橋君がギターもってない曲のときエアギターやってておもしろかったw

■ボクノート
これの前に「僕らにも大切な曲がたくさんあって、これもその1つです」っていう、このライブで唯一のちゃんとしたMCがあったんだけど、大橋君がちょっと落としめの照明の中で、なんか、ちょっとつっかえつっかえみたいな感じに、この詩が出来た経緯を喋ってた。
なかなか歌詞が出来なくて、その出来ない気持ちを歌にしてみたっていうやつ。どこかで聞いた事あったけど、そのあと「出来上がったのを見たらほんとに僕自身が映し出されてて、恥ずかしかったけど、嬉しかった」って。何かわかんないけど、その言葉が涙腺にキたー;;
何でだろう;;嬉しかったっていう大橋君が、ちょっとはにかみ笑顔だったような気がしたからかな?
この曲の時は、イントロ入るときに両手を胸のあたりで組んでて、ほんとに「大切」なんだな…ってしみじみ思った。
ちなみに私この歌の2番のうたいだしから毎回泣きそうになるです…

(アンコール)

■さみしくとも明日を待つ
バンドメンバーなしで、1曲だけ原点回帰でふたりだけ、とのこと。
この曲も相当好きなのですが、マイナーだよね;
よくぞ歌ってくれたー!!
ふたりだけなのに、鍵盤って楽器のスゴさを改めて知ったかんじ。すごい迫力だし、ギターと鍵盤と声だけで十分ツアーできるんじゃないの?と思わせるほどだった。
そしてイントロだけで寂しさMAX
部屋の隅っこで抑うつされたような声から始まって、最後はホールの天井まで伸びて届く流れがすごかった。
鍵盤もすごいけど、喉もすごい。

■青春騎士~えんぴつケシゴム~君曜日
あ、また知らない曲だ、と思ったら、以前mixiで記事だけ見かけていたおかげで、このメドレー?のカラクリが分かりました(笑)
この曲の時はもう全員がやっちゃえ!モード全開で、常田君の合図でパーカッションのおねえさんがドアベル鳴らしたり、芸が細かいw
大橋君もなにかの時に(この歌だっけ)ピンクの携帯取り出したり、たのしーい!浦さんはアコーデオンで参加w

何故かここでラララでハモらせられるコーナーが。
うたわせられるのはよくあるけど、ハモリにするってすごい!
会場を3つにわけて、上・下パート、それから真ん中のフリーゾーン(笑)。ただし男子は全員です。これが結構高くて、私らんとこ下だったからラッキーと思ったくらいw
練習のとき男子にありえないほど高いキーを出させてイヒヒってなってる大橋君。Sだ。Sに違いない。
常田君も「おお~キレイにハモれてる!」って。
1階~3階それぞれに歌わせてくれて、ハモれてるのを聴かせてくれたんだけど、ほんとに合唱コンクールみたいになってた(笑)
ふたりも言ってたけど、3700人が一斉にハモるってスゴイコトだw

■ふれて未来を
まずは手拍子の練習から。普通に叩かせた後、それを倍に→倍の手拍子を、腕を上げたままとのこと;;
大橋君がとてもイキイキ。体育の先生か、ドSってかんじでした(笑)
これね~ほんとに二の腕しんどい!
大橋君曰く「最後まで下ろさずできたら腕が細くなります!」
でもほんとかも、と思えるほどハードだった。最初からずっと腕上げてるし、サビ付近では打つ数が倍になるし(笑)
久しぶりにライブで筋肉痛になりそうだったー!
ぐれさんには「ふれて未来を痛(つう)」ってゆってたけど、幸い筋肉痛こなかったよ。私の腕あんがい普段動いてんだね。
ちょっとでも下げようものなら「腕下がってるよ!」と大橋君が笑顔で檄を飛ばす。なんだあの時間!w

っていうかアンコールに入ってから、まずいきなりゆったりMCしだしてビックリした。ええ~もうすぐ終わりなんだよね?みたいな。
「歌ばっかりだとすぐライブ終わっちゃうんでー」って、話すこと考えつくまえに時間稼ごうとしてた(笑)
ロデオボーイの話とか、紅白の時の話くらいだったかな…。
けっこうしゃべってた気がするわりには思い出せない。
MCには全然期待してなかったからか、面白かったって感想だけは残ってるんですけども(笑)
コブクロのライブみたいな爆笑ではなくて、どっちかというとポルノさんの「ププ」って笑いに近いw

大橋君はホントに、なんだか不思議な人だった。テレビで観てただけの印象は「優しそうで、ちょっと気が弱そう」だったのに、ライブで全然イメージ変わった(笑)
負けん気強そうで、わんぱくだった。
常田君は、テレビで見たままの印象だった(笑)

ライブの最後に告知もあったけど、大塚製薬が協賛らしく会場の外でオロナミンC配ってたよ。ライブ後に飲み物ってうれしいよね。まあでもオロナミンCに頼るまでもなく元気ハツラツでしたよ。
すっかりハマってしまいました。
ほんと、スキマさんは特に、ライブに行った方がいい(笑)
もはやCDが物足りなく感じるナマの何かがあるよ。

今思い出したけど、最後のほうのMCで「最近なにがあったか」って話になって、大橋君は最近人生初を経験したんだって。しかも昨日。なんておあつらえ向き!って思ったら、

大「でも、それが何だったか思い出せないんだよ」

人生初じゃないのか?!(笑)
結局最後まで思い出せず、思い出したら日記に書きます!だってw
なんだったんだろ、気になるな。
この話題の時に常田君が「オレにメールくれたとか。最近ご無沙汰だから」だってw
大橋君は「送らねーよ!いつも一緒にいるのに」(笑)
なんか可愛かった。大橋君の言葉遣いがなんだかツボ。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1606-4cffcffc
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。