凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コブクロ】「Way Back to Tomorrow」広島グリーンアリーナ

もうほんとうっかり2ヶ月ほど前のライブのレポなんですが(書いてるのは11月末)
せっかくホンノリ覚書があるので勿体無い!ってことで、ライブの終盤も終盤、初心に帰ってみようと思うよ。
この広島ライブを見たあと、市内一泊してから因島へ渡り、またここで満喫しすぎちゃってさらにライブの記憶が薄らぐ罠;;
あまりに楽しすぎた…

ちなみに相方はいつものぐれさん。NAMELESS WORLDツアー初日の時は「遠征まではしないけど」ってゆってたのに、気付くとうっかり中国地方ですよ。怖いですね、ライブってv
旅先ではバッタリ今ちゃんに会ったり、ごま。ちゃんにも会えたり、道の途中で全くもって偶然にたにかなちゃんと会えてあまりに嬉しかったのでそんなキャラじゃないのに抱きついてみたり(笑)
…あとの細かな記憶は脳細胞が死んでしまって覚えておりませぬ。
っていうかもうどの記憶が広島か分からない(笑)
けっこう同じメンツにあちこちで遭遇した気がするのでw

今回の会場はゆずでも一度お邪魔?してた、広島グリーンアリーナです。前回会場の入口が分からず、ななさんと散々迷子になったのに、今回は何か知らぬ間にたどり着いてた;
ホテルが平和公園の近くだったんだけど、ライブ前に平和公園を突っ切って、原爆ドームの横を通ったりして、ちょっと厳粛なキモチになったりもしましたよ。
でもなんであんな場所でイチャイチャするんだろう、海外からのお客さま(爆)

そしてお席は、色々なご縁があってわりとギリギリに前の方のチケットを譲って頂けて。譲ってくださった方に身内の不幸があったからなのですが、そういう事情だったのでなかなか書けないでいました;
そんなふうに巡ってきたチケットですが、奇遇にも私が初めて見たコブクロワンマンライブと同じ、7列でなおかつまた黒田君側!
なんかヘンな運命?を感じてしまいました。
しかも行くまで知らなかったけど(初日だしね)花道が左右に伸びてて、私たちの席はそこに結構近かったんですよ。
しかもソレが花道だって、ライブ中に気付くぐれさん(笑)
私入ったときから気付いてたから、そのリアクションがすごい面白かったw
OPはNAMELESS WORLDの時ほどは印象的じゃなかったんだけど、神秘的なかんじでした。
衣装は小渕君が赤系チェックに黒インナー、ネックレス、そしてブーツはジーンズにインですよ。
黒田君は忘れちゃったけど、小渕君に「軽装やな自分」って言われてたくらい簡素な出で立ち(笑)
白シャツにジーンズくらいの。
外山さんが「俺もズボン中入れブーツ買おうかな~」って言ってたらしい。ズボン中入れってー!と勿論そこにすごい食いつくふたりw

そしてツアー前、やっぱり一曲目ってなんだろ?って色々考えてたんですよ。私は「宝島」かなって思ってたのです。
「君という名の翼」も考えたけど、色々なイベントとかで結構一曲目になること多かったし、ベタかな…ってことで除外してたらこれ。

・君という名の翼
なんだっ?!ウラのウラをかいた、みたいなこと?(笑)
でもまあ「桜」から始まるような奇想天外さを求めてたわけでもないんでねっ!w
だけど一曲目でいきなりのハイトーン、さすがに黒田君も苦しそう;

・潮騒ドライブ
真っ先に思ったのが、これファイナルの12月まで歌い続けるのかな…ってことだった(爆)
ビバ、季節感皆無。
正直、初聴き(去年のサンマリ)は実を言うとこれ、私的にはイマイチだった;でもそれは歌自体のテンションの話であって、参加してみると結構楽しいっ。
嬉しそうにこっち見て手を振ってる(笑)ふたりがかわいい。なんか愛情深まったんだなあ、と思った<自分

・YOU
あのねー
黒田君トナリ見すぎ(笑)
どこのフレーズか忘れたけど、そ、そこは観客っていうか女子を見るべきところでは…?って思ったw
初日だからかなーなんて思ってたら、武道館になっても同じとこで小渕君見てた。ハモリがあるわけでもないところなんだけど、あれは一体。
なんか不安なのかなw

んで今回もありましたよ、座りコーナー。
前回から比べてうっかり倍近く、ライブ中の3分の1ほど占めてるんじゃないかと思うんですが…よもや半分?
だけど全然眠くならない(笑)
春ツアーの時は若干おねむになったりもしたけど、今回は微妙にずっと泣きそうだったり、力が入ったりして全然眠くならない。
ちょっと体調が悪く臨むときとか、中高年の方とか(笑)腰痛持ちさんとか、そういう人にはホント優しいライブなのではないかな。

ちなみにこのへんで黒田君「(上演時間は)桜島には負けません」みたいな恐ろしいことを口走ってました。
長渕兄さんの桜島ライブか…

黒「(初日)緊張して寝られへんかった」
小「でも寝たやろ?」
黒「寝た!」←即答(笑)
ふたりして「不思議と寝れるんよなー」って話してたけど、私だったら絶対一睡もできない。羨ましい睡眠欲(笑)

広島は前回ホールだったので、前より一万人超増えてる、みたいなコトを言ってたらしいんだけど(覚書)グリーンアリーナ、そんなに入らないよね(爆)
私の記憶違いか…
んで「次はどこでやろう?」って話題も出て、
客「市民球場~!」
黒「(苦笑)カンタンにゆうな!」
小「おれ野球でけへん」←?(笑)
黒田君が始球式やりたいって、そのあと小渕君が「こいつすごいんですよ!」って言ったんだけど、この後の流れを誰に聞いても覚えてないっていうの;;なんだっけ、なにがすごいんだっけー;

どこからきましたかーっていうのも勿論あった。
客「………!」←なんか言ってる
黒「もっと声だして?…あ、デカすぎてわからへん」
何事も中間が大事、とのことですよ(笑)

メンバー紹介もここだっけ。
ヤマダマンはメガネをかけてたんだけど、黒田君に「マンガのキャラみたい」って言われてたのね。
ああっ分かる!それってDr.マシリトじゃないっ?!
とか思った昭和50年生まれ。
あ、ちがう。
アンコールのときメガネになっててそう言われたんだ(笑)
ついでにこの時「たろさかわいー」コールのあと「オマエ(黒田君)がジャマで見えへんって。日照権で訴えるぞ!」的なことを小渕君に言われてたw

・雪の降らない街
座り一発目はこれー。イントロで心底泣きそうになった自分にビックリです;;今までそんな特別好きとかいうことなかったのに!
しかもステージにちょろっと雪が降ったんですけども、ここでしか見なかったな、この演出。なくなっちゃったのか、初日だったからか。

・永遠にともに
去年のサンマリではこれ聴いて吹きだしそうだったあほな私も、今回のツアーでは一気にダイスキな曲に。
結婚式の歌なんか私には関係ないしなぁなんて思ってたけど、そういうくくりを捨てて聴いたら、なんかすごく泣けてきた。
旦那じゃなくても彼氏じゃなくても、いっそ男子じゃなくても(笑)恋愛感情カンケイなくて、私にもこの先ずっと繋がってく出会いがちゃんとあったんだった。

・願いの詩
CDでもカラオケでも(笑)イントロだけで泣きそうになるこの曲ですが、ライブはやっぱりいい。
これはホントに聴きたい曲だったから嬉しかったー★
やってくれること全く疑ってなかったけども、バンド構成では初めて聴いた。
昨日もたまたま電話でそんな話になったんだけど、笹路さんがプロデュースしてた頃の曲はあんまり好きじゃないっていう人がたまにいらさる。だけど私は思いっきりこのへん(っていうか『風』)から入ってるから、違いがあんまり気にならないのです;にわかファンなのでー。
そういう人をどうこう思うわけじゃなくて、ただ、アレンジがどうあっても、この曲で小渕君は「このうたは君と、あの頃のぼくに」って歌うんだろうし、黒田君もあの声を出すと思うんですよ。
当たり前なんだけど。
なんというか、それだけで胸がいっぱいなのです(笑)
こういう時私ほんとに歌詞から入る人なんだなぁと思うよ。
いや、そうじゃない曲もあるけどねー
ポルノさんとかは案外メロ重視?だったりもするし、音のメジャーさで言ったら段違いなので;

・桜
なんか分からないけど、願いの詩の次はこれかなって勝手に思ってた。
あまりにそう信じてたので(笑)当たってもびっくりしなかったくらい。この曲の位置って特に、すごい考えて出してるんだろうな。

ここで中休み(笑)
100曲くらいできてた頃にオファーがきて作った曲を次にやります、って流れで、自分たちが生きる道を詩にすることしかできない、みたいなことを語ってた気がします。
さすがに忘れたけど、そんな風味の覚書が残ってる(爆)
「ありのままを」って書いてあった。

・ここにしか咲かない花
…この歌で大なり小なり泣かなかったことは一度もない(苦笑)

・DOOR
左右の暗幕が開いて、ステージいっぱいにスクリーンが広がる演出が圧巻です。終わったらそっと閉まるのがちょっとかわいい。
っていうか、この曲なにげに初聴き(なま)だったんですけど、スゴッ!
初めて、歌詞でも曲でもなく声だけの力で鳥肌たったー!
私歌がうまいひとがとくに好きって訳じゃなくて、むしろ若干抵抗すらあったんだけど、黒田君は特別っぽいです。
とはいえ、多分○○○みたいなグループのボーカルで何度聴いてもどんな意味か分からぬ歌を、オレうまいやろ的歌いまわしでうたってたら絶対好きじゃなかった(笑)
黒田君はあの声に、あのこころがのっかってるとこがいい。
ちなみにアレンジがBEST盤と同じになってたんだけど、小渕君まだ迷いがあるのか(笑)上ハモになってるとこが下にいっちゃってたり(笑)

・あなたへと続く道
春ツアーでは一度も泣かず、そんなにクる歌じゃなかったんだけど、今回のツアーからは「あれ?」です。なんか泣きそう、みたいな微妙なバランス。私の気持ちの持ちようなのか、歌が浸透してきたのか。
多分春ツアーの時は曲説の意味をずっと考えてたのが敗因と思われます(爆)

・風
この歌はもう無条件に好きすぎるです。コブクロ聴いてみよっかなと思ったキッカケだったし、長い間一人でもカラオケで歌い続けたこともあって、思い入れが違う。っていうかおかしい(笑)
これもバンドでは初聴きだったのですごい嬉しかったんですけども、こっこれがマイクオフ曲だったのね…!
桜のときはめさ泣いた演出(って言ったら無粋ですが、実際そうだよね)なんだけど、今回はだめだー!と一回目で思って、結局ツアー終盤の今でもそう思ってる;
もうこれは理屈じゃないらしい;;ゆるしてー

そんな『風』への、コブクロの思い入れも聴けたよ。
初めてメロディからできた曲らしくて、一から作るって事がなかなかできなくて、戸惑ってたとき、黒田君が「こないだ歌ってたあのメロディ、ええやん」みたいな助言してくれたんだって。
それが今の『風』のメロディ。
これをまたね~「黒田が見つけてくれた」みたいなこと言うから、例のごとくはにかむ黒田君(笑)
「俺に先見の明があったってことやな!」って得意げに言ってて、それがまた照れ隠しっぽくて可愛かった。

んで恒例のサイトアドレスを叫ぶコーナーですが「立ちたい!」っていうお客さんに黒田君、
「俺に恥かかすな。統率力が問われるときやねん」
ええーそんなの求めてなかったけども(笑)
ウェーブもあったんだけど、何が面白かったってもう、ウェーブ中の小渕君の「グリーンダヨ!」です。
私その後もしばらくずっと笑ってた(ツボはまった)
「最後の人は市民球場まで行ってコブクロがライブできるように言ってきてください!」みたいなふうに言われてましたw

・宝島
ああっここか(笑)
なんにしても思惑通りのとこで聴けたからキモチよいv
初日だけ思ったことかどうか忘れたけど、元より低く感じたです。
気のせいかも。

・太陽
フフフ…やっちゃったよ小渕君!←うれしそう、わたし
多分冒頭の「あーの夏の太陽…」がかなりアレンジされてて、そこをクリアして満たされちゃったっぽく(笑)いきなり出だし、入りそこなう小渕君。
黒田君の「ええ~っ!?」みたいな顔もばっちし見た★
初日ならではのアクシデントだねっ。

・神風
何気にこれも初生聴き…生初聴き?でしたよ。
手拍子がめちゃくちゃになるところはアセったです。私リズム感めちゃくちゃなんだな…ってここで気付いた(笑)
今までのライブではこんなテクニカル手拍子なかったからさ~
そして見るからに疲れてくる黒田君もおもろいです。

・memory
いきなり「ジャンプ!ジャンプ!」ってあおられてドッキリ。コブクロのライブでこんなに跳ぶことがあろうとはー!
ベストがしっとり系ばっかりだったから、それ以外の曲ではこういうハッチャケ系が採用されやすかったみたいですね。
うれしいー
銀テープには素でビックリ(笑)

・轍
本編はこの曲でシメ。
今回ストリートのテーマがないのがチョット寂しかったけど、この締まり方好きだ。

アンコール

・風見鶏
タイアップとか、作らなくちゃいけないから作ったっていう曲じゃないですっていう前置きがすごく真実味を増す歌詞だった。
私の覚書では「音楽で生きること確認しなくなった」って書いてあるんだけど、今となっては何のことやらです;;
ここのMCすごい感動したんだけど…あれー
あっ思い出したっ!
たしか、小渕君が、黒田君に「音楽やって生きていくんやな?」ってことを確認しなくなったっていう話だった。
言わなくてもそれが当たり前になってた、みたいな。
そして初聴き新曲にも関わらず、すっごい印象的だったです、これ。すごく情景が目に浮かぶのー。
向かい風を探す風見鶏、とか。むっさ泣きそうだったよ;;

・未来への帰り道
これは旅の間なぜか「あの時、あの場所まで~」の部分がエンドレスでアタマの中巡ってたんですけども、ホントに終わりの終わりのほうじゃん!ってぐれさんにツッこまれた(笑)
もう、これで終わりでもいいな、ってくらいあったかい空気になるんだけど、まだ一曲あったよー

・YELL
この終わり方は心底意外だった!
だってこれって「始まりの歌」でしょ??門出だし…って、だけどまた、これがいいんだよねぇ不思議と。
なんていうか、今のコブクロらしい!なんて言ったら私なにもの?って感じですがー;;
アリーナの正面にお父さんっぽい人がいたんだけど、両腕を組んでステージ見上げて、うんうんって頷いてて、なんか嬉しかった。
子供の成長見守る親みたいだった(笑)



・おまけのMCコーナー★


「マッサージ師」

疲れがたまってる黒田君、ホテルでマッサージ頼んだら140センチでパンチパーマのおばちゃんがやってきた。
多分150センチくらいなんだろうな…とか思った。ゼッタイ総じて小さめに見えてるはずだ!(笑)
ちなみにパンチってあのおばちゃんパーマネントのことよねw
そんなおばちゃん、黒田君を見るなり「こんなに大きい人、川合俊一以来やわ」
そしてマッサージ中始終「腰イタイわ~!」っておばちゃんが。
おにいちゃん乗ってもええかな…とか言われて背中に乗って踏んでもらうも、おばちゃん相変わらず「アイタタッ…イタタ…」(笑)
話し終わった後、黒田君「ウケてよかったっv」

「くまさん」

小渕君の「僕ね、最近自分のメルヘン具合にびっくりしたんですけども」って不思議なフリから始まった話題。
ストリングスのどなたかが誕生日だったみたいで、コブクロさんたちにもケーキのおすそわけが。
小渕君用に切り分けられたそれには、ちょこんとクマさんが。
黒「クマさんって…!俺の中でクマさんはレオナルド熊だけや!」
小「ちがうやん。シャケとる…こういうのは熊で」
って、川面のシャケをバシャーンって片手で狩る熊のまねをする小渕君に、黒田君は「こういうのも何も、熊は熊やねん!」
正直ドン引きしたという黒田君、切々とダメ出し。
黒「大体な、何でもさんつけたらかわいなるわけないやろ!亀田とかよぉ」
小「亀田の親父さんとか?」
黒「それは普通」
ネタはじめたのに天然な小渕君(笑)
結局クマさんだと思ってた物体はクリームか何かだったみたいで、黒田君に「え?乱視?」ってツッコミ入れられてましたけども、むしろクマさん論争が面白かったw

この後黒田君も「最近美容室に行ってんけど」と話し出すも、すぐさま「って、ビヨウシツって俺!」とはにかむ(笑)

小「学生時代は坊主やった?」
黒「今どき校則で坊主なんて学校あれへんやろー」
宮崎は坊主だったという小渕君ですが、結局黒田君のビヨウシツ話は聞けず(笑)
小渕君の学校の先輩の話だったか、黒田君の友達だっけ?
カッコつけて剃り込みでライン入れてたら、床屋行ったときそれにあわせて刈られたらしいw
ほぼ坊主の出来上がり。

「いらない話」

黒「いらない話はアンケートに書いて下さいねー。でもひとつダメ出ししたら3つ褒めてな。大リーグ方式で」
途中あちこちで「これも要らんかったな」って反省するふたり(笑)
そしてあちこちで、小渕君から「オマエほんとばっかじゃねえの!」ってツッこまれる黒田君(いとしい)
そして最後のほうで男子の「コブクロ最高!」を受けたふたり。
黒「コブクロ最高、オレ最高
小「分かった分かった。俺がアンケートに書いてやるから…」
って宥められてますよ、黒田さん!

「ドラマやります」

コブクロの曲がモチーフになってるオムニバスドラマの番宣ですが、
黒「菅野さんが待てっつってんだろ!ってね」
小「言うか!」
黒「言うてたやん。違うっつってんだろ!って」
小「そのつっがムカつく!言わんやろ、そうそう」
私の脳裏はキムタクさんでいっぱいでしたよ(笑)

「差別」

大雨でゲネプロが遅れたらしい黒田君。
アセって行ったのにスタッフさんに「黒田君はいいよ」(することまだないから)って言われて悔しかったんだそうなー。
小渕君の時はすごい心配してるのに…と妬んで見せる黒田君に「オレなんか嬉しい」って小渕君(笑)
黒「俺も楽器持ったろうかな!すごい長いやつ」
でも吹かないで、MCの合図にプオーって吹くだけらしい。
その楽器、名前分かんないけど、外国の、スカート履いたおじさんが吹くようなやつだよね(すごい偏見)

「コブクロDENPO」

黒田君はエアギターで参加。でも3秒が限界なんだって。短すぎる!
しかも「マッサージの揉み返しのせいで…」
さすが、うまいわーこういう関連付け(笑)

覚書にあるとこぜんぶ出してみたけど、これでもいくらか忘れてるんだろうな;;勿体無い…。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1569-482bcb0e
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。