FC2ブログ
 
レポ置き場 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【馬場俊英】「ACOUSTIC CIRCUIT2006~人生という名の列車~」

2006年9月24日(日)横浜 クラブ24


この日は日中…っつか、早朝からコブクロのラジオ公開放送のためにウロウロしてたんですけども、またしても寝不足だったです;
馬場さんの癒しボイスに目を閉じたらうっかり対岸にいってしまいそうになったりもしたですよ。
だけど途中からまた泣きスイッチが入っちゃってもう大変たいへん;


今回は、前回買った「鴨川」も聴き込んでたし、二度目のライブだったので色々なことに余裕が…
あったはずなんだけど、私のウッカリミスで大遅刻!!
しかも関内のお店だったんですけども、場所が結構わかりにくかったんで迷ったりもしてー
チケットは相方いないのに連番で持ってたのですが、Teamで出会ったばんりさんからお友達を紹介して貰ってたんですよ。
だけど私が大遅刻して開場過ぎてもつかぬので、ばんりさんのチケットでお友達が先に入場して、私がつくまでばんりさんをお待たせしてしまったです;
ホントにごめんなさい!初対面なのに…

っていうか、実は私がさいたま新都心ライブの時に貰い泣きした、最前列の女子=彼女だった!
もしかしてそうかも…って話だったんだけど、お会いしてみて確信したです(笑)
このこだ!!ってw
前回のライブではお隣の方の奥様からもメッセージ頂いて、ほんと色々がミラクルで世間狭いな!っておもってたんですけど、ここまでくると何か縁っていうか、運命すら感じた(笑)

彼女の機転のおかげで2列目の左側に座れました。キーボードの渡辺さんのドまん前で、馬場さんの視線もすごいクるー!!
最初は私の妄想(得意)かと思ってたんだけど、途中でばんりさんが「すごい目が合うねっ!」ってゆってたので間違いない(悦)
例のごとく飄々と入っていらさるみなさん。
ああ、いいなぁオトナのライブ(笑)


陽炎
今回はこの歌も「知ってる曲」
アップテンポなんだけど、なんかもう声聴いただけで泣きそうだったよ。馬場さんの声、ほんとすきー!
コーラスもキレイで、一気にテンション上がるです。
ピアノのアレンジがカッコよくて、渡辺さんの叩きつけるような弾き方もたまらなく好きv
そしてアップテンポとはいえ、歌詞が歌詞なのでやっぱり泣きそう。
でもギリギリで笑ってる。
この歌もそうだけど、馬場さんの英語の歌いまわしがカッコイイ。
安い感想で申し訳ないんですが、好きなんだもん、しょうがない(笑)
最後のほうではお客さんも「ラララ」でコーラス参加v
いきなりの一体感(笑)

風の羽衣
これもまたコーラスがキレイ゚・*:.。. .。.:*・
泣きそうなテンションのままだったけど、まだ大丈夫w
余裕なんか出して、馬場さん凝視(笑)
座って歌ってるんだけど、譜面台がジャマになる位置でもなく、お顔がすごくよく見える~
そして真正面を向くと渡辺さんが見えすぎる
なんか、私の前がぽっかり空いてて(人と人のはざま?)気持ち的にはマンツーマンみたいな。さすがにアヤさんもはにかんでソッチは殆ど向けなかったです(爆)

フォーリンレイン
前回は無かったこれ、ライブで初聴きするより先にCDで聴いたです。
知ってる知ってる!と思いながら聴いた。
上のほうにも書いたけど、これの「フォーリンレイン」っていう発音もすごい好きでね~。多分、歌いまわしっていうかあの声だからいいんだろうな。
馬場さんの声なら何語でもかっこよく聴こえる(笑)
そして私、これの「パンとワイン」のところ、ずっとパントマイムって思ってた。思い込んで聴いてたからライブで気付いてビックリした。自分の耳に。何で何も疑わなかったのか…w

今日も君が好き
やっぱりぴゅちーちちーっていいすぎだよ鳥さん(笑)
歌の間中ずっと鳴いてるもんねぇ…
意識したら笑いそうになって危なかったです;
「君が好きなこと夢中でしてるならそれが好き」って歌詞で、いつもあー馬場さんと付き合いたいなあと思うよ。
そんな自分が好き(嘘)
そしてこの曲では鍵盤ハーモニカで参加する渡辺さん。何気に待機時間が長いんですけども、その待機中の、気を抜くわけにもいかないけどすることない…的手持ち無沙汰感がなんだかカワイかったw

白球
前回はいきなり「はっきゅう」って言ってたけど、その時のみんなの顔が「???」だったせいか、今回は「白い球、と書いて白球です」って先に言ってました。
この歌の時だけじゃなかったと思うんだけど、なんかスモークがすごくてね~
私このあたりでクシャミ出そうになってドキドキしてた;;
渡辺さんとかモヤで見えなくなってた、ときどき。


このあたりでMCが挟まります。
野球のつぎには音楽にのめりこんで…っていう話題。
まさに「ボーイズ・オン・ザ・ラン」みたいな暮らしだったんだって。
泣きながら語り合ったりして、バカでしょー?って笑う馬場さん。私も笑ってたけど、馬場さんがその時代をいかにいとしく思ってるかは十分わかった。私にはそういう時代なかったな~若い頃は…
むしろ今の暮らしこそ50歳くらいになった時「ばかだった」って思うんだろうな。いとしい記憶になってるかどうかは別として(笑)
その当時色々なスタジオにも行って、それぞれくせがあった、と語る馬場さん。スタッフさんがカンジ悪いとやりづらい、とかw
カビたような壁のとことかあって…って言いかけて、
「西海さんのときはさらにカビが
すてきなお帽子かぶっていらした西海さん、うんうん頷く(笑)
この時以外にも馬場さん「ね、西海さん」ってちょっとしたことを急に振ったりするんだけど、西海さん毎回ウンって、ちゃんと頷いてくれる(笑)


明日へのフリーウェイ
なんかおっかけっぽいコーラスあったなぁ~と思ったら、この曲でした。コーラスもよくって、順番に出された3人の声が重なる瞬間がスゴイきれい。
やっぱりこの歌好きだー!音源化はいつになるのやら…

一瞬のトワイライト
多分ここまでは目が潤んだくらいだったんだけど、これでキたー;;
もう、前回も多分これでやばかった(笑)とおもうんだけど、今回は完敗だったです…。ばんりさんとかも泣いてたせいか、馬場さんが気付いてぜったいこっち向いて歌ってたです。
なんていうか…ターゲット・オン状態(爆)
優しいんだか、いじわるなんだかw
目が合うーvなんて言う余裕はなく、むしろ見られては困るってくらい泣いてたよ。なんでこれあんなに泣けるんだろう;
君を思いだしてから、君を忘れてたって気付く…みたいな歌詞があるんだけど、そこあたりから色々思い出して、なまじ30年も生きてないな、私…としみじみするです。10年前なんて子供だったよ!っていう人にはまだ分からない感慨なんだろうね。
だけど当時はまだ大人にもなれてなかった。
かといって、大人になっても何一つとして分かってると言い切れない。
それが30代(笑)
ちなみに「君がいなくてもやってこれた」あたりからはもう拭うのも間に合わない涙っぷり。そこからまたサビに戻られた際にはもう~;

STATION
そしてこれっ。うわーん;;涙が乾く間もないゾーン(爆)
CDで聴いててもそんなに泣きそうって思わないのに、あのライブの力はすごい。いっそおそろしい。
誰かの傍でどうしても生きてみたい!なんて思ったコトは一度くらいしかないのに(それも岩○さん。笑)これむしょうに泣けるのは何故だー;;
こればかりは自分に重ねてるわけじゃなくて、馬場さんのキモチをかってに想像して泣いてるのかもしれぬ。
そっ、それはそれでなんか…。

多摩川土手
川の近くに引っ越した、っていう馬場さん。川に行って休憩してるっていうのがなんか妙におもろかったですw
そしてこの歌のときの馬場さんの、人生は色々あるからおもしろいって言いたげなえがおー。
思い悩んだりオチたりする自分を置いといて、誰かの手を引っ張ってあげようとしてるみたい。
この歌のときは渡辺さんもすっごい楽しそうで、かなりえがおでいらしたよ。
川の向こうがどうなってるか知りたかったら渡ればいい、簡単だ、みたいな歌詞なんだけど(こんな言葉じゃないけども)私これめちゃくちゃ好きだ!
テンションも上がるし、やみくもな勇気がわいてくる不思議なうた。


どこで話してたかさすがにもう覚えてないけど、西海さんが小3の時にマックの一号店ができたって話をしててビックリ。おいくつなんだろう。だって私が保育園のときすでにあったよ、マックー。
クラスのコがお弁当にマック持ってきてビックリしたらしい。
渡辺さんはコンビニでツナマヨのオニギリを売り出したのがさきか、それとも自分が先か気にかかってるらしい。
コンビニで出る前からツナにマヨネーズかけてゴハンやら何やらにのせてた気がするって(笑)
なんでこの話題になったんだろうw

馬場さんはラジオの告知もしてたけど、素で曜日を間違えていらしたよ。んでタイトル(サウンドジャーニー)言ってから何故か
スミマセンね…」(笑)

オセロゲーム
この歌でばんりさんが教えてくれて、私とか他の人もみんな立ったんだけど、馬場さん見たらすごい嬉しそうだったー。よかったっv
テンション最高潮の馬場さん★
これでは立ってたと思うんだけど、これ以前の、座って歌うときからもう半分立ってるような不思議な姿勢だった。中腰っていうか若干空気イス的な。
んで、ここでおーおー歌わされるのですがwますますテンション上がった馬場さん、思いっきり歌間違えてた(笑)
もーそのあとずっとニヤニヤしてて可愛かったv

君の中の少年
みんなにも歌わせてくれるこれ、馬場さんが説明をするんですけど、最後のほうで渡辺さんに「イントロ弾いて」って小声で言って、渡辺さんがあわて気味に引き出したんですけども、あとで馬場さんが「彼があんなに慌ててるの久しぶりに見た」って笑ってました(笑)
忘れちゃったんだね~弾くのw
ライブ前に、これはもうめちゃくちゃ声張ってやけっぱちで歌うのが楽しい的なことを友達が言ってて、ならばー!と思って私もめちゃくちゃ歌ってみました。途中むせるほどに。←あんがい喉弱い
そして何で??と思うほど楽しい、この歌の最中v
お客さんが歌ってる最中、渡辺さんがかなり客席見てたですよ。ちょっとえがおで。

ボーイズ・オン・ザ・ラン
速い、速いよーよく間違わないな…ってへんなとこで感心w
あと歌い回しがほんと、その時の気分っぽくて素敵(笑)
普段の生活ではもうそうそうしないぜ、両手ピースなんて。
それがまたとってもたのしいから不思議。
このあたりでがっつりテンション上げて本編が終わりだったのか、次で終わりだったのか、今となっては記憶が曖昧なのですが…
ど、どうだっけ?
ここで終わりで、次からがアンコールだったかな…?
ああっそうかもー

ちなみにアンコールでは、今回のツアーで作ったらしいニュー馬場シャツを3人で着て出てくるんだけど、馬場さんなんだかハズカシそうw
シャツ初見の印象はメンソレータムみたい…です。
見た人なら分かってくれるー(かも)


スタートライン
もう、最初にCDで聴いたときはこんなに好きになるとは思わなかったのに~;
って、前回は泣き過ぎてて気付かなかったけど、ライブバージョン、すごいゆっくりなんだね~
指弾きとストロークが両方あるんだけど、指弾きの時、カポの向こう側にピック挟んでて、おおおっ新鮮!!と…
なんて合理的(笑)
とか思う余裕があったはずなのに、例のごとく頭痛くなるくらい泣いた。もうラインナップ的にしょうがないよねぇ。

人生という名の列車
これのアレンジがめっさカコよくて、最初何の曲か毎回分からない(笑)
ほんのりジャズちっくで、まさにオトナv
とはいえ私ジャズは全然聴けないですが(寝そうになる)歌がついてたら別w
歌の中で「タカシ」が出てくるとこで、馬場さん西海さんを振り返ってたよ★いたずらっこのように。
んでやっぱり最初はニコニコしながら聴いていられるんだけど、途中からまた猛烈に泣けてくる;;
なんでだよ~
そしてばんりさんとか周囲も爆泣きで、やっぱり馬場さんこっち見てる(ひいい恥ずかしいー)

最後のラインナップでは馬場さん、思いっきり腹チラ(笑)
チラっていうか、ふつうに出てたww



思い出したMCなど。

会場のある横浜の話になって、東京からは車で30分くらいだけど海があるから「どこかにきた」って気になれていいって何度も言ってた。
あらっ、東京も海に面してるのに(いちおう。笑)
そんな横浜、山下公園での思い出話も。
馬場さんが山下公園でローラーブレードして遊んでたら(ええーww)男女のカップルがダブルデートしてたんだって。高校生くらいで、るるぶ持ってるんだそうで。
次の予定が立たず、ムダな時間が流れて険悪な雰囲気になるさまを1時間くらい見てた馬場さん。
…その時間は無駄にならなかったよねっ。MCに使えてるしv

テンションほんとにすごい上がってて、最高点出るかもって冒頭でおっしゃってました。しかもボーリングで言えば207くらいって。
馬場さんのベストスコアが206らしい(笑)

あと、ステージ後方になんか模造紙みたいなのが落ちてるのを気にして
たよ。そりゃたしかに気になる;;なんだったんだろ??

んーとそれから、何かの歌詞で「星空」って出てきた時、ミラーボールが回ってキラキラしてたのとか、「白球」で夕焼けのグラウンド、みたいな歌詞が出るんだけど、それにあわせて照明がオレンジ色だったりしたのとか、断片的にしか覚えてない。
もったいないけど、せめてカケラだけでも書き残しておきたい。
勿論覚書を元に作ったんだけど、最後のほうに



口あんまり開いてない歌いかたがすき かおがすき



って書いてる格安な私が好き…になれそう…
でもない(笑)
だけど確かに馬場さん、歌うとき、あんまり口開けてない。
思い出してキュンとしたよ。そこですらも。

今回は某関西っこさんのお誕生日に贈ろうと思ってた「人生という名の列車」を買ったんだけど、かってにサイン入れてもらった(笑)
前回まったく喋れなかったので(自分から喋らないとそのまま終わる)言いたいことちゃんと考えて臨んだのでカンペ読んでるみたいになったのは否めない…
サイン入れてくれてる間に喋ったんだけど、馬場さんは常にちょーえがお。なんてよいひと!

わたし「すっごい泣きました」
馬場さん「ほんとにっ?ありがとう」
わたし「12月も行きますっ」
馬場さん「ほんとにっ?」


私すごく疑われてる?(笑)


ウソウソww くちぐせなのかなー
疲れてるとき、私がマジでーを繰り返すのと同じかもしれない…
あのはずんだような口調が忘れがたいw
そしてまた握手し忘れる私(爆)
馬場さんが「あっ」ってカンジに今回も手を出してくれたです;
あぶなかったー;;

とりあえず言葉を交わせただけで大満足だったわたし。もうほんと、そういうのすごい苦手だったから自分を褒めてあげたくなったよ(笑)
だけどやっぱりあんまり寝ないで行ったから、絶対死相出てたと思うんだよねぇ…


そんな訳で次は12月の渋谷です★
バンド形式らしいのでそれもまた楽しみなんだけど、アコースティック、見れてよかったですv
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1602-1d1d5d2f
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。