FC2ブログ
 
凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コブクロ】「NAMELESS WORLD」神戸ワールド記念ホール

最初に1枚だけチケットを譲ってもらってて、一人で行くつもりだったんですけど、色々ありまして(はしょる)結局、初日の厚木公演一緒に行ってくれたぐれさん、それから何にしろ向こうで会おうって言ってた神戸のゆずっこ・ななさんと3人で見ることになりました。
今回はギリギリになって交通手段を見直さねばならなくなり、得意の夜行バスを探したけど連休にかかってるせいか帰りの昼バスしか見つからず;;しかしヤフオクで安い新幹線チケットを発見し(普通に買うより5000円以上安かったのだ!)複数出てたのでぐれさんと2人でそれぞれ落札。
そんな訳で行きは優雅に新幹線~★…新大阪までだったけど(笑)
私が新幹線使うのなんてせいぜい名古屋までだったので、こんなにも速いのね~って今更ながら感動。
そんなたびの記録は例のごとく旅日記として書いてますので割愛しまして、いざライブー。
今まで野外かホールでしか見たことなかったコブクロですが、今回の会場は大きいよっ。アリーナツアーしてるゆづさんも使ってらしたという規模。でも私初めて行ったです。
スタンド席が少なめだったけど、ヤハリでかい。
席は17列の黒田君側の端のほうだったけど、ふと見ると左右に花道がっ。私たちの席のちょっと前に花道の先端があったので、時々ものすっ…ごい近くでおふたりを見れました。
特に小渕君は今まであんまり近くで見れた事なかったけど、今回はホント、すぐソコまでいらして。
「ねっ、そんなに小さくないでしょ?」みたいなこと言ってたけど普通に小柄な人だった(笑)
黒田君は近くで見るとホントにでかくて、近くても遠くてもデカいのだな…と実感。足がめっさ長かった~。
ちなみにこのチケット、私がチケット掲示板に「譲ってください」って書いた記事を見て、譲ってくださるという方からご連絡頂いたものなのですが、ホント、ダメ元でも書いてみるものだ!と思いました。
ライブ後もメールさせて頂きましたが、ほんとによいひとだったです!

そんなミラクルなお席だったけど、私らの一列前がちょうど通路前で、さらに見やすい…はずが、私とメインステージ上のコブクロをつなぐ直線上に男子が3人もいてさ~;;(私の真正面に男子1人、その右横に2人男子)
これがまた座ったとき本当に何も見えなくなってショッキングでした;
なんてツイてないのだろう…いや花道近いからツイてるのか?
いやいや、むしろチケット譲ってもらえた時点でミラクル起きてるんだ(`△´)ノ
そんな訳でレポるです。
今回は覚書を作らなかったし、ライブのあとライブの話そんなにしてないので思い出せるところは少ないかもしれませぬ;ごめんなさい…
彼方へ
相変わらずすごく好きなのにサビすら覚えられない不思議なこの曲;
なぜなんだ…もう4度聞いてるはずなのにー。
ていうかもう前半は「どの位置なら2人が見えるだろう」に始終していたような。2人が一度に見える位置が確かにあったんだけど、小渕君にしか目のピントが合わず、黒田君にソフトフォーカスかかってしまう罠。3Dの原理で飛び出して見えてきそうだった。

六等星
目の前の男子が左側にいる彼女と頭を寄せ合うとよく見える。さらにその横の男子2人組も頭を寄せてなんか喋ってるとき、スペースが開いてよく見える。でも実際その時は私の隣のぐれさんの視界が塞がっていたらしい。笑
何もしなくてもよく見えるのがたろさーと思ってふと見たら、腕ぐるんぐるん回していらした。ちゃんと弾けてるのかなと思うほどめいっぱい回してたよ!w小渕君も上下の振り下ろしが激しくてこれもまた弾けてるのかしらと不思議になったです。
ああっ黒田君がいない…

待夢磨心 ―タイムマシン―
いつも手拍子だけであっぷあっぷしてしまう(笑)
聴き入ってると手拍子ずれるし、手拍子頑張ると歌すぐ終わっちゃうし;;

んでメンバー紹介、いつも各メンバーに紹介つけてたのに、今回は名前呼ぶだけだった;さみしい。けっこう楽しみだったのになー。

Million Films
やっとちゃんと聴けるようになったかな、って頃でしたが、もう見えないものは仕方ないっていう諦めもあった(笑)
あと、声が聴ければいいなぁって思ってたので、いつもより集中して聴こうとしていたかも。
そんな中、なんか高音がちょっとヤバイ小渕君。
黒田君の低音も、今まで聴いた中ではなんかいまひとつ…??

東京の冬
ああっついに上ハモリで声裏返ってしまう小渕君~;
2人とも何となくノドコンディションよくなかったんじゃないかと思ったのですが、それはただ会場がホール→アリーナに変わったから??
音響けっこう違うようだし…んーどうだったんだろう。
そしてじわじわとしのびよる悪魔…
そう、尿意
今回カフェでお茶したあと、まんまとトイレ行きそびれてたんですよ。駅も会場トイレも長蛇の列~;;
しかも開演時間も迫ってたので、泣く泣く…
この要因が加わり、さらに集中できなくなったです;

同じ窓から見てた空
どんなによい歌でも生理現象には勝てず(爆)
かと思いきや、そんなときでもしっかり緩む私の涙腺。
そうだ。余談だし前にどっかで書いたかもしれないけど、私、泣き出すときかならず右目からだけ涙が出るのです;;
しばらく右目だけ出てて、そのあと左目からも出始めるという…
みんなはちゃんと両目から涙出てますか?(笑)

ここにしか咲かない花
倉敷で爆泣きして以来、どうしても泣いてしまう歌詞があることに気付いた;しかし今日はウォータープルーフじゃないマスカラがついていらさったので、泣くものか泣くものかとチョット必死;
でもやっぱり右目だけ出た。

Fragile mind
歌を紹介するコメント、今回も違った。でも忘れちゃった(爆)
聞いてる間は「私も今まさにがんばりどき!」って思ったのにな…
そしてこの歌すごい好きだけどやっぱりミスチル思いだしてしまう(笑)サビのところが。
だけどやっぱりすごい好きに変わりないのですがっ。

大樹の影
この時点では座ってるのですが、前の晩もその前の晩も寝不足だった私。視界にはもうコブクロさんがいらっさらなく(男子、座高たかい)音に身をゆだねるが如く目をつぶったらすっごい気持ちよくて、このままお布団入るので枕元で歌ってくれまいかと思った(笑)
このときぐれさんも「ちょーねむかった」って言ってたのですが、私がふと横見たとき頭がぐらっとしてたのはたまたまだろうか…w

Starting Line
これまた全然見えないままですが、なんかもうトイレ行きたいしぐれさんが本気で寝まいか気にもなりつつ、ほんっとに私何しにここまできたんだってくらいボンヤリしてた気がする。
もうレポっつか、反省文ですな…

遠くで
相変わらず見えぬままだけどさすがにまたちょっと泣いた…んですが、ぐれさんの向こうに座ってた女子が歌の終わりの方に思いっきりオペラグラス覗いててチョットびっくりした;
小渕君が泣いてるかどうか見たいのかな?とは思ったけど、そんなにダイスキな小渕君が歌うこの歌で、君は泣かないのだね…みたいな不思議な感慨(?)が。
んでこの歌から桜へと流れていくのが好きだったんですが、後方から「ありがとー!」の声;
何でこの歌で「ありがとう」なんだろう?
小渕君が、亡くなったお母さんへ捧げる歌、だよね??私がまだコブクロ新米だから、そのありがとうの意味が分からないだけなんだろうか;;うーん…正直私としては一瞬で素に引き戻された。


直前の「ありがとう」と、あとシングル曲のイントロに入ったとき必ず起こる拍手がちょっと気になり(ライブじゃなくてコンサートって気がして;)なんかこれも結局ものすごいフラットな気分で聴いてたです。
拍手してるのは「知ってる歌だ」っていう人と「これ好き」って人だと思うんだけど、なんか微妙な気分になるのでセツナイ。
でもそれはまあよいのです、気持ちも分かる。
でもさあっ、アカペラになるところで、まだ歌終わってないのに拍手…だけならまだしも、指笛って。おひねり飛んでくるんじゃないかと思った(笑)
だけどそれもこれも「初めての人」が多いライブだからなんだよね。
ファンクラブないから、初めての人がいっぱい来易い状態。
イイコトなのにねぇ…。

でも、だからこそ逆に「初めてじゃない人」の行動が気になったところもある。
「先は長いので座ってください」って言われるタイミングを知ってる人が言われる前にさっさと座っちゃって、それをマネて座る人も続出して、私らの前の列も全員座ってたのね(この瞬間だけ超見えたよ、コブクロ!)
なんかそこはさ…ワビサビというかさ…ねえ?(笑)
しかもこの日に限り「座ってください」のタイミングがちょっと遅かったのです。「遠くで」を何故歌うことになったかっていうお話が入ったから;
母の日が近づいてきているので、歌いたかった、みたいなことだったけど、もう感動も半減でした;小渕君ごめんねって私が詫びたい気持ちだったよ。あ、黒田君もごめんね(笑)
でも今までコブクロのライブ見て(4度目だけど)こんなに色々思った日はなかったな。

ストリートのテーマ
ライブ始まる前からぐれさんに「わ、私は知ってる。あの花道の先についてるの、バシュッ!!って出るやつだよね」とオドオドしていた私。そう、私は花火すらコワがるほどの「発砲音ビビリ」なのだった。もうね、歌が終わるたびにいつ出るかいつ出るかとドキドキしてたのですが、明らかにありえない「ここ花」の時すら身構えていたのですが(笑)上記のモヤモヤもありそんなのスッカリ忘れててシッカリビビってきたですよ。
多分これか「轍」でパシュっと出たんだと思うのですが、思ったより爆音じゃなくて良かったv

轍 -わだち-
この歌とか何やらでふたりが花道にきてくれて、その時はもうほんとに近くに見えてね~!ほんと、等身大。
小渕君の上あご、黒田君の頬の吹き出物?とかも見えたよ(笑)

コブクロドットコムですが、声ちっさい。でも私の隣の4連番の濃いめコブファミさんたちは何もかもすごい声でかい。ものすごい参加してた。それこそ会場の空気がどうであろうとも自分らが楽しむことを精一杯してらしたと思うよ。私もそうすればよかったんだー
このときウェーブもやったんだけど、そのあたり面白かったので後日つけるかもしれぬ巻末おまけにて(笑)

Pierrot
小渕君、おうた間違えた。
「♪友達にしちゃ近すぎて、友達にしちゃ何も…」
何食わぬ顔でやり過ごしてたけど、その後黒田君に超見られてました(笑)

LOVER'S SURF
も、もうね…この歌終わったあと出たー!
ステージ前方から3つくらい?ボンッ!!!って火柱的なものが(笑)
まさかそんなの出るとは思わず、しかもそんなタイミング!?って素でドッキリ。そしたら黒田君も超ビビってたです(笑)

(アンコール)
ここでお客さんが歌うストリートのテーマもやはり小さかったんですが、それでも隣のコたちは熱唱。私も歌ってたけど、この時間帯にまたもや尿意が…!トイレ行ってこようか迷ったけど、すぐ出てきてしまう気がして行けず。あと3つくらいだし、ガマン!と心に決めるも、なんかヘンな汗出そうになってたです。

あなたへと続く道
これの黒田君の声がすごいすきだ。低いトコからファルセットになるとこ。でもねやっぱりトイレ行きたい。

NOTE
声あんまりよくなかったけど、それでも嗄れてるわけでも、ハデに音を外すわけでもなかったのはすごいな、と思いつつ、やっぱりト(略)

FLAG
前回のライブでは新幹線の終電が気になりすぎてロクに聴いた覚えがないこの歌ですが、今回は例のごとくN意(今更伏せても…)のせいで、またしてもココロここにあらず状態でした;
あとコブクロライブの好きなのは、ライブ終わったあと、ありがとうございますの挨拶してはけていくまでがすごいスムーズなところ。
これは多分物足りなく感じる人もいるかもしれないけど、私は好きだ。
理由はわかんないけど、ここであんまりダラダラするのが好きじゃないのは確か;
ファイナルも同じだったらちょっと寂しいかもしれないけど(笑)

◎巻末おまけという名のMC覚えてるとこだけ
ファイナル終えてから書いてるので記憶がごっちゃまぜ

・黒田君は子供の頃からでかかった
小学校のときすでに170あった話はよくしてますけども、そんな黒田君、足もすごい大きいんだって。
客「いくつ~?」
黒「絶対言わへん(笑)」
客「えー」
黒「…40センチ
客「ええ~っ!?
黒「嘘やがなっ(笑)ありえへんやろー!足拭きマットと同じ幅やないか」
小「あれやろ、お前スキー板いらへんねやろ?」
足の長さがそのままスキー板の長さになるみたいな話だったとおもうけど覚えてない。普通に40センチって信じたもんね、私w

んで小渕君に近づく黒田君。
小「あっ。あかんー」
小渕君、ちょっと高いトコに乗ってる模様。そこに乗ろうとした黒田君を戒める(笑)
その段差は小渕君専用のなのだとかw
小「親しき仲にも台座ありや…」
このちょろっと呟いたのがすごい面白かった(笑)

そんな巨大黒田君。
こないだマッサージチェアに座ってたらサイズが全然合わなかったんだそう。
黒「オレは肩を揉んでほしいのに肩甲骨のあたりゴリゴリやられてよ~」
むこうずねもガツッ!てやられて一人で「アイタッ!アイタッ!」ってなってる黒田君。
黒「全然マッサージになってへんねん~」
小「なってるやん、心のマッサージに。めっちゃ楽しそうやし」
うまい(笑)

・1液2液!
もうねーコレなんでそんな話になったのか分からないですけども。
コブクロドットコムのとこだったと思うけど、何故かウェーブをやってもらいます!ってことになり(言われるがまま)スタンドのスソから美容師出てきて片っ端からパーマあてられるみたいな流れになり(笑)それだけでももはや訳分からぬのにコブクロさんの中でパーマの「1液」「2液」が突如流行りだす(謎)
私たちを置いてけぼりにして2人でうひゃうひゃ笑うあのひとたち。何が面白いかは見失いつつ、あまりにおかしげに笑うのでものすごいつられ笑いw
黒「1液!2液!1液!2液!2液!…あっ間違えたー
小「オレ2液ばっかりやん!
「パーマちゃんとかからへん~」とか「もし今この会場に本当にパーマ失敗してる人いたらどないするんや~」とか、それはもう実の無いおもしろトークが繰り広げられる(笑)

小「じゃっウェーブ、スタンドAから…(B,C,Dと最後まで)で、アリーナね。何でもいいんで何か叫んでもらえれば」
黒「1液・2液でええやん」
小「お前まだひっぱるんか(笑)」
じゃあお客さん、どうぞ~。

スタンドAの客「1液~!
小「ほっほんまに言うてる!」(笑)

ウェーブの最中にもコブクロさん「1液!」「2液!」と掛け声w
なんだったのだろう、あの不思議空間。

・もっとドット
サイトアドレスを覚えてもらうために叫んでもらいます!のコーナーですが、
小「知らん人はものすっごいややこしいアドレスなんやと思うんちゃうー」
黒「スラッシュスラッシュドットドット…みたいな」
その「ドットドット」がお気に召したのか、小渕君も「ハイフンドットスラッシュドットドット…」とのっかるw
「スラッシュドット、さらにドット
もっとドット!
もっともっとドット!
2人でこんなふうになると誰にも止められないのだった。

そうそう私、小渕君の「アッハッハッハッ」がすごいすきでっ。最初の「あ」がすごいハイトーンでファルセット気味に(笑)始まるんだけど、そういう時オナカ抱えて笑ってるんだよねw本気でハマってるなと思ったら私もすごいつられてしまうー。
あと黒田君がしゃがみ込んでウケてるときもつられる(笑)

・神戸で好きなのは…
黒「お前、神戸で好きなとこはどこや」←突拍子もない
小「オレか。え~そごう
そごうと思っていたら気付くとロフトになってるところだってw
私は何が何やらさっぱりだったんですが、地元の人はウケてたよー
新宿にもそういえば高島屋かと思えばハンズになるとこあるよね?(まぼろし?)
黒「オレも全く同じ。神戸、そこだけ好き」
ぜったい嘘だ!笑
散々いったあと「神戸、他にもいいところいっぱいありますから!」って弁解してらしたよ。

そんなロフトで最近すごく癒されるらしい小渕君。
ぶたのクッションが3つ重なってるところの、ぶたとぶたの間に手を挟み込むとものすごい癒しを感じるらしい(おつかれちゃん。笑)
あるある探検隊(レギュラー)のひとのストラップみたいなのもあって、それの西川君がものすごく西川君の顔をしてるみたいで、それ見てると同じ顔になってしまうらしいw

黒「あれやろ、お前、その2人の間に腕突っ込んで癒されとったんやろ?」
小「なんでやねんっw」
黒「お前、ロフト派?ハンズ派?」
小「オレはロフトやな」
黒「オレはハンズや。お前分かってへんのやな。あの紙袋のカッコヨサを」
指がビッシ!ってなってるところがカッコイイらしい(笑)

・おしゃれパンツ
小渕君の今回のパンツ、またもやオサレ。…なのかな?w
左足の股かなんかのところに、しろい四角い…ツギハギみたいなのが(うまく言えず)
黒「お前なんでそこお豆腐ついてるの?」
小「お豆腐と違うー」
黒「何でシップ貼ってるの?」
小「サロンパスやない~!なんでズボンの上に貼るんや、あほかっ」
じかに貼らないとバンテリン効果が薄れるやろ!って、もう何で怒ってるのか分からなくなってくる小渕君。

あーやっぱり全然思い出せないっ;;
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1566-09d9027c
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。