FC2ブログ
 
凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポルノ】7thライブサーキット SWITCH 日本武道館

さてさて私の初・武道館すいっちがこの公演でしたよ。5デイズの2日目ですね。
この日の記憶は例のごとくありません(※これ書いてるのは2006年3月末です。爆)
だけど覚書はちゃんとあるので、なんとかなるよ!笑
この日の相方はぐれさん。カノジョのミラクルチケ運のおかげで、席はものすごいよかったです。アリーナAの、しかもほぼセンターブロック。さらに前から何列目だったかな…ものすごい近かったです。7列とかだっけ…
そんなレポ、いってみよっw
「稲妻…」が流れる中、武道館公演からは立派なスクリーンがついてたのですが、そこには刑事に扮したサポメンさん+ポルノさんたちの映像が!
映像っていうか画像?
とにかくそれが超カコよくてー!後から知ったのですが、晴一が撮ってたんだね。心得ていらさる。笑
そして後ろにいた人たちはもはやウレション寸前。ド黄色の歓声、っていうか悲鳴w
「かっこいい!かっこいい~!!」って、未だに自分がいるジャンルが分からなくなる(笑)。ジャニーズ…?
でも実際カコいいのだよー。その写真っ。個人的にツボだったのがただすけと森男(いやっポルノのふたりもよかったんだよ…)

昭仁さんは黒いレザージャケットで、晴一さんは黒コートにワッペンがすこしついてるやつ、中は黒いシャツにきらきら光るなんか(って書いてあるんだけど翻訳できない…笑)
昭仁さんは横の髪がはねてたようですよ。
そして森男はひげ上下…上下!?自分の覚書ながら意味が分からないのですが、多分アゴひげと鼻の下ヒゲ(なんて名前なの、あのヒゲー)がはえてたのだと思います。そんなヒゲ部の彼、出てきた時ピースしてた(笑)
かわいい。
ポルノの2人はサポさんたちがしたくしてる間、体全体でうずうずしてるのが分かったです。
サポメンさんはみんないつもより髪に気合入ってたですよ。NAOTOさんのアタマとか森男のように立っていらさったのですが、それがまたカッコよかったー★
そんな武道館での一曲目ですが…

Let's go to the answer
んおおおー意外すぎる!
いきなりライブ終盤みたいな妙な気分になり、あっけにとられてるうちに終わる。爆

Heart Beat
これまた意外だったけど、あまりに意外すぎて(まだまだビギナーね)帰るときまで曲タイが分からなかったほど(笑)
そしてまさに「ウェルカム」って感じだったw
良いお声だった~。武道館はほんと、全般的にずっとよいお声でございましたよ。

ビタースイート
ええっ!ええー!!(笑)
照明はなんか紫色っぽくて混沌としてて、もう強烈にかっこよかったのですがー!
でも昭仁さん超微妙に歌詞を間違う(笑)
「どうでもいい」「どうしようもない」のあたり、どうしようもない、を明らかに数多くゆっていらした。
もはや「どうしよう」の域(迷子)
それにしてもキー高いのにこれもまたよく出てたー。

ここか分からぬけど軽いMC。
昭「わしらがポルノグラフィティ、そしてここがロックの最高峰、武道館です」
みたいな紹介が入って、スクリーンには武道館外観の映像。
この演出かっこいい。
そしていい具合に次の曲のイントロがかぶるのです。

東京ランドスケープ
何度聴いても泣きそうだよー。でも毎回替え歌になってるとこで素に戻る(笑)
今回はまたうまくはめてきたよ~これ。
「ここは東京、武道館。最高ランドスケープ♪」
どんだけテンション上がってるの。最高って(笑)
この曲の時の映像がなんか漂白したみたいなきれいな色あせ感でよいのです。東京タワーとか映ってたかなあ。

DON'T CALL ME CRAZY
イントロのところから頭を抱えてて、もう曲にすっかり入ってる昭仁さん。
何かが降りてきてるようだよ。
なんかすごい意味深な映像がついてたんだけど、覚えてない;;
ちょっと怖いくらいのだった気がするけど(精神世界みたいな)なんか好きだった。

Free and Freedom
これもまた映像がっ。車と馬が走ってるようなのだったかな…?西部劇っぽさは相変わらずだったけども、あの銃声が無かったのが寂しかったです(笑)
なんか「森男超にこにこ」「昭仁にやにや」ってメモが残ってるんだけど、なんかやだなにやにやって。多分2人が向き合って弾いてたとこのことなんだろうねー。そしてここまでで晴一さんのこと何も書いてないんだけど、メモに残ってないので記憶が無い今なんと書きようもなく…ごめんなさい;;

アゲハ蝶
なんか前の人の振り付けが面白かったことしか覚えてないのですがー。
なんかものすごい個性を発揮していらさいました。2人組なんだけど、2人のフリは同じなの。でもみんなとは違うの。
私の友達だったら「なんかやだからそれやめてよ」って言う程度の(笑)
でも知らない人だったのでニヤニヤと傍観しました←なんかやなやつ

ここでMC。昭仁さんは「ライブってなんだろうと考えた」んだって。
一言で言えないがあえて言うなら…って言いかけてなんか噛んだ。肝心なとこだったのに。いや、肝心なとこで噛むような緊張しぃの昭仁さんが好きですよ。笑
ここだったか忘れたけどお客さんに「頑張れ」って言われてたですよ、噛んで。
昭「頑張ってないから噛むわけじゃないんよ!噛むのは普通。頑張るから噛むんじゃ」
あら噛むのは普通って言い切ってしまったよ、あのお兄さんw
んでやっぱり肝心なとこだったみたいで晴一笑ってたです。「お前ー」って感じにw
で、昭仁さん気を取り直して(笑)
「一言で表すならこういうことだと思う」
その言葉にあわせて、スクリーンには文字が。またこれ忘れたけど(ひー)それは自分の中にある、みたいな…

何度も
よい演出ですな~ほんとに…本当に集大成て感じで。1年の締めくくりって感じで。
でもお声は何やら裏返りそうでびびったですよ。どっどうしたのだー

Twilight,トワイライト
声嗄れそうだなあと思ったのに、この曲ではものすごい声出てたです。
マイクの音も割れたりしなくて、ホールとは違うなって気もした。いや、ホールのほうが音がいいってとこもあると思うけど、でもねー彼等の本当のステージはホールじゃないかもって思った。大きいとこで伸び伸びやらせてあげたい(母心)ドームとか○万人野外ライブとかはイラナイのですが;;(今度はでかすぎて音がまたアヤシイので;)
そして「ギター変わってた」って書いてあるんだけど(自分メモに)多分晴一さんのソロ部分が変わってたんだろうねー。多分…
映像もちゃんと活用してて、最初にニュース映像が。ステージの左右にTVの画面がいくつも映りこんでた。
そして最後は昭仁さん後ろ向いて、何か一文足されるのかな?と思ってたらイントロが…
ああっこの演出はヒドイよ~!涙

愛が呼ぶほうへ
もうだめだ、イントロ聴こえた瞬間から涙がじわっと;;
トワイライト~でいいかんじに緊張してたっていうか、切実な気持ちになってたので、こう、やさしくクルとね~…ほんと、すごかったー。いつ聴いても癒されるよ。

ROLL
スクリーンに「めぐりめぐって」みたいな文字が出てるんだけど、あーROLLかって分かってたのに、文字の続き待ってたらあのイントロ。
やたらとドッキリしたですよ。不意打ちかっ!
ほんと、演出が面白いのですいちいち。面白いっていうか、よくできてる。

ジョバイロ
この曲前のアオリがなんかおかしいのですが。笑
「まだまだ熱くなれますか!」って。しかもホットホット言ってたのだ。藤井隆思い出したけど、昭仁さんはいたってマジメ(そりゃそうだよ)
そしてあたかも「ドリーマー」みたいなアオリだったのですが、ジョバイロ。しかも炎上がっちゃうー。さすが武道館!なんちゃん燃えちゃわない?って地味にはらはらもしていたよ。
燃えなかった(当たり前だ)
そしてやはりライブの歌い方がよいです、好きです。

そしてチラリとプッシュプレイの一部が流れて、またフェイントですよねーもう騙されないぜ!とか余裕で構えてたら本当にそうだった。裏の裏はオモテってことなのね。

プッシュプレイ
ああっ晴一きたっ!初?…って書いてあるので多分そうなのだろう。この曲のときまで晴一さんいらさらなかった模様ー。
そして昭仁さんったら思いっきりよいお声で「あぁのロッカー届くかーもーしーれなーーい」って。
この部分、今まで間違えても何となく意味通じてたけども、今回だけは何が何やらサッパリ(笑)
多分「間違えたらいけん!」ってものすごい思ってるんだろうな、ここ…。(愛)

ネオメロドラマティック
ネオメロといえば白煙(?)
んでNAOTOさん全く見えず、晴一さんもアタマだけしか見えないー;;
出すぎ、出すぎ。いぶしすぎ!
なんか色々オモシロアクシデントもあったのでしょうけれども覚えてない…

ここで恒例のフウフウタイム。2階・1階・アリーナと散々アオられて(昭仁さん神がかり的にキビキビ)武道館ではセンラバでくるだろうなって思ってて、予想も当たってたのですが、爆発音でアタマが真っ白に!びっくりしたー!!
ちなみに私たちアリーナはダメだしされまくり。
客「えー!」
昭「えーじゃない!えーって言われてもそう聞こえるけえ仕方ない。わしが全ての基本じゃ!
殿様じゃないっすか(笑)
つかハマってから初センラバだっ。初ラバ(?)は2004年の12月なので、一年ぶりってことですな。

Century Lovers
…はしゃいだ。笑

メリッサ
あ、ここでネオメロだったかも。そんで次がメリッサってつながりだったー。まあいいや。
でもこれ曲タイ以外何もコメント書いてないよ、アヤさーん!;

We Love Us
これの出だしにドラムが入ってたんですけど、多分今まではなかった…かな?そのドラムの後に何故か晴一さんがポンプさんに拍手してたです。なんだったんだろうw
会場がほんわかしたいい空気になったところで、本編は終わり。
楽しい時間はすぐに過ぎるのだ。

(アンコール)

ミュージック・アワー
イントロ入る前に昭仁さんが「真冬で外はくそ寒いのに、真夏の曲をやります」みたいな前フリをしたので、あっもしやナナナ?と思ったらMアワでした(笑)
「二人が端と端にいて寂しい」ってメモ書いてるけど、なんか分からぬ;ポルノの2人が端と端にそれぞれいて、真ん中に誰もいなかったってことなのかもしれない…って今思った。多分そうだー。

ここか忘れたけどもバンド紹介。
昭「幸先悪いことに最初に紹介するひとが改名したばかりで…」
幸先悪いのかどうかもよく分からないですが、そんな訳でただすけさん→ただにゃ~にゃ♪から。
そんなただすけさん口をこうヒヨっとしてヒヨコ顔w
昭「寒いからやめとけって言うたのにー」
でもお客さんはカワイイカワイイってモダえてましたよ。
そして次は森男。ただすけに合わせて「にゃーにゃ」をやってくれるのですが、ごめんほんとかわいい。←えこひいき
昭仁さんは「森尾由美と森男が結婚したら森尾森男とか楽屋で話してた…」ってしょうもないネタを暴露して森男にピック投げられてた(笑)
んで次はポンプさんですが、昭仁さんの「知ってる人は先に呼んで」の声にみんな、
「ポンプ殿~」
スクリーンいっぱいに映し出されるポンプさんの変顔(笑)
言葉で表せないな…なんか泣いちゃいそうな顔なのですがー。
晴一もスクリーン見て大爆笑。昭仁も振り向いて吹き出す。
昭「なにっ?その顔ー!」
それに気を良くしたポンプさん、何度もオモシロ顔を作るも、
昭「やりすぎるとつまらんくなるね」←ひどい!笑
なんちゃんはスクリーンに映し出された時「あ、初めて今日なんちゃん見たよ」って思ったですよ。それくらい見えなかったらしいー;;
「あと2人ですね。ギターのー」っていう昭仁のフリにお客さんは晴一コール…なのですが、晴一さん答えず。
昭「晴一はその程度の声じゃ答えられないって言うてる…」
晴「……(堪えきれずにやっ)」
そんな訳でお客さんさらに声を張って「晴一~!!」
晴一さんご満悦。笑
晴「沢山のありがとうを言い尽くせないから大きな声で一回言います。ありがとう!
粋だなぁ相変わらずー★
ご満悦すぎて進行を忘れる(フリ)晴一さん。
昭「あと2人って言うたじゃろー!」
例のごとく「田中くんじゃっけ」とかボケる晴一さんですが、やっと名前呼んでもらえた昭仁さん「はいっ、そういうわけで…」みたいな、なんかものすごいアッサリしてた(笑)
「この後どうしたい?」の流れで、ポルノのアンコールといえばこれだ~。

ジレンマ
そんなジレンマですが、昭仁さんまたもや歌詞飛んで絶句。面白い(笑)
1番と2番同じとこで引っかかってらしたよ。
スクリーンには黒地に、白い丸に囲まれた「歌」「音」「聴」などの文字がポンポンと。かっこいいな~。和風っていうかアジアンっていうかヤンキーちっくというか、ロックというか(笑)凡字を思い出した、なんとなく。
ただすけさんとNAOTOさん向き合ってなんかしてたですよ。NAOTOさんのブリッジも見たっ。
例のごとくステージ上はメタメタになり、私の覚書はうっかりここまでしか書いてなかったのですが(爆)もう1曲あったんだったよー武道館。

Hard Day's Holy Night
この歌ほんとに別に好きでもないのですが、掛け合いのとことか、なんか楽しかったです(笑)
ただ照明がものすっごい明るくて、いっそ暑くて(客電もついてるし)こんな終盤になってから汗ダクダクにっ;


かなり時間が経ってから書いたレポですが、やっぱり楽しかったな~…
この調子で最終日レポも頑張ります。笑
つか、このレポMCのこと何も書いてないですな;;
メモってなかったんだけど、今までの旅のこと色々思い返してたんだと思う。茨城の人のテンションはすごかったとか、県民性とライブのノリをうまいこと語ってたような。最終日にも同じような話してて、そっちはちゃんとメモ取ってたので、最終日レポで書き起こし頑張るー。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1556-75bacadc
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。