FC2ブログ
 
レポ置き場 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コブクロ】【スキマスイッチ】他「SOUND MARINA 2006」

去年ポルノさん目当てで初参加してみた『サンマリ』ですが、そこでほんのり目当てだったコブクロをはじめて生で見てどっぷりハマっちゃって、今年はそのおかげでまた、せっかくポルノさんがライブ殆ど無くてオヤスミ状態だったのに、休む間もなく遠征するはめに(笑)
ハメとか言いつつまったく後悔してなくて、むしろあのタイミングでも遅いくらいだったけど、ハマれてよかった!って思ってます。
そんな、私とコブクロを結んでくれたサンマリ、今年も参加してきたですよ。
ただ私が前日昼まですごーい体調不良で、点滴まで受けてたうえに、奇しくも九州地方には台風10号がっ…
ドキドキしながらも夜行バスは定刻より早く広島に着き、関東のお留守番組さんから「田んぼみたいになってるらしいよ、会場」っていうオソロシい情報も頂き、シート代わりのゴミ袋を買っていざ会場へ。
並んでる間、ちょうど地面が乾いてるとこで止まってたので座って待つことが出来たけど、水溜りあたりで止まった人たちは大変だっただろうな~;;
会場内もそんな感じにムラがあったんだけど、どうやら前日はみたくなってたらしい(爆)
そこへ砂を持ってきて埋めて、乾いた部分を作ったんだとか。何トンもあるショベルカーがいっぱい来てたんだって。
本当にオツカレさまでした;;

私たちはうっかり去年と同じB2ブロック。でも行ってみたら、あれ?!こんなに近かったっけ…ってくらい近く感じて、相方ぐれさんと私、一気にテンション上がった(笑)
しかも早めに並んだからブロック内でもわりと前&ステージ中央よりの端を陣取れて、前のほうにでかい男子は1人しか居なかったので結構視界が良かったです。
つーかこの男子がたぶん、男2女2くらいのグループだったんだけど、アーティストがMCしてるとき誰かれ構わずずーっと手を振ってるの。最初、ブロック前のほうに友達いるのかな?って思ってたんだけど、おまえMC聞けよくらいのウザさでした。アンジェラ・アキたんだけが手を振り返してあげてたけど、ちょっと苦笑い。
目当ての人がいて、どうしてもその人に手を振りたい!っていうならまだよいけども(それでもMCまっ最中はどうかと思うけど;)誰でもいいってカンジがヒシヒシ感じられて、ぐれさんと二人で地味にムカムカしてました;
あと、腹が立つとは違うんだけど、私らの斜め前くらいにアキバ系っていうか鉄道すきそうっていうか、なんか分からぬけど見るからにヲタクっぽい男子がいて、その人のノリが強烈だったです。
何もかもに200%参加するっていうか…
あのスゴイノリは目の前にいないと分からない(笑)
あんだけ楽しめたら悔いはないだろうなーって羨ましくも思ったよ。明らかに異彩を放ってたけども。
目の前にいた、ひとりで参加っぽいおねえさん(私より上だろうなー)も、途中からすごいノリノリになってて面白かったっ。
まあそんなのも織り交ぜつつ、コブクロ以外の感想などざーっと。
コブクロんとこだけ読みたいっていう方はREAD MORE(続きを読む)で開いてくださいなー。


順不同気味(そして書いてない人もいる、かも)

(オープニングアクト)

■ロックウェル

つづりがあるのかなんか分からぬけどカタカナでごめん。私ら世代には泣いちゃうほど懐かしい、CLASSの「夏の日の1996」をカバーしてデビューした男子2人組。微妙に変えてるらしくて「夏の日の2006」だったよ。もうこの時点でちょっとおもろかった。
2人ともギターで、一人がメインボーカル、一人がコーラスって感じだったんだけど、メインの子の名前が黒田君で、ほんとに黒いの!感動した(笑)
分からない、相方さんが(ごめん…なんだっけお名前;)白かったからよけいそう見えたのかもしれん。雰囲気はレガッタもこみち的ワイルド系。歌うまかったよ、ふつうにうまい。相方さんのギターもうまい。
彼らはこの1曲だけで、突発ゲストだったみたいで、出演が急遽決まったらしかった。
コンビ名(笑)をすごい連呼してたので覚えてた。

■はたさん

なんだっけお名前…しかも「さん」って敬称だろう。
素朴なお顔立ちの男子。なんか飄々としてたし、歌声もシンプルだったです。周りの人がスガシカオっぽいって言ってた。うーんそうかも。
私は徳永英明っぽいと思った(笑)
ハスキーボイスなんだよね。この人好きだったなー

■竹仲絵里

この方も名前の字が怪しいけど、万が一違っても訂正は心の中でしといて下さい(笑)いいんだよ、間違ってるくらいのほうが。ファンの人の検索に引っかかんなくてさ。←どんな言い訳だ
彼女の歌を聞いたのは初めて。一時期「ガールズポップ」がすごい流行ったことあったよね。加藤いづみとか出てた頃ー
あのジャンルのひとだ!と思った。
そしてお顔が可愛い。かわいらしい。ぐれちが「本田美奈子みたい」って言ってたけど、ああいう天使っぽいカワイさだったよ。
あと何かにつけて「ありがとうっ」って言うんだけど、それがまたちょーかわいくて(笑)
肝心のお歌ですが、コブクロ小渕さんがサウンドプロデュースしたっていう曲も歌ってました。結構好きだったけど最後の感想は長い曲だったな…でした(爆)
たぶん途中で何度も「終わり?」と思うポイントがあったからだと思うー

■馬場俊英

馬場さんだけ本編の前に歌う彼らと違って、なんか本編の幕間?にちょろっと出てきて2曲歌って軽く喋って行かれました。
曲は「ボーイズ・オン・ザ・ラン」と「スタートライン」
普通のお客さん的には休憩タイムだったので、座ってる人も多かったけど、コブクロツアT着てる人はみんな立ってた(笑)
私も立ったよ。
ぐれちがしきりに「中田に似てる」って言ってたんだけど、言われてみればそうだなーと思って返事をしつつ、その時はどうでもいいですよって頭の中で歌ってた(笑)
それどころじゃなく嬉しかった、わたしの初ナマ馬場さんー
ギターとか(忘れた…)のサポートさんが2人ついてて、時々コーラス入れてた。
やっぱり好きだ、馬場さんの声質っ。来月のワンマン楽しみだよ。
でもMCっていうか告知があったんだけど、もうめちゃくちゃだったです(笑)。広島も、ツアーできます!ってハナシだったんだけど「来月10月の…」連呼。馬場さん、まだ8月だよ~
そしてたぶん広島の何処って言ってない(笑)
かわゆいひと。


(たぶん、ここから本編)

■SOUL'd OUT(最初普通にSOLD OUTって書いてたよ私…)

なんか表記のどっかが凝ってたよねっ?このひとたち。でもきっとHTMLで表現できないだろうからこのままで(笑)
とりあえず爆音です。隣のブロックにいた小さい女の子がとても迷惑そうに耳を塞いでたのが面白かった。
私はもう、あ~内臓が震えてる…みたいな妙な感覚に翻弄されつつ、きっと私とは相容れないジャンルなんだろうな、って思ってたんだけど、やっぱりそんな感じだった(笑)
知ってる歌ではテンション上がったけども、基本的に街なかで見かけたら撲滅したいタイプ。歌がどうこうじゃなくて、人間模様が(?)ヤッ、ヤンキー的な。
この時の天気がまた曇りだったんだけど「暑いと機材ぶっこわれんだよな~」みたいな。だから晴れんじゃねーぞこんにゃろーみたいな(※言ってない)
あのこ悪ぶってるけどホントはいい子なんだよね。
みたいなキャラだったら愛せそうです。
でもかっこよかった(笑)

■HOME MADE 家族

去年見た時も良い子たちだなぁと思ったけど、↑の後に出てきたものだからよりいっそういい人に思えたよ。同じジャンルだから尚更っていうか。おばちゃん的にはこの子たちのほうがホっとする。
MCでもいいこと言ってたよ~。海みたいだった会場をちゃんと地面にしてくれたスタッフと、悪天候のなかきてくれたお客さんに感謝、とかね。なんてよいこ。
あと去年、コブクロの出番のときもずっと見てて、すごく感動してアルバム買ったって言ってて、それでまた好感度アップw
そうそう、明らかに去年よりコブクロファン増えてたっぽかった。この時も拍手喝さい(笑)
そういえば馬場さんとか竹仲さんもコブクロつながりだけど、何で今回そんなに優遇?されてたのだろう…
ハナシは戻るけど、HOME MADE 家族さん(笑)タオルを振り回す歌もあって面白かったっ!
また会いたいアーティストさん。そういえば来年も呼んで下さいってしきりに言ってたw

■アンジェラ・アキ
ぐれさんが途中からさよたん(※ゆずともだち)に似てるって言い出して、似てる似てないで始終したアンジェラさん(笑)
私的にはこのひと、伊藤かずえに似てると思うんだけどな。
つか、アキが名字って知ってたっ?安芸って書くらしい。衝撃的だったよ。よく両方とも名前ですよねって言われるんだそうな。私そんな基本的な疑問すら抱かなかったよ、今まで。
ピアノ弾くメガネっこだっていう認識はあったけどもー。
病み上がりの私はここらへんでオナカ痛くなって、去年トイレ行っててスキマ見逃しかけたんで、同じ間違いはもうすまい!ってことで、彼女の歌1曲聴いてからトイレ行った。ブロックの端っこ、いい。出やすいし戻りやすい…
知ってる歌1つしかなかったのに、トイレ行ってる間にまんまとそれをやってた(爆)帰ってきたとき最後のほう聴けたからよかったけどもー
あとね、彼女のTシャツが体操着みたいで気になったです。最後のほうではブラ透けてた←おっさん視点←でもぐれちも言ってた
シャツ白いのに黒っぽいのはいかんよ、安芸たんー
あっお歌はもちろんうまかったです。ピアノに砂ついてた(どうでもいい)

■スキマスイッチ
スキマさんー!コブクロについで私の目玉だったんだけど、実は開場前にリハがガンガン聴こえてた(爆)
たぶんほぼ全曲聴いてしまったと思うー;;
セトリバレしたのは勿体無かったけど、でもリハでの大橋君の声が色々聴こえてラッキー★
なんかの曲でしきりに「ピアノがちょっと…」ってダメ出ししてた(笑)なんか和やかだったみたいで、時々笑い声もしてたよ。
かわいい人たちだ…w
セットリスト完全に忘れてたけど、知りたくなったのでスキマ好きさんのブログ探して発掘してきた。

「全力少年」「君の話」「ボクノート」「スフィアの羽」「ガラナ」「ふれて未来を」

だったようです。「君の話」は意外だったな~。でも新曲満載、聴きたかった曲満載ですごいよかったです。ただMC全然覚えてない;
たぶんあんまり喋ってなかったような…全体的になんか、寸詰まりみたいな印象を受けました。ゴスペラーズの時間はそこそこ長かった気がするけど、他アーティストさんは慌しかったような?
あと「ふれて未来を」ではサビのところを歌わせてくれるんだけど、大橋君「適当でいいので!」って言って自分では一度もサビ歌わず(爆)
それっぽいカンジでいいんで!って、私もそんな風味に歌って参加してきました(笑)
あと何かの曲で手拍子細かく打つのが楽しかったんだけど、これ、実はアキバ系男子がやっててね~、ぐれさんが「あっ、これSさん(スキマ好きのゆずっこさん)がエキフェスでやってた!」って言うので、私たちも真似てみたwたのしー!
っつか、やるな、アキバくん…

このへんで私たちの隣の人たちの前に微妙に空いてたスペースに、入口じゃないところから、女性ふたりが急に入ってきた。なんか、女子十二楽坊ちっくな、きれいなふたり。しかも双子か?ってくらい似てたようなー。
私の前にいたひとり参加のお姉さんの微妙に隣あたりに割り込んできたんですけども「ここの席の人ですか?」みたいなことを聞いたのね、十二楽坊に。そしたら笑顔で首傾げてて、この時私の中では日本語わかんないひとに決定(爆)
海外のお客様なのだろうーってことで、そうね、野外フェスのルールもよく分かるまい…教えてあげようにも日本語通じなかろうと、若干ムカつきながらも(明らかに狭いとこに割り込んでる)傍観。
ぐれさんも「えっ?」って思ったみたいでチラチラ見てたけど、彼女は彼女で、十二楽坊が次に出るELTの大ファンって思ってたんだって。
ん~どうかな…?

ちなみに言わずもがなですが、ブロック内ならどこで見てもよいけど、前のほうで見たい人は昼とか早い時間にアツアツのなか並んで、場所をとってるわけです。入口もブロックの一番後ろにしかないし。横から入ってくるのは私らみたく荷物置いてトイレやら買い物して戻る人だけ。
でも十二楽坊は明らかに今来たってかんじで、なんでこんな終盤に…??ってそれも不思議だったのですがー

■Every Little Thing
まさかこの人たちをナマで見る日が来ようとはっ!時々すごーく好きな歌があったので、何となく好きなアーティストさんだったんだけど、ライブ見て一気に好きになった(笑)
もっちーすげえええー!!ww
最近へんな歌い方してるなぁーって気になってたんだけど、黒田君がラジオで褒めてた(?)のを聞いて、そっかー表現者の声なんだ…と考えを改めたよ。ウタウタイさんが言うなら間違いなかろう。
私がすごい好きだった2曲もやってくれたし、何より持田さんの豹変がすごいっ。かっこいいー。
見た目は和製オードリー・ヘップバーンみたいなのだったのに、中盤で急に「みなさんアホになれますか?
ええっ?はいっ?…って、とりあえずみんなノる(笑)
そしたら持田さんたら前に出てきて、

アホになる気あんのか、広島~!」←怒声(笑)

このへんから超盛り上がったですww
たぶん、今回のライブで一番客をうまく煽ってたのは彼女だと思うよ。そして一番、ステージの端から端を制覇してた(笑)
曲があの懐かしの「Shapes of Love」になっても持田さんのテンション明後日向いてる。すっごいヘンな動きで歌っててウケたっ
かわゆいひとなのに…(笑)
盛り上がり絶頂で曲が終わったあと持田さん「Every Little Thingでしたっ、ありがとー!」って去ろうとするんだけど、カメラがいっくんやらサポメンを抜くと、みんな唖然とした顔。
なんだろ…?って思ったら、持田さん「あっ間違えた…」
もう1曲あったんだって。盛り上がりすぎて忘れちゃったんだそう。前代未聞かもしれぬ(笑)
すかさず助け舟を出すいっくんに、持田さん「いっくんはオトナだね…」ってしみじみ(笑)
このコンビネーションも好きだ、かわいくてv
最後の曲は「またあした」でしたが、よかった、これ好きなんだよー。
これもセトリ探したけど見つからず;;
あといっくんは面白いこと別に言ってなかったはずなのに、普通に喋っただけでも会場がウケてた(笑)

で、ELT終わっても十二楽坊ライクなおねえさんたちは去らず、むしろすっごい不自然なスペースなのに座ったー。もう、後ろのカップルの女性の膝の間に腰を下ろす、みたいなムリヤリな感じに;
立ってるときも背中がくっつきそうだったんだよねぇ。
だけど私らの前じゃないし、物理的にジャマになってるわけでもない。ましてや日本語通じない
でもここでぐれさんキレた(笑)
おもいっきり日本語で「後から来たならそれなりのとこで見てください!」って。そしたら十二楽坊ふつうに日本語で答えた(爆)
び、びっくりしたー!ホントに日本人だったんだっ;
なんかそう分った瞬間私も猛烈にアタマにキて「みんな並んで場所とったんでー」みたく言ったら、今度は前のおねえさんも「私たち昼からずっと並んでたので」って応戦。
3人に言われてるのにその人なぜか逆ギレで「じゃあどこで見ればいいんですか?」って;;
あっ、あのねー

ぐれ「そんなの自分で考えて下さい

まさにその通りw とてもすっきりした。
今こうして書いてても何だか謎だ。しかも私らだってそんなに前のほうって訳じゃなかったし(前から3分の1くらいのとこ)スペースが広く空いてたわけでもない;
横入りするくらいならもっと前いってくれ(違)
なんか分からぬけど去り際ものすごいニラまれたので、私も思いっきり睨み返してしまったよ。何で不快な思いをせねばならぬのだ;;
十二楽坊、美人だけど常識ない。
そして彼女らに前に入られたカップルのおとこ、彼女らが消えたあと「あーやっと壁がなくなった!」だって。
壁って思ってたくらいならお前が言えよ!
…みたいなこと思わず口走ってしまった。
てへ。聞こえちゃったかしら(笑)
でもぐれさんが誰かに怒って注意するとこなんて、長い付き合いの中初めて見たから新鮮だったっ。
すっかりおとなになって…。・゚・(ノ∀`)・

■ゴスペラーズ
彼らが出てきて、やっと「あれっコブクロトリなんだ?」って思った。私ぜったい違うと思ってたから(笑)
ていうか願望としてはELTで終わってほしかった。しんみり終わったら寂しいじゃんー
それはさておきゴスさん(仮)も、なまで見る日がくるとは思ってなかったっ、という方々。正直言ってあんまり興味なかった;
やっぱ曲調がおしゃれってイメージがあってね(笑)
興味ないから全然分かってなくて、ぐれさんに色々聞いてみる。
「ゴスペラーズっアカペラだけじゃないの?演奏ついてたっけ?」
「ていうかマイク持ってたっけ
ごめんねぐれち。私本気だった。
そして思いのほかトークが面白かった(笑)よくよく考えたらかなりバラエティ出てたもんねー
歌もすごいし、まさに先輩の貫禄って感じだった!
「ひとり」とか懐かしい歌もいっぱい歌って、最後はアルバム曲だか何かで、今回唯一のシングルじゃない曲だったんだけど、どうしてもここで歌いたかったっていう村上さん。
「タイトルに東京って入っちゃってるんですけど」
ええー(笑)
しかもこの歌、村上さんが派手に間違う。間違うっていうか歌詞がわかんなくなったようで、歌の最中に「ごめんなさい、本当に歌詞忘れちゃった!」
メンバーもこれには苦笑w
しかもソロのところで「眠れそうにない」って歌詞があったんだけど、村上さんアドリブで「歌詞を間違えてしまって、今晩眠れそうにない」みたいなふうに歌ってました。すっすごい機転と度胸(笑)
この他にもほんのりとしたダンス的な動きなどもあって、ゴスさんほんとおもしろかったー★
黒沢さんは低音はキツそうだったけど、高音すごいね~。あと、なんか韓流っぽい(最近こればっかだな私)
そういう系統のオイロケさんだったw
でも私一番声低いひとが好き。可愛い顔なのにあんなバリトンボイスってー。ギャップもえ(もえ言うな)
あとねっ何かの曲のとき、メインボーカル以外が踊ってるんだけど、その動きがこう、腰をクイクイッってするやつでー
それだけでもイヒョウを突かれて面白かったのに(明らかに笑うとこじゃない)私の前にいたおねぇさんがいちいちマネしてて(爆)
ぐれさんと二人必死に笑いをこらえた。

やばい明らかにココまでで長すぎる…
以下はトリのコブクロさん。
■コブクロ

ええーもうトリっ!?早くなーい?とか思いつつ、やっぱりここは母心で迎えようかと(笑)
ただこの時結構いたゴスファンの方々がゴソっと帰られて、だいぶ切なかったです;でも何やらこの後ゴス関係のイベントがあったんだって(ファンの方のブログで読んだ)
だからあんなにゴッソリー。ステージから見えたんだろうな~と思ったらかわいそうになってしまったよ。
間が悪かったということでね;

黒田君今年は破れないようにかふつーのTシャツだったよ(笑)
…小渕君のは覚えてない(お、おまえー)
まあそのうち公式に写真載ると思うのでご容赦をー

セトリ順にプチ感想。

「六等星」
やると思ってた!これ前回、広島ローカル番組のテーマソングとして作ったって言ってて、やってたもんね~。今年もやると思ってたよ。それもたぶん一曲目かなって読んでたので、普通に当たってしまい感動も半減(私あほだー)
去年のサンマリの時点では知らない曲だったんだけど、なんかサビのぐわーって盛り上がるとこだけすごい覚えてて、好きだったんだよ。
小渕君はテンション高すぎるのか、それともテンパってたのか、最後のほうのフェイクがスゴすぎて(でかくてつきぬけすぎてた)黒田君がちょっとだけ「うわっ?」って感じに引いて見てた(笑)

「NOTE」
これ意外とよく歌ってるよね。シングルでもないのにー
嫌いじゃないしむしろ好きだけど、なんか不思議。特別な思い入れがあるのかな?
引き続き小渕君、声を張りすぎてて、野外で気持ちよいのもあったと思うけどホントでかい声だった~
マイク、たまに音が割れてた(笑)

「桜」
去年はこの「桜」で陥落したと言っても過言じゃないです;今年はもう黒田君泣かないんだね~みたいなww
でも私、この時思った。このあたりの私のテンション、フラットすぎ。たぶんツアーやら何やらで散々聞いた曲ばかりだったからだろうねー。ああ、やっぱりライブあんまりいっぱい行くのも良くないな;
感動が薄れることはないはずだけど、私の気の持ちようがユルくなってたー。勿体無すぎる;あの「桜」はあの1回だけだったのにねぇ。

「あなたへと続く道」
小渕君がギターから解放されて自由という名の束縛のなか韓流みたくなっちゃうこの歌(どんな説明)
ぐれさんが「黒田君ソロの時も手を動かしてて気になる」って言ってたんだけど、私この時点では気づいてなくて、あとからワーナーのイベント行った時気にしてみたらホントだったw
でもそういえば私、初めてコブクロワンマン見た時、しばらくはあの黒田君の動き(今は大好物)ずっと面白く感じてて途中までニヤニヤしてたような。ようは慣れなのかもねっ

「君という名の翼」
小渕君いきなり冒頭の歌詞を地味に間違う。「焼き付けられていて」を「映し出されていて」みたいに歌ってたっぽい。もはや本人も気付いたかどうかの域(笑)
あっそういえば私これ初めてバンドサウンドで聴いたんだった!
リオさんのピアノよいね~
あと何かの曲でまーちゃんカッケー!ってずっと思ってたけどなんだっけ。そんな私はやっぱりまーちゃんびいきだよ。なんかあの笑ったときネコみたいな顔になるのがすきらしい。あとお父さんなところ(笑)
そろそろ小渕君も肩の力抜けてきたかな~
なんか、このこマジメなんだろうなあと思ったよ。トリってことで責任重大!!って力んでたんだろうね。売れるスピード速すぎて貫禄がついていかないカンジが好きだ。
黒田君も歌えば歌うほど高いキー大丈夫になってきたね。

「轍」
私ね、ELTやゴスさんの定番曲?聴けてすごーい嬉しかったの。
だからきっと、コブクロほんのり知ってるっていう人はこれ嬉しかったと思うんだよねー。やっぱり歓声も上がったし。
そしてここで自由に動けるようになった小渕君。私が見た時はミツバチみたいに黒田君の周りをくるっと回っていたよ。
かっ、かわいいな!
やっぱりこういうはっちゃけてる小渕君が好きだー
もっと気楽にライブできたらよいよね、今度は♪

(アンコール)

「ここにしか咲かない花」
ぐれさんと二人で「サンマリってアンコールあったっけ?」って半信半疑だったんだけど、ちゃんとありました。しかもわりかし早めに出てきてくれた(笑)
そしてやっぱりしっとり終わるわけですが、後から「あ、広島だからこそこの歌でシメたのかな」って思った。
そういえば私何度も広島に来てるけど「時代の傷跡」は見に行ってないなー。高校生の時修学旅行で色々巡ってショックだったのは覚えてるけど、大人になってからもやっぱり行くべき?
でも相方がたいていぐれさんなので恐ろしくて一緒に行けないです(笑)

ていうか「ここ花」だよ(爆)
去年はこれ聴いて泣いたっけなー。今年だって散々泣いたな、むしろ;今回は泣くよりもなんかとても穏やかな気持ちになっていたよ。
サンマリ終わっちゃうなっていう一抹の寂しさもあり…
夜の野外で聴けることなんてもうそうそうないって思ったらまた今悲しくなってきたです。ううう、好きだー

このあとコブクロがハケてしばらくしてから花火が上がって、しんみりしたテンションがそこでまた盛り上がった(笑)
最近花火好きだ。昔怖くて嫌いだったのにな;


しかしいかんせん大イベントのトリ。小渕君カタいよ~
MCもカタイ。ツアーで散々聞いた(笑)「桜」の黒田の声大好き話と「あなたへと続く道」の謎の解説(私の理解力のせい)
それから「六等星」が広島のTV局「TSS」の30周年記念ってことで作られたという話かな。
これは前回も言ってたかもしれないけど、私覚えてなかった。
TSSさんから「前向き」「挑む」みたいなテーマを貰ったとき、ちょうどそういう歌作ってたからそのまま出した、みたいな話でしたが、勿論オチとかはないのです。まじめな話だから(笑)
あっでも「桜」の話の時、ほんのり面白かった。

「黒田の声を路上で聞いた時、この人はどうして(すごいのに)こんなところで歌ってるんだろうと思って、聞いてみたんですよ。そしたら、家だとオカンがうるさいからって。実家の子は色々あるんだなぁと…」

横で黒田君ハズカシそう(笑)
でも分からない、笑っていいのか分からなかったっ
面白いんだけど、口調が淡々としたままだったんだもんーw

黒田君は台風が近づいてきてたので、

「昨日ね、窓から顔出してフゥッって吹いときました」

台風を吐息で吹き飛ばす男あらわる。
小渕君に「お前何者や」ってツッコまれてた。とんだ巨人ですこと(笑)
ちなみにHOME MADE 家族さんが3人とも晴れ男なんだって。さてどちらの功績かしら。

あとはコブクロが今サンマリ最多出演で、それを追うのがポルノとゴスペラーズさん、っていう話。
ちなみにゴス兄さん(村上さん)には舞台裾で「あっためといたから!」って言われたんだって(笑)
黒田君は「そんなん言うのやめて~!怖すぎる、先輩…」ってフニャフニャw

黒「今日のライブ如何で、次回出演はないかも知れません」
客「え~っ」
黒「!! もっと大きな声で、主催者に聞こえるように…」

お客さんいじりもほんのり。
黒「去年来た人」
客「はーい!」(私らもね)
黒「来年も来る人っ」
客「はーい!」
黒「来ない人っ!」
お客さんまばらに手を上げてる。お約束どおり(笑)
黒「ちょっと、ここ上がって話ししようや。もう、何で来ぉへんのか時間いっぱい話しするから

これを2回繰り返して3回目は二人で「もうええよなっ」って止めてた(笑)

それから30周年記念の話題の時に、黒田君が珍しくマジメな話に首を突っ込んできた。

黒「せやな。オレらもちょうど、来年30才やし」
小「そうそう……?」
(間)
コブクロ「関係ないやぁーん!」←すごい息ピッタリ

黒「オレかってたまにはええこと言いたかってん…!」
小「でも関係ないやろ」(笑)

小渕君は最後のほうで、会場ぬかるんでて足跡いっぱいついてるけど、ここをさら地に戻して(セット壊して)しばらくは足跡残ってると思うんで、来年、まだ足跡残ってるうちにまた来たいです、みたいなことを言ってたんだけど、これがまたよく分からず(笑)気持ちは分かるけど、そんなに長いこと残ってるだろうか…とか、要らぬツッコミ入れまくってしまったよ、あとからw
最後の最後までカタイこぶちなのでした(わんこ)
…いや好きだよ、そういうとこっ!(笑)
分かるよ、分かる。O型って普段アホアホだけど、マジメなときはすごーいマジメなんだよねっ。そんなどうでもよいフォローを入れつつこんなカンジでレポれてるんでしょうか;
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1596-0b1fb873
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。