凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コブクロ】「蕾」さいたまスーパーアリーナ初日

2デイズなので主にMC中心でレポります。
ていうかほとんどMCばっかりになる予定(時間ない)
その前に軽く日記。

今日の相方はぐれさん。何気に今回のツアー一緒に見るのは最初で最後だったりするよ。
んで別の席で見るSさんをお誘いして、早め集合でオヤツ食べることに。とはいえ私は例の如く朝昼食わずで出てしまったので、オヤツどころかガッツリオムってやりましたよ。
写真撮ろうか迷ってやめたんだけど、すごくおいしくなかったので撮らなくてもよかった。私がオムに厳しいわけではないと思う。自分が作ってもウマイと思う程度の味覚なのでな。
でもフードコートだったからすごく安かったよ。450円。
ありがとうよ。ポッ●…

Sさんはゆずからのお友達で、ぐれさんもゆずからなんだけど、3人集って話したのは主にスキマスイッチのこと(笑)
ことにSさんが今ものっそいスキマにモエモエしてらして、コブクロライブ前なのにどうしよう!って心配してたよ。
で、どうなったのだろ(帰りは会ってない)

そして今日のお席はミラクルゲッターぐれさんのおかげで、さいアリには何度も足を運んでいるけど、初めての300LVでした。
…想像よりステージ、遠!やっぱりデッカイ会場なんだねー;
でも、3列しかない300LVステキでした★
椅子が映画館のヤツに近くて(あんなフコフコしてないけど)肘掛ついてるし、前が前列の椅子じゃなくて、低い仕切りがちゃんとついてて、そこにドリンクホルダーの穴がついてる小さなテーブルがついてるんですよ。タオルとドリンクを優雅においてみた(笑)
あと、すぐ上に400LVがあるので、屋根みたくなってる。立つと結構天井が迫ってくる感じで、黒田さんは300LVの高さにはおさまらないと思うよ(・∀・)
しかもそこに小さい照明がついてて、ウェーブのときに点灯してビックリしたw個別操作なのね。
あと、使われてなかったけど、300LV様用(笑)のテレビみたいなのが、天井の方に等間隔に設置されてた。
こんな説明でわかるだろうか…
ちなみに私らは全3列の3列目です。ぐっ、ぐれさん!(笑)
しかも私と連番なのに、入口の番号が違うの。何でだろう?って思ってたら、2つある入口のまさにド真中の席だった;
そんなことも含めてレアなチケットだったです。
私たち遅めで行ったからお客さんみんな座ってて、人を避けるようにして席まで入ったんだけど、ぐれさんが先に入ってお母さん(仮)のペットボトルをなぎ倒し(笑)
私が「あーあー」って感じで、ことさら注意しながら入ったら、やっぱりそのお母さんの何かを落としてしまった;;
お母さんも私も思わず吹いた(そして平謝り<私が)

すぐ後ろは壁で、囲まれてるゾーンだからなのか、めちゃくちゃ暑かった、終始。なのに帰り道、参加者と思しきお姉さんが「途中寒かったー」っておっさってたよ。
みんなライブ中あんまりうちわパタパタしてなくてエライなーと思ってたけど、基本涼しかったんだろうか。

うちわじゃないけど最初の方で思いっきりサイリウム振ってる人がいてドンビキでしたよ。何がドンビキって、あんなに広い会場の、あんなに遠くにいるのに、あれほどハッキリ見えるとは;;
アリーナCかDのうっかりさんだとは思うけど、でもあの会場で(私らの席から400LVは見えないけど)サイリウム使ってるのがその人くらいだったのも逆にすごい話だよね。みんなお行儀よい(笑)
やっぱり、いろいろ計算されて作られた照明の色などおかまいなしで、蛍光グリーンがピヨピヨしてたら、照明さんが可哀そうだよね;;
だけどアーティストによってはサイリウム必須のときもあるんだって。私はたまたまそういうアーティストにはまらなかったから、ジャニーズ以外は持ってこないのが当たり前って思ってたけど、そういうアーティストさんからハマったら持ってきちゃうかもねー。
それで警備員にしかられたらエエェ!?ってなるよね;

お行儀といえば、300LV最前列のお姉さんが靴脱いで、両足を目の前の柵(ドリンクホルダーついてるとこ)にのっけてたよ。
や、野外フェスか!(・∀・;)
十分オトナの方だとお見受けしましたが(私と同じか若干下?)性別とか年齢関係なしでダメだろうー;ライブじゃなくても、道徳的というか…だめでしょう。アンコールの曲頭にもちょこっとのっけてて、コブクロに足向けてる状態だった(笑)。おっお母さん許しませんヨ!
でもその人が300LVで一番熱烈な人で、彼女のおかげで黒田さんのイレギュラーなおうた(尾崎豊)が聴けたのではないかと思うよ。
なんてこと書くと300LV人少ないから「それ私です」って人が現れそうでドキドキするんだけど(笑)
もしそうしないといけない事情があったなら仕方ないと思うけども。ひざが悪いとか…でもあんなにしたら膝痛くなるか;

そんな300LVの他の人たちは、ステージからも遠い&微妙に隔離されてるので、なんとなくBE COOLです。はっちゃけてる人が少数すぎて、私最初からウェーブんときまでずっと座ってたよ(ほとんどみんな座ってたので)
けど、ものっそい立ちたい!!とも思わなかったので不満でも無く、むしろ座りすぎて背中痛くなった(爆)

そんなこんなで「今日はオレらイケてるみたいやで」って黒田さんも言ってらしたオモシロMC、がんばって思い出してみますよ。
とはいえ帰りの電車の2時間弱で覚書ばっちし?作ったのでだいぶ楽ちん。
OPSEのチュンチュンがいつもよりでかく感じて、いきなりちょっと吹きそうになる私(笑)
そんな中サックリ出てきたコブクロさん。
小渕さんは相変わらずワッペンペタペタで、黒田さんも同じような黒っぽいシャツ着てたんだけど、心臓のとこにワッペンがついてて(笑)もとからそういうデザインなんだろうけど地味にウケたです。
小渕さんが勝手につけてたら面白いのにー。メンバーの服に勝手にどんどんつけてたらいいのに★
…ポルノの晴一さんならきっとやるだろうなw
黒田さんは珍しく?真っ白なパンツ履いてたよ。
あと、黒田さんのシャツの袖には白っぽい切り替えのフチ?がついてたんだけど、小渕さんに「カーテン切って足してきたの?」って言われてた。
黒「アホかっ。カーテンこんなに切ってもうたらうちの家丸見えやないか」(笑)


しょっぱなは二人とも声をそろえて「埼玉ー!!
今思ったけど、二人が埼玉!って叫んだの初めて聞いたよ(笑)。名古屋とかは前のツアーやDVDで聞いたことあったから何も思わなかったけど、妙に違和感あったように思ったのは初聴きだったからに違いない。
そういえば最初に参加したライブでは「厚木ー!」って叫んでて、すごくフシギな気分がしたものだ。←むかし厚木でめっさカラオケしてた

んで、何人入るの?ってみんなに聞かれて「16000くらいじゃないかなー。フルに入れたら2万人入っちゃうらしいけど」なんて言ってたんですが、なんと19000人入れちゃったようですよ(爆)
えぇぇえええーっ!?
しかも普通に立ち見まで居て、まさにどんだけー(・∀・)
二日で38000人ってことだよね。
そりゃ関東2公演しかやってくんないわけだよ。←言わせてくれ。
今回のツアーで関東の集客にもさらに自信を持って、次はもうちょっと公演数増やしてほしいです。今のコブクロなら横アリなんて楽勝なのではなかろうか。ぜひ、ぜひ横浜ー!って叫ばせて。そのために横浜市民になって待ってますゆえ…アタイ本気だよ!

自分のキャラを見失った。

黒「今日ここにいる人たちはすごいんですよ!」
客「???」
黒「今日が何の日か知ってる?サマーソニックですよ!」
今日ここにいるお客さんはアヴリル・ラヴィーンよりコブクロを選んだスゴイ人たちだって。そ、そうか!
黒田さんも昨日Mステでアヴリル見て、サマソニ行こうか迷ったらしいよ(笑)。よかった、埼玉に来てくれて。

そんな19000人のお客さんに向けて、小渕さんは何度も「コブクロ最大級の会場」ってコトを口にしてたんだけど、最初の方でいきなり「コブクロ最大級の埼玉のツアーがいよいよ始まります!」って言ってたよ。ツアーて(笑)
そこのオカシサには気づかなかった小渕さん、さらにやっちゃった。
「アンケートもちゃんと1900枚用意してますんで」
からっきし足りてないです、主任!
小渕さんすぐ気付いて「またやったー」ってがっくりw
そういうちょい抜けなところがかわゆい。

かわゆいで思い出したけど、黒田さんに「髪切った?」と訊かれた小渕さん。確かに前髪短くて、ちょっとパツン感が。だけど長すぎるより全然いいよー。さわやか、さわやか。

小「僕ら同じ人に髪切ってもらってるんですけど、似てません?
黒「えっ、ほんま?あっ、ほんまや!」

二人してマッハで後ろ向いてスクリーンで確認しようとしてた(笑)

・どんな空でも
「♪君も、君も、君も、おいでよ」って歌う最後の方の「君」が重なるところ、コブクロさんのどっちかわかんなかったけど、ひとつ「君」を落として先に「おいでよ」って言いそうになってた(笑)
そして私、この歌って「ザックリしてるなあ」って思ってたんけど、私も今ざっくりと不安だったらしく、その具体的じゃない「どんな空でもいつかは晴れる」っていう歌詞がものすごく染みたー。
初めてこの歌で泣きそうになった。まさに私の今の心境にピッタシだったようだ。何やらすっきりした…。

・轍
すごーく遠くに感じてたけど、花道で見た黒田さんはデカかった!
それこそ遠近感あんまりない(笑)
小渕さんは普通に小さかったよw近づいても遠のいても小さい…。ほんと、黒田さんがデカすぎてみんながあまりにミニマムに見えておもろいです。ハマゲなんて155センチ程度にしか見えない(=私くらい)
あとひっさびさに二人が1本のマイクで歌ってるとこ見たよー
微笑ましかった。
なんか全体的に「サービス精神旺盛だな、いつにも増して」って感じだったよ。いろいろわだかまりもあったけど(コブクロ悪くないけど。笑)もういいや☆って吹っ切れたー。

・君という名の翼
今回はこれの歌い回しも結構変えてるような。主に小渕さん。そっちに(音)いくんだーって毎回斬新です。
今日はちょっと声がかすれて高音部しんどそうだった。そういえば黒田さんもかれ気味だったけど、明日は大丈夫かな?
あとぐれさんも言ってたけど、これの手拍子って全拍打ったほうがテンション上がるー。ap fesの時そうだったんだよね。
でもいかんせん黒田さんのリードに合わせるのでそうもいかぬ。
そんな話をぐれさんとしてて、あの黒田さんの肘をたたく手拍子(?)が全拍だったらおもろいね、つか変かもwって結論に(笑)
手拍子といえば、やはりさいアリでかいです。私たちのとこと、ステージと、音の伝わる速度が違うから手拍子が反対になる(爆)
ステージ上でまぁちゃんとかがお手本見せてくれるように打つじゃないですか、手拍子。どんなに曲に合わせても彼らとは逆になる罠;;
しばらくの間、私今更裏打ち?!ってドキドキしてたよー。

ここでメンバー紹介です。
やまだマン、初めてあのアミアミじゃない普通の服だった!私が見たときたまたま全部アミだっただけなのだろうか。
あとまぁちゃんはドラムセットから出て前に出てきて、小渕さんが差し出すマイク使ってた。
よっしーは最初、あっまたアボガド色のシャツ着てるーって思ったら、あの色+なんかすごい模様ついてたです。ナミナミ。
ハマゲは相変わらずかわいいっぽかったよ!←未だに顔をちゃんと見分けられてない。
コブクロライブは、バンドメンバーのあとに「そして会場を一緒に盛り上げてくれるお客さんです!」って私たちの紹介もしてくれるのがうれしい。

小「そして、身長の高さでギネスに認定されなかった黒田です!」
黒「?」

何でイキナリギネスなのかというと、今まで世界最長記録は230センチくらいの中国の男性だったんだけど、今回さらにでかい260センチ近い男性が記録更新したんだって。

小「そのさらにでかい人はね、今までギネスに載せること辞退してたんですよ、そんな器じゃないからって」
分からない…(笑)
小「せやからな、お前もギネスから話が来たらオレに言え?断ってやるから」
黒「あの、何の話してんの?
小「その人は影で苦労してたんやって。せやからな、お前もギネスに載るようなことがあったら全然、オレに言ってくれていいから」
黒田さんが私の気持ちを代弁してくれた。

黒「ごめん!わからへん。お前しょっぱなから何を言うてんの?
書き起こしてみたけど、やっぱり意味が分からない(笑)
私もその記録更新のニュースは見てたからソレはうれしかったけども。
迷子になる黒田さんのことを小渕さんが「193センチになりました」って、日々成長してる赤ちゃんみたく紹介してて面白かったです。

黒「193いうてもどのくらいか分からないと思うんですけど、今をときめくダルビッシュ君くらいです」
おお。出会って3か月で妊娠3か月だっけ(゚∀゚)
客「小渕さんはー?」
小「ボク?身長?168.3ジャストです★」
黒「ジャストじゃない(笑)」

今度はお客さんのことを教えてくださいという流れで「どこから来ましたか」のコーナーなのですが、黒田さんがいきなり花道に出てきたー。
もちろん花道周りのお客さん大興奮。

黒「スンマセン、小渕に興味なくても一生懸命しゃべってるんで聞いてやってくださいw」
小「ちょっと、黒田君やめてくれる?オレそういうのリアルにヘコむタイプやねん…」

小渕さんが進行する中、黒田さん「あの、戻っていいですか?ここにおるとめっちゃお客さんに話しかけられる!『オレ大阪、大阪から来た!』って」
そんなわけで定位置に戻った黒田さんと一緒に再び「どこから?」
意外なことに、埼玉よりも東京・神奈川の人が多かった模様。私とぐれさんもまさにそうだ(笑)
ていうか「神奈川の人ー」って今回のツアーで初めて言われたからそれだけで嬉しかったっ。
あとなぜか小渕さん「栃木」だけ訛ってて、自分でも「栃木だけ訛ってるけどね!」ってさらにすごい抑揚(訛り)で言ってた。文字で表せないけどたぶん宮崎訛りなのだろう。

上の方に書いた足投げ出し女性がすごいでかい声で「おおさかー!!」って言ってたけど、そんなに大きな声でもさすがさいアリ。聞こえないのか、それともあえて見極めたのかコブクロさん拾わず。
拾われた限りでは北海道の人が一番遠かったのかな?
あとはまあ、特に何も起こらず(笑)

小「…オマエ(黒田)何してんねん!ボケーっとして」
黒「飽きてきた~

そういえばコブクロのライブ初めてっていう方が結構多くて、私の隣の女性もそうだったです。旦那さまといらしてたようで「お母さん」って感じの年頃の方だったのですが(私の年代のお母さんじゃないよ)時々タオルで涙をぬぐってらして、私それでもらい泣きしそうになった;;何度も;
しかも立ってみたらすごく小さくて、かわいらしい人でした。よかった、隣がむちゃな人じゃなくて(笑)

・君色
新曲の中では好き度が低いはずなのに、私新曲の歌詞を何か思い出そうとするたびにこれの冒頭が真っ先に頭に浮かぶんですが(笑)
なんだろう、実は好きなんだろうか。イントロもたぶんこれが一番記憶に残ってるー。

・赤い糸
このテの恋愛を全くしてない私は(もっとずさんなのはそれなりに。泣)どうもこういうのにシンクロできないー;
でもサビのメロディがものすごーく好きなので、最後の方繰り返しになるところからめっさ集中して聴いてる←遅
もうあの部分だけでいい!と思うほど好き。

・桜
・COIN

ここで次曲の「水面の蝶」の曲説なんだけど、私またしても何度聞いてもよくわからないマジックにハマってるです。
たぶん前々回のときの「NOTE」の曲説のときくらいわかってない;;
キーワードはいくつも覚えてるのにー。

・水面の蝶
名古屋のときも思ったけど、照明変わったんだよね?最初の演出なくなっちゃったんだー。
何か不具合でもあったのかな…すごく好きだったんですが。←って言いながら毎回ビクッ!ってなってたけども(笑)
あと、5公演目にしてやっと気づいたんだけど、サビのところ小渕さんとよっしー(かな?)で上下ハモってるんだね。
下ハモに今日気づいた。ますますグっときたし、なんか黒田さんの歌い方変わった気がする。
スッゴイいい声になってたー!!テンション上がった。
「羽の折れた蝶が」のところ「羽の」って歌ってたけど、前普通に歌ってたよね?その小さい「う」がすごいツボった(笑)

・ここにしか咲かない花
・WHITE DAYS
・夢唄
・蕾

蕾の曲説で小渕さんが今回もお母様のお話をされていました。
関係ないときにいきなり母の話してしまうことがあって、なんでかな?と思ってた、とのこと。
今回のツアー中では、蕾を歌いだすと、どんなに喉が痛いときでも不思議と声が出るようになって、そういう時は近くに母が来てくれてるんじゃないかって最近思うって話してて、またそのMCで泣きそうに。
もう目線が子供の成長を見守る人みたいになってた私;;
だから、関係ないときに母の話をしたくなるのは、近くに母が来ているからかもしれないって考えてるようになって、脈絡に関係なくても、話したくなったら止めずに話すようにしている、というお話。
亡くなってからの方が不思議と近くに感じられるんだって。

歌については、今回も黒田さんのこと話してて、蕾の歌詞を最初に見せたとき、とある二行に線が引かれて「ここはいらん」って指摘されたんだけど、その二行っていうのはずばり、小渕さんが使うか迷った歌詞だったんだって。タイアップとか、原作があることを考慮して入れた歌詞だったんだけど、そこを見抜いた黒田さんすごい。
「もっと小渕の思ったことを歌詞にすればいい」みたいなことも言われたそうです。

小「迷いを一番に察してくれた最高の相方です」
黒「………最高の相方の江守徹です」←モノマネ

そうきたか(笑)

この後小渕さんが「中尾彬です」ってやって「(江守徹と)同じ声やないか!」ってセルフツッコミ(笑)
でもこの中尾彬似てたよー!!
江守徹は分かんなかったけどw

黒「で、昨日なにしとったん」
小「昨日は埼玉にもう居て…部屋で曲作ってた」
黒「部屋でキョクッ…テタってなんやねん」←何やら卑屈キャラ(笑)
小「そんなふうにいうてないし。黒田は作ってんの」
黒「作ってない…」

同じこともう一度繰り返してて、またしても「曲作ってた」をイジる黒田さんに対して小渕さんの正論が。

小「この作業なかったらコブクロ前に進まれへん
そして再び「曲作ってんの」と聞かれて「そういうのはちょっと…まだ」って歯切れの悪い黒田さん(笑)
「なんでそんな分が悪そうにすんの」って小渕さんの逆襲(・∀・)

黒田さんは東京で買い物してたんですって。
洋服買ってたという言葉に、小渕さん「巨人サイズの店やろ」
黒田さんはそういうお店には行かないし行きたくないんだって。

黒「ダボダボの服イヤやねん!ピッチピチの服オレも着たいねん!」

巨人サイズのお店(笑)横幅もでかい服なんだねー。
そして「おっきいサイズ扱ってる店見つけたとき、教えてくれるのもやめてほしい!」という黒田さん(笑)
さらに注文が。

黒「オマエよー、俺が行った店に行くな!」
小「知らんし!」

とあるショップでシャツを選んでて、お気に入りを見つけて店員さんを呼び「これサイズありますか」って聞いたら「ありますよ」とのこと。
しかも「こないだ小渕さんがこれの赤いの買ってましたよ!」
黒田さんはもう「ハハハッ…そうですか~」(引き気味)としか言えず。

黒「何で相方と同じ服の色違い着なアカンのや…」
小「何でよ!そこは嫌がるなよ」
黒「あほか、イヤや、確実にイヤやろ!」

もう、その時小渕さんが同じ店の中にいたらどうしよう!とビビったらしい黒田さん。
そこからまた話が転がるー。
小渕さんは、一度街なかに出るとものすごく見つけにくいらしい。
黒田さんいわく「森の妖精くらい見つからない。エッ?実在すんの…くらい」だって(笑)
新潟でライブをした時に、小渕さんが前乗りしてラーメン屋さんに行ったんだって。コブクログにアップするための写真撮ってたりしたので、40分ほどいたらしい。
で、店員さんにはやっぱり気づかれなかったんだけど、実はここの店主が大のコブクロファン(爆)
翌日のライブも見に行ってたほどのファンなのに、気づかれない小渕さん…すてき。
しかもそれ、公式の掲示板に店主の方が書き込みして発覚したらしい。「気づかなくてすみませんでした」みたいな書き込みだったんだって(笑)

小「…俺の見つからない加減すごいやろ」←ちょっとさみしげ
黒「ホンマ見つからへん。街で見つけたら何してやろう!と思うw」
昔の「小渕YELL歌え~」みたいなコトだろうね(笑)

あと昨日したことの中に、NHKの尾崎豊特集を見てたって小渕さんが言ったら、黒田さんものっそい食いついてた。

黒「うそっ!オレも見た!おまえも見たんやぁ~」
小「うん」
黒「…ゆうても特に広がる話やないんですけど(笑)」

とかいいながら広がったよ★

黒「お前、尾崎リアルタイムで見てた?」

尾崎豊をリアルタイムで(お亡くなりになる前)見てたのって、黒田さんいわく自分たちより3つ上くらいの人だろう、とのこと。
私がザックリ1つ2つ上だから、まさにストライクゾーン(?)
CDちゃんと聴いたことあんまりなかったけど、中学校の時ラジオで「LOVE WAY」流れてて、それで初めて尾崎豊を知って衝撃的だったのを覚えてるよ。この歌ホントすごい強烈。もう15年くらい聴いてないハズなのに今でも鮮明にサビとか演奏覚えてる;

黒「オレずっと、今だけは悲しい歌聞きたくないよ、やった」

尾崎が1番悲しい歌やったけどな…って、うますぎて逆にウケない黒田さん。
これ以外にも「ロックンロールの3つの条件」だっけ。それを尾崎さんの声マネで語る黒田さん。

1.ロック歌うと悲しくなる
2.でもそれはロックが癒してくれる

黒「あれっ?これやと2つしかない。まあ俺が勝手に考え付いたことやけど」

これもまたなんか妙に尾崎さんが言ってそうなことだったから、よく分からぬうちにまたスベる黒田さん(笑)
しかも黒田さん「あとはよろしく。スベったときは知ーらへん!」って小渕さんに委任。

小渕さんも尾崎豊特集には感銘を受けたそうで、実は私もこれたまたま途中から見てたんだよー。確かにスゴかった。

小「普段は『こんばんは~』って入るんやけど、昨日尾崎見たから『こんばんは…コブクロの小渕健太郎です(マネ)って言いそうやった!」
黒「そしたらオレも『ロックンロール!』言うてた」
二人で尾崎のモノマネをしつつ、
小「何で自分も尾崎やねん、尾崎2人もおるやないか」(笑)
小「お前は同じ尾崎でもジャンボ尾崎や」
黒「!!イヤやー後ろ髪長い尾崎はイヤや…」

イヤがりつつも「I LOVE YOU~」って歌いながらゴルフのスイングする黒田さん(笑)
「今だけは悲しい歌」でドライバー振り上げて「聞きーたく、ないよー」ってショットして、さらに飛んでったボールを見送る芸の細かさ(笑)
小渕さんめっさウケつつ「何でI LOVE YOUやねん!もうちょっと違う歌にせぇよ」ってナイス振り。

黒「この支配か・ら・のっ(振りあげ)卒業~!(打)」

小渕さんも乗っかって「入学!」「退職!」
黒「何でロード第三章みたいになってんねん」

尾崎ネタつながりでまだ続く。
野球部だった黒田さん。こわーい先輩に「黒田ァ、歌え」って命令されて、最初の二ヶ月間を北の国からのテーマでしのいだそうな。
監督からノック受けてるときにも「歌え」って命令されて、

黒田(高校生)「ラーラ~ラララララーラ…」
監督「ふざけてんのか
黒「ふっ…ふざけてないです!(泣)」

んで先輩に「飽きた」って言われてから、仕方なく今度は尾崎豊の「I LOVE YOU」を怖い先輩の前で歌ったんだって。
そしたらものすごい荒くれ者(先輩)たちが何か、ちょっと泣いてるー!?
黒田さんはその時初めて「歌手なれるんちゃう」って思ったんだとか(笑)

黒「自分そんなんないやろ、どうせ文化部やろ?」
小「うん、帰宅部
黒「あのな、それ部活動やないから。ただ帰ってるだけやから」
帰宅部の活動は家の方向を念入りに確認してから帰ることだったらしいよ。
小「ヨシ、家はこっちで間違いない。では、帰ります」
黒「オトナすぎる
しかも口調がサラリーマンだったんだよね(笑)

客「尾崎歌ってー!」
黒「しゃあないな…ラーラ~♪
小「今の流れは『北の国から』ちゃうやろ!オレ思わず薪くべそうになったわ」
お客さんはまだまだ食い下がるよー。拍手も起こっちゃうよ。
黒「絶ッ対歌わへん!そういう空気ちゃうもん…」
客「歌って~!」
黒「…ギター持ってきて、弾いて」

おおおー!!
小渕さんがギター持ってきて、しかもちゃんと歌い出したら(笑)照明もいい感じに絞られた。

「I LOVE YOU 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」

すごーい!すごい!!うまい!(当たり前だけど)
モノマネじゃなくて完全に自分のものにしてるのがさらにスゴイ。
みんなも思わず「おぉ~」って感嘆。

「I LOVE YOU…●△×◎*~♪」

もうね完全に韓流。
ギャップがスゴすぎてめちゃくちゃ笑った(・∀・)

小「…お前スゴイな!オレ、どうするんやろって思ってた」←私も思ってた
黒「オレもな、このまま歌いきるか、やめるか、韓流か、めっちゃ迷った。もう、どうすんの、どうすんのオレ!ってオダギリジョーさんバリに迷った!」

そんなやたらノってる黒田さんですが、どこかでボケたのに小渕さんにスルーされ、思わず。
黒「何でツッこまへんの」
小「はしゃぎすぎやから、そういう子はほっとこうと思って」
小渕さんが急におにいさんに見えた瞬間。

会場があったまったところで(笑って余計暑い)恒例の「コブクロドットコム!」って叫ぶコーナーですよ。
アンケートにペンがついてて、三菱鉛筆太っ腹!みたいな話題から、同じく協賛の日産の話に。

黒「日産さん…でええのかな。でも日産やとエラそうやしなー」
黒田さん、三菱がボールペン入れてるのにひっかけて、
黒「日産のキューブも一部入ってるらしいで」
小「えっ?なにが」←天然ボケ殺し

外に車(サイン入りキューブ)が置いてあるから、ドライブ行こうって小渕さんが言ったんだっけ。
黒「せやったらオレ、鹿やる
小「お前が鹿やったらオレ免許ないしドコも行かれへん」
黒「あのCMのアフロのひとな、違うってわかってるのにスキマのアフロの人って思ってしまう…」
って、またネタにされるスキマさん(笑)
なんか最近急にスキマスキマ言い出したけど、なんか連絡とってるのかな?あやしい(゚∀゚)

黒「あれやろ、あれやらんと…」
小「アレって」
黒「ダンス…ステップ踏んでもらうの」
そんなんしたことないから(笑)
そして小渕さん、トシちゃんの「抱きしめてTONIGHT」のイントロを口ずさみながらステップ。す、すごい引き出し開けた!(笑)

そんなこんなしつつウェーブですよ。
いかんせん会場が大きいので、うまくいくか不安。

黒「ハマゲ。悪いけど今あそこ(スタンド)行って、ウェーブに合わせて走ってくれへん?ついでにギターソロもやってきて」
って、ハマゲに対して妙にジャイアニック(ジャイアンぽい)な黒田さん(笑)

とりあえず始まったウェーブに、小渕さん当たり前のように「抱きしめてTONGHT」のイントロをBGMに採用。
小「ターッターッタタッタターター…♪」
ひいいなんだこれー。

小「なーやみごーとかーくすの、案外へーただね♪」

歌うのかと思ったらそのあとすぐまたイントロ。
歌詞分かんなくなったってあとから言ってたけど、何で「兄弟船」ん時はフルで歌えてたのだろう(笑)

ハコのでかいウェーブは、スタンドの最後でかなりずれて時差が起きてたほど。こんなの初めてだー。やっぱりスゴイ人数だな…
そしてコブクロドットコム!の写真は黒田さんが撮影。
黒「連射モードで撮りました」(笑)

・ストリートのテーマ
・月光
・LOVER'S SURF

・神風
このあたりで黒田さん、なんと花道の先からヒョイっておりた!
びっくりしたー!でも警備員さんはもっとびっくり。すごいよく見えたんだけど、めっさダッシュして駆け寄ってらしたよ(笑)
でも間に合わず、アリーナの人がブワァって通路に出てきちゃって、黒田さん一瞬にしてガリバー状態。
会場がデカかったので、たぶん後ろの方の人の近くにも行ってあげたいって気持ちがあったんだろうな。
「ドットコム!」のときも小渕さんを促して二人でそれぞれ花道の先でしゃべってくれたし。やさしいー。
でも結局左右の花道でお客さんに阻まれて、3歩くらい歩いただけで身動きとれなくなりそうになってた;;
そうだよね、あんなふうにそばに来たら飛び出しちゃうよね。
でも私はきっとそういうのできなくて、見知らぬ横の人に邪魔がられるタイプなのだろう(笑)
時々人生やったもの勝ちって思うんだけどね。
ちなみに小渕さんは下りなかったんだけど、降りたら登れなくなるからかな?ってぐれさんと話してた。だって結構な高さあったよー
黒田さんはこれまたヒョイっと乗ってて、さすが193センチ!でした。

・彼方へ
上で慣れないことをしたせいか、黒田さん歌い出しの歌詞が完全に分からなくなったらしく、それこそまた韓流のように(笑)
ちょっと違ったコトした後って大体歌詞間違えてる気がする。そういうところが好きだよー。

(アンコール)
今まで花道から登場してたのに、今回は正統派に出てきたよ。

・DIARY
・風見鶏

何がスゴイかって、どんなに大きな会場でも、遜色なく「風見鶏」のマイクオフの歌声が聴こえてくる。手拍子がずれるようなさいアリすら。
すごーい。しかもいつもより小さく感じる…ってこともないんだよ。絶対今までで一番遠かったハズなのに。
その静かなタイミングで嗚咽こらえてる人がいて、もうその気持ちイタイほどわかる!と思ったよ。
私も城ホでおなかのグーだいぶこらえた(そして敗北)
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1578-7b348a2f
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。