FC2ブログ
 
レポ置き場 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポルノ】横浜ロマンスポルノ'06~キャッチ ザ ハネウマ~

7月22日(土)23日(日)の両日とも参加してきました!
レポは二日分まとめてですが、1日目は初めてお会いするラバッパー和さん、すいさん、総帥さんの3人とご一緒させて頂いて、4連番っ!
お席は晴一さん側のスタンド、花道から何列目だったかな、なんかすごい近かった。席ついた瞬間興奮したほどに(笑)
ただステージが鋭角気味で見えたので、製作者側が意図してる演出を完全には満喫できなかったと思う。だけどその分近かったv
んで二日目のファイナルwは、いつもの相方ぐれさんと。グランド(フツウの会場で言うアリーナですな)のE8ブロックだったんだけど、これがまたミラクルなオモシロ席だったです(笑)
グランド中央に機材を含むやぐらみたいなのがあって、それの後方が空いてるんだけど、その空いてるスペースの脇で、2席ずつしかないの。もーそのせいで最初見つからない見つからない;;
ステージは結構遠かったけど、肉眼でまあ、見えなくもない。とはいえ殆どスクリーン見てたけどね~。
ちなみにセットはサーキットをイメージしてたみたいで、左右にはなんか信号みたいなの、中央はアーチになってて、その下にバンドスペースがあるんだけど、雨対策でビニールハウスみたいになってたです。ビニールかかった屋根がついていた(笑)
あと、ステージの左右に歓声席?(カンセイ席って言ってたと思うけど、字が分からない)っていうのが設けられてて、FCで募集してたサポーターさんが座ってた。
「いいな」っていうやっかみは全然ないうえで言わせて貰えるのなら、あれ別にあってもなくてもイイと思う。
んーないほうがよかったかなー…。ステージの絵ヅラとしてなんかヘンだった(ごめんなさい)
だけどフリとかは彼女たちの真似をすれば、ポルノライブ初のヒトも楽しめたと思うし、ポルノさんがその席欲しいって思ったならしょうがない(笑)
ただ、両日とも誰かが「ずるーい!!」って言ってたのがなんかチョットいらなかったです。キモチは分かるけど、ズルイって(笑)
まあ、全体的に未成年が多いのでしょうがないっていうか;そういうお年頃なんだろう、きっと(?)
最初の方にちょっと書いたけど、ステージの左右から花道が伸びてて、それの恩恵にはかなりあずかれました。
あと、野球場は思ったより狭い。去年の夏他のライブで日産スタジアム行った時はデカすぎるって印象だったけど、横スタくらいならイイなぁと思った。多分、ステージを少し前に作ってて、後ろのスペースを潰してたり、見えにくい席は販売してなかったり、そういう配慮もあったからかな。
何はともあれ、これはお祭り(笑)
若い子のマナーの悪さもすっごい気になったけれど、あんまり書かずにおこう;;

そうそう、私ネタバレとかすっごいイヤだからツアーの初日は絶対行きたい派なんですが、今回はリハの音が丸聴こえで、もうどうしようもなくネタバレされました(笑)
昭仁さんはリハから本気すぎです!声嗄れちゃうよ!ってドキドキするくらいw
そんなレポ、長くなるかもしれないけどいってみよう。
ライブが始まるまでの間、スクリーンにはハネウマちゃんがいて、お客さんに「プリーズ、踊って!」などの指示を出すんですけども、これがまた結構面白くて、「ソーリー。見てなかったわ」とか、ハネウマちゃんドSでしたよ。
セクシーダンスをせがまれた女子たちが狂気を感じるほど踊りくるってくれたり、カメラマンさんも「この人やってくれそう」っていう人選がうまい(笑)
二日目のおねぇさん超おもろかったー!!美人さんだったと思うのに、あそこまで…!グッジョブ。
大体10分押しくらいで始まったんだけど、先に書いておきますが曲順ぜったい合ってないです;;
もうそこは見逃してください。ムリだ。

スクリーンにはミドリイロっぽい、妙に裸に近い外国の女性が。
ああっタネウマライダーだ!!
カノジョのピーーーっていうホイッスルと共にライブスタートっ。
もちろん1曲目はこれだろー。

■タネウマライダー
そりゃそうだろう(笑)
って、私実はね、これライブで初聴きだったのです。ごめん、まだハネウマ買ってない(爆)
買ってくるよ、明日買ってくるー!
もう、この歌大好きっ。昭仁さんのタチの悪そうな歌い方。かっこいい~!しかもタンバリン叩いてるんだよー。カッコかわいい。
最後の「タネウマラーイダー」の「ダー」がすごい伸びてて、野外キモチいいだろうなぁって思った。声がどっかにぶつかって跳ね返ってくることないんだもんね。
あっ、この冒頭で第一弾の特効が。ステージ後方からボーン!!って上がる色のついた煙。初日は死ぬほどビビった。

忘れぬうちにお召しものを。
昭仁さんは白地に水色チェックの、しろい襟ついたノースリーブ。髪の毛もやっぱりサッパリ。久々に短髪目だけど、黒で短いのって初?似合ってたよv
晴一さんは黒いスーツにラメ入った細いネクタイを無造作に締めてて、スーツの襟ラインとかソデとかにピンみたいなのがライン状に打ってあったです。そしてめっちゃ細い!!スーツ姿がものすごいサマになっていたですよ。華奢だなぁ。ロッカー体型(笑)
そしてサポメンで気になったのはNAOTOさん。白い。上下白い!しかもトップスには王子さま調フリルが。あんなの似合う日本人そうそういないと思う。っつか、野外ライブですってば(笑)
ポルノ2人の衣装の共通点もまるっきりないけど、サポメンもまた負けず劣らずフリー演技な…。森男も相変わらず黒いし、なんか赤いエクステ??みたいなのが1束前髪にくっついてて(地毛?)それがまたすごい長っ。あとのメンバーはそんなに覚えてないから、わりとフツウのカッコウだったんじゃないかと…(笑)

■幸せについて本気出して考えてみた
これの第一声(タイトルだけども)聴くと、テンションすっごい上がるよねー!普段そんなテンションの人じゃない私ですらうおおおおってなる。腕もガンガン上げる。※女子です

■ジョバイロ
この歌、出た時はまあ好きで、だけどすいっちツアーで聴いてたときはそうでもなくて、なのに今回聴いたらやっぱりすごい好きだった。なんだろうか(笑)
なんともいえず楽しいあの手拍子。
自他共に認める(たぶん)あきっとさんびいきの私ですが、これの晴一さんがもうもうたまらなく好きだー!手元がアップになるところがねっ、すごい、そんなコード進行をスイスイと~!って。ギ、ギターうまいよね!!って何度も口走りたくなる、あれ(笑)
思い出してもニヤニヤしそうだ。

■天気職人
あー私この歌好きvv
ちなみに二日間とも曇天だったので、昭仁さんは曲前に「この曇り空にもちゃんと意味がある」って言ってました。
初日ではこれ歌いだしたら急に雨雲が集まりだして、すごいなこのひとって改めて感心したよ。嫌われ者の雨雲だけど、あの空間では許された気になって寄ってきたのかもしれぬ(笑)
が、初日に歌詞間違えててそこからニヤニヤしてたです昭仁さん(笑)
2日目になるとなんと冒頭の歌詞がトぶハデなアクシンデントがっ。昭仁さんは救いを求めるように後ろ見たりしてたけど、演奏止めて貰えないので区切りのよいところから歌いだし。
「歌詞とんでしまいました!」みたいなこと言ってた(笑)
その時晴一さんが映ったんだけど、たまたまだったのかなんなのか、めさヘん顔でいらしたよw
だけど最後の口笛は完璧★

■サウダージ
3万人のお客さんのなかには、シングルしか分かんないって人もいっぱいいたと思うんだけど、この曲もそういう人たちにはうれしかったと思う。イントロで歓声上がったもんねー。
初日のMCでは、晴一さんがこの歌のあと「(見えるホテルを指差して)あそこで別れ話しょーる人が居ってサウダージなんか聴いたら『やっぱ別れよう!』ってコトになっとるかもしれんの?」って。
そこは何とか、傘を離した手を結び合って頂ければと思うよ(笑)

◎5曲終えたとこでMC(繰り返すけどこのレポ曲順おかしい)

初日は「元気ですか!」を連呼する昭仁さん。最後は猪木のモノマネするんだけどあんまり似てなかったです(ご愛嬌。笑)
後ろで苦笑してる晴一さんがおもろかったw
そんな晴一さん、ライブのテンションが上がってるから「滑りたくない」ってビビりを見せるも、昭仁さんは「そんなんいつものことじゃ!わしはスベるの怖くない。今は怖いもんなんかない」ってヘンな男気(笑)
二日目は晴一さんのテンションがオカシくて「勿論だよアキヒト君!」みたいに声張ってて、昭仁さんに「今まで聴いた中で一番でかい声じゃった」って言われてた。確かに声張ってないイメージだw

最初に大阪城ホールでやったときとか、ロックの殿堂って言われてる武道館でのライブとか、色々嬉しかったけど、自分はここ(スタジアム)に来たかったんじゃないかと思ったって、昭仁さん。
確かにポルノ、野外似合う。めさめさ野外向きバンドですよ。晴天には恵まれないけど;
そういえば結局、ライブ中派手に降られることは一度もなかった。初日は早々に「雨バンドじゃないってことを払拭した」って、また日本語おかしかったけども(否定を打ち消してる…笑)とにかく脱・雨バンド宣言までしていたよー。
だけど内心、土砂降りで見るポルノもいいかも、なんて思ってた。だって、なんか「らしい」じゃんw
「嬉しい」を連発してた昭仁さんだけど、一番嬉しかったのは、今回の大雨で各地で災害があったのに、こんなに集まってくれた事、だって。
「とにかくわしは嬉しいんよ!」って子供みたいに連呼してて、私もなんか、あ~よかったなぁってお母さんみたいな気持ちになった(笑)

昔見たライブのことは鮮明に記憶に残ってるって事を、晴一さんに同意を求めつつ何度も口にする昭仁さん。グダグダしてきたあたりで「今日のライブが、みんなにとってそういうのになったらいいって事を遠まわしで言いたかったんじゃけど」って白状
これには晴一さんも「お前、遠まわしどころかメチャクチャ直接的じゃないか」って吹きだしてた(笑)
あと、何かの話題でヘンなシメになった時も晴一さん「そのシメは分からん、知らん。想像つかん」って投げやりなツッコミでウケたー。

ここらだったか忘れたけど、初日はMC中に「今、わしの右のモミアゲが曲がってるとのお達しが…
昭仁さんは指でちょいちょい髪を伸ばして「はい!直りましたっ!」(笑)
でもスクリーンに映る反対側のもみあげも曲がってる(爆)
お客さんにまた言われたのか「そんなスケールちっさいこと…」みたいな事言ってたですよ。晴一さんだったかもしれぬ。
こんなでかいスタジアムで、もみあげがどうなっていようとええじゃん!みたいな。つか、いっぺん噛んでミミアゲって言ってたのを聞き逃さない嫌な私w
スケール小さいつながりで、昭仁さん「今日は袖なし着てきたんじゃけど、今すごい日焼けしてて…」最初分かんなかったけど、確かにソデの後がうっすら。
「スクリーンじゃよう分らんか」って終わってしまう話題;

そだ、MCの最初で「テンション上がりすぎてわし自分が何言うとるんか分からんけど(えええーw)新藤が言うてくれる」って投げる昭仁さん。
振られた晴一さんは「雨の中(前日)こんなデカイセットを組むスタッフは正気の沙汰じゃないし、バカでかい音出すわしらもそうじゃし、集まってくれたみんなも正気じゃない。で、この先はもう正気じゃなくなる一方だと思うんで…」って、相変わらずイキなを言い出すー。
そして確かにみんな正気じゃないなってくらい盛り上がってた。もちろん私もだ。

昭仁さんは感無量気味に「先に言うけど、わしはこのステージからの光景を一生忘れん!」
言ってしまったあと「…5曲しかやってないのにライブ終わったみたいになったけども、まだまだ続きます!」
晴一さんもうすうす同じこと思ってたのか、笑ってた(笑)

■ヒトリノ夜
昔からのファンもきてくれてると思うので、新旧まじえて色々歌いたいっていう言葉の後歌われたのがこれですが、これイントロですごい盛り上がってたよ~。
演奏久々って言ってたけど、私が最初に見たライブ、一昨年の暮れにやってた「Purple's」でやってた。そっか、もうそんなにやってないんだって思うのと同時に、私もハマりたてのアツくるしさこそなくなったものの、ゆるやかにまだまだファンで居れてるんだなぁって改めて分かって、それが嬉しかった。あんな最初のテンションのままだったら、多分こんなに好きじゃなかったし、この先も好きだろうな、なんて思えなかっただろう。
昭仁さんのハイトーンボイス、両日とも曇り空を裂くみたいにスカっとしていたです。歌詞はまあ、ちょっとおかしかったけども(笑)

■ジューンブライダー
私これも初聴きだったんだけど、みんなが言うには初日も二日目も同じトコ間違えてたらしい(笑)
勿論私は気づかず「家族になる」「お嫁さん」って言葉にホンワカしてたわけですけどもー。ああ、ちゃんと歌詞見たいな。何度も言うが明日こそ買うぞ!
そうそう、スクリーンには外国の花嫁さんが。セピア色でまたよいかんじ。

■シスター
スネアの音が始まると、昭仁さんなんかヘンな動き。キモチは分かるけども面白い(笑)
これもまた2日目には歌詞アヤしかったけど、年々ゴマカシがうまくなる昭仁さん…w
そしてこの曲の余韻が残ってるうちに、森男がなんか極悪な音を。初日に後ろの席にいた女子(口悪い)が「森男どうした?!」って素でツッコミ入れてて面白かった。私もそう思ってたから(笑)

■メリッサ
あっなるほどねー!!(笑)
そんな訳で極悪ベース→なんとも言えずウキウキするあのフレーズ。
メリッサといえばなんか出るのが常ですが(常?)今回も出たよー。色とりどりのビニールテープみたいなのがバシュって!
私、破裂音にすごいビビる人なのですが、なんか最近、前より慣れてきた気がする!今回は特効ざんまいだったけど楽しかったもんねっ
そして楽しい楽しいこの時間。私、跳ね跳ねに夢中でステージ上とか全然見てなかった(爆)
どうやら二日目、昭仁さんが晴一さんを追いかけギター弾いてるとこ見てニコニコしてたんだそうでー。
この後のMCで話題が出て、何のことだろ??ってずっと思ってたよ;

そんな訳でMC。晴一さんはここらへんで上着を脱ぐんだけど、初日は寒いくらいだったせいか、脱いで半そでになった時両腕を抱いて寒そうに、二日目はムシムシしてたからか、2曲目くらいで喉まで汗かいてたです。でも上着あったほうがかわいいからガマンして!!ってぐれさんと意見一致(笑)
んで初日は何言ってたか覚えてないのですが(もしかしたら最初の方のMCとごっちゃになってるかも)↑にも書いたように、昭仁さんが「久しぶりに晴一と目合わせた」って。「追いかけてみた」ってwカワイイなあ。
晴一さんは「高校ん時以来じゃ、昭仁の顔ちゃんと見たの」って言ってたけど、私この文句今まで何度も聞いてる(笑)
老けたって言われて「高校以来じゃったらそりゃ老けるよ」って笑顔で返す昭仁さん。なんか、そんな時の流れもイイなぁって思った。老けるって言葉はマイナスイメージだけど、年の積み重ねずっと見てきてるんだもんね、互いに。まあ、そんなマジメなMCじゃなかったけども。

二日目、野球好きだからスタジアムが純粋に嬉しいって言う昭仁さん。昨日のライブの後、選手も使ってるであろうシャワー使えて嬉しかった!って、もう少年のようだったよ。よかったねえ(笑)
だけど両日ともMCらしいMCってなかったような。あっ、でも素敵な発表が~★
リハとかしながらも曲作ってて、年内にはニューアルバムが出そうですって!前回が去年の3月くらいだっけ。うううったのしみだ!
その前にシングルも出るって事で、いきなり新曲です。

■WINDING ROAD
ツヅリがよく分かんないけど;ワインディング・ロードって曲紹介。
思いっきり失恋ソングでしたよー。
結構好きな感じだったけど、シングルとしてはアクが薄いかな?って気もした。ドラマのタイアップとかだったらどうしよう(どうもしない)
でも私は好きだ。実はこれリハで聴こえちゃったんだけど(爆)その段階からもう好きだ!って思ってた。
僕らがそれぞれ恋に落ちたとしても忘れられない、みたいな、すごい昭仁さんぽい歌詞だったけど、どうなんだろう。発売楽しみだね!
ああっ書き忘れるとこだった!
これね、昭仁さんがハーモニカ持って吹いてるんですよ。初日は何故か人差し指ピンと立ちすぎだったり、明らかにプィ~ってヘンな音鳴ってたり、タドタドしすぎたりしたんだけど(笑)二日目は格段とウマくなってたからビックリしましたよ。一日でこんなに上達するなんて~。

■うたかた
なんか夏の山みたいな映像がスクリーンに映されて、川のせせらぎとか虫の声とかのSEも。そしてこの曲のイントロ。うわぁって思った。この時はもう暗くて(照明も最小限になってた)湿気の多い夏の夜の空気にすごいハマってたです。
だけどこれ、初日と映像違ったような。気のせいかな…
NAOTOさんは二胡じゃなくて、バイオリンで演奏してたですよ。
この歌はほんと、昭仁さんの低音の良さが出てる気がして好きー。

■夕陽と星空と僕
うううっもうこの選曲ったらー(涙)
スクリーンには真っ赤な夕陽と、五車線(か分かんないけど)道路。歌詞に沿って変わるんだけど、きれいだった。
ただ初日は昭仁さんのファルセットがカナリ厳しくて、もはやガラガラの域;絶対リハ頑張りすぎたんだよ~;;
だけど二日目はキレイに出てたです。どちらにせよ私は泣きそうだったけどね!あのイントロだけでも泣ける;;

■何度も
だからもう、ほんとこの選曲って…!(泣)
晴一さんが「あっハモリ忘れるとこじゃった!」みたいな顔してたのも忘れるほどよかったですw
私、全然がんばってないのに、毎回この歌の「もう無理しなくていいよ」で泣きそうになるんだよね~
全然無理してないのに申し訳ない…。
だけど二日目はイントロの段階ですっごい面白い歓声が上がって、ぐれさんとふたり思わず吹きだす;
「ヒアーァ…」みたいなの(笑)

あと明らかにヘンなタイミングで「愛してるー!」とかも素で引いた。そのタイミングなら確かに誰ともカブらなかろうけど、そこまでして伝えたいことばがソレかー;;
タイミング悪いときだったら、誇りをもってステージに立ってる人に失礼だと思うよ。絶対そういうの晴一さんイヤがりそうだ;

このクールダウンゾーン(笑)は、最後に風鈴が映って終わるんだけど、両日ともどっちかと言えば肌寒かった。
だけどまあ、炎天下や土砂降りよりは断然よかったよ。過ごしやすいv

■愛なき…
おおおー!?まさかこれやるなんてっ!!今回一番意外だったのはもしかするとコレかもしれぬ。リハでネタバレもしてなかったから、素直に驚いた(笑)
しかも私これ案外好きだからむしろ嬉しかったよー。まさか聴けるとは思ってなかったし、ほんとミラクル選曲v
ライブで聴いてますます好きになったです。
ライティングは昭仁さんだけスポットで赤だったんだけど、スクリーンはセピア色。最後のフェイクもかこよい。

■ラック
ぎゃー!!まさに初日、お友達と歓声上げてしまったコレ!
ライブ前にすいさんと「何聴きたい?」って話してて、私この曲上げてたんだよ~。ナマで聴いたことなかったし、大好きだし。
んもーバリバリロックってカンジで森男さんもイキイキw
歌詞またちょろっと間違えてたっぽかったけど、そんなのイイ!!ってくらいテンションおかしくなってたっ。もうこれマインドコントロールに近い(笑)
最初と最後に炎が上がるのもますますテンション上がるです。初日は結構離れてたのに熱風まで感じた。
ギターの重いフレーズといい、ほんとかっこいい曲!!
今度野外があるときは『渦』も聴きたいな~。あの鬼気迫るかんじ(笑)

■空想科学少年
まだまだ盛り上がっていくぞ!みたいな前置きのあとのコレ。
わー!でもこれも意外だったかもっ!イヒョウをつかれた、というか。これもやっぱり大好きなので嬉しかった~vv
ヘンにヒネってなくて、当時と変わらない声で歌ってくれて、かわいくってテンションも上がったよ。
なんか、セットのアーチ部分と両サイドに映像が出てた。くだものとか…覚えてないけど(汗)

■POISON
「君らに、愛という名の毒薬を」
昭仁さんのこういう決められてる台詞、ものすごい生真面目に言うからちょっと面白い(笑)
性格でてるな~w
これも実はライブで初聴きだったんだけど、みんなが「すごい可愛い」って言ってたの分かったよ。キー高いっ!
原曲はカッコイイのに、すごいポップな仕上がりに。毒薬っていうかキャンディみたいなイメージに(笑)
私はまんまと見逃したけども、これの晴一さんはものっそい布袋さんちっくなギタリストっぷりだったらしい。
私なにを見てたんだろう;;

■Century Lovers
キター!!(笑)
フゥフゥの煽り、二日目の方が細かいブロックわけだったです。だけどダメ出しも少なくて、やさしめw
スタンドの声はホントでかかった。そして楽しすぎた。腕モゲるかと思うほど振ったよー!!もう、ぐれさんとふたり「今日は恥ずかしがらず全部やってやろう!」って決めてたのでほんと、なんでもかんでもやってみた。楽しかった。二度言うけども(笑)
3万人の前で意気揚々と股間パフォですよ、昭仁さん。ごめんなさい、おとうさんおかあさん。そしてこどもたち(笑)
そんな昭仁さん、花道走り回りながら「パンツ下がる!」ってゆってたよ~。
あと二日目は晴一さんがカンセイ席の女子に混じってフウフウv
なにしてるのっ(笑)

■NaNaNaサマーガール
もー去年新譜で出た時は「なんともいえない…」って感じだったコレですが(言うなよ。笑)野外で、ちゃんと夏に聴いたらもうすっごい楽しくてっ!昭仁さんが「君もサマーガール!」みたいにあちこち指差してたよ。時々「サマーボーイ」もね。
そしてもうこのあたりからテンションずっと上へ上へ;;曲順違うけど(笑)このへんのブロックの曲はほんと、どう聴いてもテンション上がるー。ここではカンセイ席のサポーターさんたちが黄色と赤のボードを持ってなんか絵を作ってたっぽいのですが、見てなかった(ごめんなさい…)

■ミュージック・アワー
イントロで花火が上がって、花火嫌いのアヤさんすらテンションMAXですよ!(笑)
まさかあれであんなにテンション振り切れるなんて~!まさに子供みたいにはしゃいでしまったです。
多分あの瞬間が一番ハネ上がってたと思う、私(笑)
もちろん跳んだし、ヘンな踊りもがんばったっ。チアリーダーみたいな女子がワンサカ出てきてボンボンもって踊ってたのはこのへんだったかー。男子のサポーターが青い旗掲げて出てきたり、このへんやたら人口密度が高い。
なんともいえずムズムズする演出だったけど、何にしろ私は飛ぶのに必死。ポルノさんがどうしてたかすら知りません(笑)
あーでもこのへんで晴一さんがチアガールに混じって踊ってた。あのこ、あほだ(笑)

■プッシュプレイ
アーチ部分に歌詞が出るせいで、昭仁さんが間違えると丸分かり(笑)
でも、もうまさにここで演奏されるべき曲ってことで、昭仁さんも「スタジアムは」を「横浜スタジアムは」って、文字ぎゅうぎゅう詰めて歌ってた(笑)
多分森男と晴一、森男と昭仁、それぞれが向かい合わせで弾いてるとこ見れた気がする。かっこいい~w
そしてまた酷使される私の右腕…
この曲だったかアヤシイけど、両日ともツボだったのは、カメラにめっさ近づいて腰を落としてギター弾く晴一さんっ
ギターキッズってカンジで可愛い(笑)

■ハネウマライダー
「最後の曲です!」ってことで、これ。また歌詞が出てたんだけど、もうもう、この曲聴くたびどんどん好きになるっ。初日は何か分かんないけどすごい泣きそうになって(ええ~;)かなり堪えたです。明らかに場違いなテンションだ;;
「明日の忘れ物は今日にある」とか、そういう歌詞がたまらなく好きだー。「生まれ変わっていかなければねぇ」とか、あー晴一さんだなぁって。テンションすごい上がるのに胸が詰まる(笑)
だけど二日目はグランドだったから、これでもか!ってほどハネてきたです。どこに着地するか分からないくらいに。
ライダーさんたちも登場して、またにぎやかにごった返すステージ上。

ほんと楽しい~。私の前の女の子が警備員に目をつけられるほど通路に出てたし、一列前に行ってたけども、あまりにキラキラした笑顔だったので「まあいいか~」って気になった。最初はちょっと「ええー?」って気がしてたけどさっ(だってそのせいで警備員コッチにらんでくるし;)

(アンコール)

ポルノさんたちは花道を歩き、先端まで行ったら降りた!
キャーっていう黄色い歓声(笑)
ふたりはスタッフに守られつつやぐらの裏側へ。歩いてる2人がめっさ近くで見えたー!上るところとかもっ。
ただ上ってしまってからは殆ど見えず;;スクリーンが頼り。
衣装がえですが(笑)昭仁さんは白地にホイールの絵のシャツ、晴一さんは赤いシャツで、これは二日間とも同じでした。

■愛が呼ぶほうへ
初日は手拍子が起こって残念って思ってたんだけど、二日目は先に昭仁さんが、気持ちよく勝手にやりたいから手拍子はナシでって言ってくれたです。よかった~。
やぐらの上で、イスに座ってギターを爪弾く晴一さん。その演奏だけで歌う昭仁さん。
あちこち歩いて下を見てくれるから、時々顔が見えた。
この時ぱらぱら小雨が降ってて、なんていうか切なさ倍増;;
そして普段あまり聴けない晴一さんのハモリも、これとか何かの曲でしっかり聴こえて、それもすごい嬉しかったー。
2番からは昭仁さんも座って、キーボードで伴奏つけてたです。晴一さんと向かい合わせなのがまた不思議な感じだった。
昭仁さんが最後のキーを僅かにハズしたり、晴一さんがコード飛ばしたっぽかったりしたけども、そんな些細な事どうでもいいじゃんってくらい感動した。ふたりだけでこの歌っていうのがもう、それだけで胸いっぱいっていうか(笑)
初日は「愛が呼ぶほうへ~」って歌ったあとのブランクが長くって、何度も「んっ?ここで終わりか!?」って迷った;;余韻が分からず…!

このやぐらに乗ったとき「最前の人たちからは遠くなったけど、後ろ(スタンド)は近くなったじゃろ」って言う昭仁さんに、初日後ろにいた、わりとカンに触ること言ってた若い子たちが「いいひとだなあ」ってしみじみ呟いたのが嬉しかった。優しさみたいなのはそうやって伝わっていくんだろうねー。
だけどやっぱり苦言もある。


でもグランド席のときは、やぐらに向かう二人を見たいあまりに私たちの席までドっと人が押し寄せてきて、明らかに赤の他人の女の子が私のむき出しのニノウデに自分の腕をぴったりくっつけてきて気持ち悪かったです。汗かいてたし、おとなげないとは思ったけど思わず肘で押し返してしまった。「怖い」って言われたかもしれなかったけど、怖かったのはコッチだから;
あいつ絶対自分のこと名前で呼ぶタイプだよ!←ほんとにおとなげない
ほんと、柵がシナるくらい押し寄せてきたですよ。しかも二度もー。楽しいからって、すっごい好きだからって、お祭り騒ぎだからって、何してもいいわけじゃないから;;気持ちは分かるけど、ライブ中に警備員さんの「自分の席に戻ってください!」なんて声聴くのも興ざめです。
もうほんと、ハウス!って言いたくなった(わんこ扱い)
ワンマンならまだよいけど(よくないけど)サンマリとかのイベント系でヘンなことして欲しくないって思ってしまったです。ポルノのファンはマナー悪いってどっかに書いてあったのも見たし、頼むよ;;


そんなトゲトゲした心を癒してくれたのは、晴一さんのギターが奏でる、よく知ってて、大好きなフレーズですよ。

■ロマンチスト・エゴイスト
もう、これだけは本当に、ライブで聴けることはないんだろうって諦めてた。これもまたリハで聴こえちゃってたんですけども(笑)
ここでバンドメンバーの紹介が入って、昭仁さんのギターの準備が整ってから、だんだん音数増えていってあのイントロに。
もうほんと泣くかと思った;;
初日はだいぶ半泣きだったけど、そんな私を現実に引き戻す極悪ベース(爆)
ももも、森男たんー!!;;
私、ホント彼のこと好きですけどもこの時ばかりはマッマジか!!と(笑)音、デカすぎるんだよ~!かなりショッキングだったけども、二日目はきっちり改善されてました。よかった;
セットのアーチがちゃんと「コバルトブルー」になってたのが印象的。
何でこれこんなに癒されるんだろう。「何度も」と同じ気持ちになるですよ。「僕の前じゃ無理して笑わなくていい」あたりが多分ダメだ。泣くー。勿論無理して笑うことなどそんなにナイのにっ。自分かってに生きてるのに(笑)

私たぶん、ハマったばっかりのときこの曲が一番好きな時期があって、当時、夢でこれ演奏してるのとか見たこともあったんだけど、その夢で昭仁さんギター弾いてて、まっ、正夢!!みたいな(笑)
もう、これが一番嬉しかったかも、私ー!

そして最後は恒例の「どうしたいっ?」ですよ。
その前にすいっちの時も言ってた、昭仁さんの「胸張っていけ」があったっけ。こんなにテンション上げて盛り上がれる自分に自信を持て、みたいなことなんだけど、何度聞いても釈然とはしないのに(笑)昭仁さんがそう言うとなんか、ヘンに説得力がある。多分、自分に向けて言い聞かせてる部分もあるからなんだろうな。
わしもそうじゃけー君らもそうしんさい!的な(笑)
解釈は違うだろうけど、私、久々にものすっごいハイテンションで跳んだりハネたりして、息が切れても腕振り上げて、感極まって泣きそうになったりして、あー私の心ってまだこんなに動くんだ!って当たり前のことをうれしく思えた。
日々を浪費するみたいに生きてるような私でも、決して無感動でも無感情でもない。楽しいことの前に立って、まだまだワクワクできるし、そのためにまた頑張れるはずだった。
んで、最後の最後もやっぱり跳びたいよーポルノさん!

■ジレンマ
やっぱりこれで終わりたいっ!!
もうステージの上は例のごとくなんちゃんが足でテルミン鳴らしたり、NAOTOさんがブリッジしてたり、昭仁さんが歌間違えてたり(笑)晴一さんが行方不明だったり(私が見失っただけ)森男は最高にイキイキして歪んでて、ただすけもキーボードかかえてニコニコしてて、なんか人がいっぱい居て、私たちはもうアホかってくらい暴れた。通路にもきっとハミ出た。
終わっちゃうって寂しさすらもこの時は忘れてたー。
シメ付近では晴一さんが思いのほか遠くに居たみたいで、昭仁さんが「晴一、戻って来いっ!」(笑)

最後は花道まで挨拶に出てきてくれるんだけど、二日目はサポメンさんも一緒だったですよ。
同じく二日目は、昭仁さんが他のメンバーも紹介してたです。ハネウマライダンサーズ…とかめっちゃ無理くりなネーミング(笑)
ただ紹介するとき「ステージ上の9人以外にも…9人っ?!」って自分でビックリして「7人」って言い直してた(笑)
私もビックリしたよ!
3人のライダーズもいらさってて、ものっそいスタイル良かったです。カッコいい~。タネウマライダーかっこいい(笑)
でもステージ去るときちゃんとお辞儀してて、可愛いひとだった。

最後2人だけになった時、左右の花道に交互に行くんだけど、初日はすれ違うときハイタッチしてて可愛かったv
二日目は最後握手してたのかな?
ナマゴエ挨拶は、昭仁さんは両日とも「また会いましょう」系(系って)
晴一さんは初日「ありがとうございました」だっけ?
二日目は「夏を楽しみましょう」みたいなこと言ってたと思うけど曖昧だ。すまぬー。私も燃え尽きてたんで(笑)

もうほんと楽しい、幸せな二日間でした!
久々のワンマンだったし、ポルノ初の野外だったし、セットリストはめちゃくちゃ豪華だし(まだなんか抜けてるかもしれませぬが)終わったあともぐれさんとふたりずっとハシャいでた(笑)
早くまたツアー始まらないかなっ。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1559-3a316c40
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。