凍結。過去のレポ置場。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナルニア国物語・第1章:ライオンと魔女」

基本的に洋画あんまり観ないうえに、ファンタジーも好きじゃないわたし。
今日母が録画してたこの映画を観たのはホントに暇つぶしに他ならなかったのですが、案外面白かったー。
でもつっこみどころも満載で、何度も「エー!」ってなった(笑)



まず最初に二男の、子供ながらにもあまりの矮小さに引く(笑)
子供の無邪気さで残酷っていうならまだしも、ある程度悪知恵がついてるぶん相当タチ悪いキャラだったのに、白い魔女につかまってちょっと痛い目にあって改心し、同じく白い魔女に刺されて展開的に罪滅ぼしさせられるみたいなカンジにウケたです。
いっそのことラピュタのムスカみたく育ってほしかったw
ライオン(なまえわすれた)が一人で白い魔女のところに乗り込んで毛を刈られるなんていう辱めを受けた挙句殺されちゃうところをじっと見てる妹ズにもイラっとした。
ネコ科の生き物がつらい目にあってるだけでも泣きそうだったのにー;;
そりゃ戦えっつうほうがムリだろうけど、ファンタジーなんだから思い切ってくれてもいいのに。
おにいちゃんのヘッピリ腰具合もケツ蹴飛ばしたくなった(´∀`)
ファンタジーなら夢をあたえてくれ(笑)
スキだらけだったんだから、信じれば当たる矢とやらでなぜ魔女をソッコーうたないのかジリジリしたイヤな大人です。
最後も、相当オトナになるまで馬に乗って遊び呆けるなと突っ込んでしまいました(笑)
親のこと心配じゃねーのかとw
戻ったら子供に戻ってる設定も何ともいえずショボかった、っていうか母に予言されてまんまと当たっててガッカリした。

同じファンタジーなら「ライラ~」のほうが胸がすくかもしれませんな。DVDになったら観よう。もうなってるのかな?;

でもビーバー夫婦がかわいかったり、とにかく喋る動物モエはかなりキましたww
奥さんビーバーほんのりチチが出てたり女っぽい体型でウケた。
吹き替えで見てたんだけど、最初の方に出てきてちょっとだけ役立ってすぐヤラれちゃったキツネみたいなやつの声が無駄にオトコマエだったのも気になりました。
末っ子の女の子も可愛かったし、散々なこと書いてるけど、実際はなんだかんだで結構本気で見入ってました(てへ)
続編も観たい。DVDになったら(映画館まで行く熱意ナシ)
イケメンが一人でいいから出ていてくれたらもうちょっと楽しかったかも知れぬ(笑)
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://otolack.blog49.fc2.com/tb.php/1543-9e05abf0
 
 
Category
 
 
 
 
Comment
 
 
 
 
Link
 
 
 
 
RSS
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。